山道具のお話-アイゼン&ワカン

山登りを始めた頃は‥



自分で雪山を歩くようになるとは思いもしませんでした
アイゼンやピッケルという言葉も知りませんでした



しかし冬になれば雪国新潟では近くの里山も立派な雪山です
気がついたら道具は揃っていました



画像
















これは秋の山に向かうとき保険のつもりで購入した軽アイゼンです
私がつい選んでしまう例のブランドの一番廉価なタイプです



これは冬の角田山でよく使いました
稲島コースから登る時は北側斜面なので
樹林帯の中の道は凍っていることが多く必需品です



ちなみに冬の角田山では地元の方々はほとんどが長靴です
冬の米山も長靴登山が多いです
スパッツにアイゼンなんて「よそ者」っぽい感じです
皆どうして長靴で滑らずに歩けるんだろう‥



私は足首が硬いので凍った斜面でついつま先だけになる事があり
このタイプの軽アイゼンを付けていても怖いです
おまけにゴムのベルトで留めるタイプなのですぐ位置がずれてしまいます



安心できるアイゼンが欲しい‥
某オークションでひたすらウォッチしてゲットしたのがこちらです



画像
















これは蝶ヶ岳まで使っていました


燕岳の時もザックの中へ入れていました
合戦沢ノ頭の先にちょっと怖い雪渓のトラバース区間があり、心配だったので装着したのですが‥



久しぶりのせいか重くて足が上がりません
しばらく歩いたら結局はずしてしまいました



その後軽いものへ買い替えを決意し今のものにしました



画像
















白馬大雪渓にて早速デビュー

改めて軽量化の重要さを認識しました
軽くてとても足運びがよいです
装着もかんたんで「10本爪の軽アイゼン」といっていいくらいです

(ちなみに先日の「氷壁」でも撮影に使われていたそうです)





偶然ですがワカンも同ブランドです

画像
















新潟の冬山はスノーシューやアイゼンよりワカンのほうが歩きやすい気がします
これも軽さが何よりありがたいです(価格も‥です)



立山では雪の状況がわからなかったので迷った末に持っていったのですが大正解でした
アイゼンで潜りまくる人達や急登に苦労するスノーシューの軍団を尻目に直登でガンガン行けました



雪が融けるのは嬉しいようなさびしいような‥
しばらくは出番がなさそうですね






この記事へのコメント

2006年06月23日 11:48
私は6本爪の軽アイゼンと、12本爪前歯付を使っています。
随分昔に買ったものでどちらも重いですが、もう頻繁には使わないでしょうから、これで我慢します。
新潟に来た頃は、長靴登山に抵抗がありましたが、使ってみると手軽で止められません。
しかし、雪の上ばかりの場合はいいですが、土の上でも履いている人を見ると止めて欲しいと思います。あの鋲で登山路を傷めますから。
2006年06月23日 22:07
コメントありがとうございます
初めて冬の角田山に登ったとき地元の人たちの装備が本の中の冬山装備とあまりに違うので最初はちょっと驚きました 長靴に軽アイゼンを装着されている方もいますね まだ私には抵抗がありますが‥ 今度機会があれば試してみます いいものがあればぜひご紹介ください
プカプカ①
2007年12月28日 23:31
あきさん、ご無沙汰しております。長いので二件に分けました(ごめんなさい)
しかも久し振りに訪れたかと思ったら過去記事にコメントで申し訳ありません

前々からあきさんの冬山レポにはいつも魅せられていて、先日ついに単独で雪たっぷりの黒斑山に挑戦してきました。
以前あきさんから頂いた軽アイゼンではなく別途購入した6本爪の軽アイゼンで登ったんですが、それ程傾斜のきつくない所でも、歩き方に工夫をしないとつま先がズズッと微妙に滑るのが結構負担で「やっぱり10本爪にした方がいいかなぁ」と考え直しました。
それに雪のちょっと深い部分になると、爪の数に関係なくズボズボつぼ足になってしまうのも困ったりして「やっぱりワカンにした方がいいかなぁ(・_・;)」と考え直したりもしました。
結局全部あればいいに越した事はないんですが、両方買い揃えるのは無理なのでどっちがいいのか…と悩んでネットで検索していたら、この記事がなんとtopになっていました(すごい)②へつづく
プカプカ②
2007年12月28日 23:35
(①の続き)スノーシューを使って雪山を楽しんでいる人の記事をよく見かけていたけど、あきさんの記事を拝見した感じではワカンの方がずっと良さそうですね~。ワカンに決めました!
あきさんがご使用の物はアイゼンもワカンもエキスパートオブジャパンですよね?
見た感じ爪は2本しかないんですね、なんとなく登ったり下ったりする時に滑りそうに見えてしまいますが実際はどうですか?
登り・下りの少しズズっとする感じはこれはあって仕方ない事と捉えて、浮力と軽量を重視した方がいいんでしょうか…悩む~
同社の「21th黒竜」という高価な製品にも興味持ってますが、「ワカンより滑る」という使用者の感想を見つけてしまいまして、一体ワカンのどこにそんな滑らない特性があるのか、ますます不思議になりました…

