第三の足

こんなのが欲しかった






画像






安物ではあるが一応前後サス付き6段変速
その筋では「買ってはいけないタイプの‥」らしいが、
今の私にはこれで充分





車載可能な折り畳み自転車は登山口と登山口を結ぶ為に便利
車載する事しか考えてないから軽さは二の次でよい
当然デポするので高価なものは必要ない
悪路を走ることもほとんどない





そのうちにもっといいものが欲しくなるに違いないが、
この世界に足を踏み入れたらお金がいくらあっても足りない





あの山もこの山も、これでルートバリエーションが増える
必然的にピストン山行になってしまうような山も周回ルートで歩ける
動力を持たないから環境にもいいし費用もかからない





久しぶりに乗ってみたら軽快な乗り心地に驚いた
全身に風を受けて走る爽快感は他の道具では味わえない
今更ながらに自転車の魅力を再認識した







秋の山行が楽しみだ













この記事へのコメント

マー坊
2009年07月24日 20:21
このところ関東甲信地方の梅雨明けが疑問視されていますが、天気が思わしくない時は、じっくり道具の新調&メンテナンスですね(あ、登山計画もです)。
ホームセンターでも折りたたみ自転車が安く売られているので、この頃興味を持って見ていました。一昔前は、折りたたみ自転車は年賀状の景品にもなっていた記憶があります。
今私が思いつく具体的な山は、登山口と下山口の異なる戸隠山、鳥甲山、笹ヶ峰より奥の林道(もしかして悪路かも?焼山・金山・天狗原山・雨飾山の周回コース)で効果を発揮しそうですね♪想像しているだけで、楽しさが広がってきます♪♪
2009年07月24日 21:39
マー坊さま こんばんは。

このところ天気の悪い日が続きますねー。 今日も休日だったのですが山はオヤスミしました。 今週は鳥海山か月山、尾瀬(至仏山)、志賀高原(岩菅山)が候補だったのですが‥。 来週は晴れてほしいです。

積載性と走行性能と価格のバランスで選びました。 挙げられた山々はどれも想定していました(というよりほぼドンピシャです)。 林道笹ヶ峰線は未舗装ですがそんなに荒れた道ではないです(何度か車で通りました)。 問題は下山後の体力が持つかどうかで‥(笑。 若いころに比べると格段に体力が落ちているので、自転車だからと甘く考えるわけにはいきません。 実際に乗ってみると思いの外疲れる事に気付きました。 天気がイマイチなのでしばらくはこれが体力維持の為の道具になりそうです。 本当の梅雨明けが待ち遠しいですね。