ワカン使用者であり、雪山経験豊富なあきさんのご意見頂戴できますでしょうか(^^ゞ
2007年12月29日 01:26
プカプカ様 こんばんは
コメントありがとうございます
過去記事へのコメントも大歓迎ですよ

スノーシューについては所持していないので何ともいえません‥ 最大のメリットは雪に対する浮力だと思いますが、今まで登った雪山で必要性を感じたことはあまりありません(経験も少ないですが) 私にとっては重くて嵩張るスノーシューは邪魔になるだろうと思われます わりと急坂の多い新潟の山では方向を変えるのも面倒ですね‥ こちらではスノーシューを見ることはあまりありません 長靴かワカンかスキーが新潟の基本ですから‥(笑

平日はトレースを期待できない場合もあるので、私にとってワカンは必需品とも言えます 逆にトレースがある場合はアイゼンの方がいいです 同じ山でも雪質は天候によって様々に変化するのが普通なので、両方を持って行ってその都度使い分けるのがベストだと思います

スノーシューは意外に高価なので、その予算があったら私ならもう少し頑張ってスキーを買うでしょう(笑 「何を目的にどの山へ」行くかがポイントですね

ご訪問頂きありがとうございました
hironao
2009年03月14日 23:13
初めまして。ひろなおと言います。
ワカンで検索していたら行き着きました。興味深く読ませていただいています。
比良山系で深雪のためあえなく廃退。
まさかこう言うのを買うことになろうとはと思いつつ、
実はいま同じワカンを買おうとしているのですが
MとLで迷っています。
足のサイズは24.5cm、靴は25.5cm、ちなみに体重65kg+荷物総重量10kgなので
75kgって所なのですが、きにせずLを買っておけば良いものなのでしょうか?
2009年03月15日 23:22
ひろなお様 はじめまして

スキーを始めてからは一度もワカンを履いてないんですよ たまには‥と思いつつもなかなか機会がなくて

ワカンのサイズによる浮力の違いは履き比べた事がないのでよくわかりませんが、私はとりまわしを優先してMサイズを選びました 大きなサイズのものは向きを変えたりするのに不便な気がします 浮力を求めるならスノーシューにした方がいいでしょう ワカンはそれ自体が軽量であまり邪魔にならないところがメリットだと思っています
ひろなお
2009年03月16日 16:17
あきさん、ありがとうございます。

お返事を読むほんの少し前に注文してしまいました。
最後まで悩んだのですが、L です。
何度も買うこともないだろうし、私(一番足が小さい)以外でも使えるようにと思いそうしました。(私の場合ならMでも十分だったと思います)

普段の生活では全く雪には縁がない地域に住んでおり
ワカン、スノーシュー共に見たこともありません。
ともかく到着しましたら一度使ってみますね。

ありがとうございました。
2009年03月19日 00:16
ひろなお様

雪の上を歩くのはちょっと疲れるけど楽しいです しばらく行ってないので私も行きたいです でも今年は春の訪れが早そうですね
ひろなお
2009年03月21日 16:51
あきさん、ありがとうございます。

ワカン、届いたのですが説明書が入っておらず四苦八苦しました。
とりあえず付けることはできたので一安心なのですが
今年は出番がなさそうです。
その上、これを機会におなじエキスパートオブジャパンのスノーラケットor
21th黒竜が欲しくなり(今年で終了らしく)
使いもしない道具がまた増えそうです。

ワカンだけは一度だけでも良いので何とか使いたいものです。
どうもありがとうございました。
2009年03月28日 23:33
ひろなお様

その年によって積雪量は違いますが、当地新潟でも暖冬化の傾向が顕著に見られます 近い将来、もしかしたらワカンやスキーなどが珍らしいものとなるかもしれません 四季折々の美しい風景が損なわれないようにと願っております

山を歩いていたら一年なんてあっという間です ワカンの季節は残念ながらもう過ぎてしまいましたが、来季の楽しみが増えたのではないでしょうか 新しい道具のデビューが待ち遠しいですね
ひろなお
2009年04月10日 12:25
遅くなりましたが、ありがとうございました。
先日、雪が残っているとのことで今季最後の雪山に出かけましたが
せっかく持っていったわかんも、使うことなく終わりました。
(考えていたスノーシューですが、まだまだ私には持って登るほどの体力は…)
来期に期待して雪山山行を終了しました。
2009年04月21日 20:36
ひろなお様 こんばんは

こちらも雪が少ないです つい先日も栂池高原まで行ったのですが、雪の少なさに愕然としました バックカントリースキーの季節ももうそろそろ終盤です ちょっとさびしい気もしますが新緑の山歩きもまた楽しいものです 来季は例年並みの積雪に恵まれるといいですね