山道具のお話-登山靴

山道具で一番重要なものといえば‥


今回はブーツのお話です



画像




現在使用している靴はSCARPA「ゼログラビティー10GTX」です
先日の蝶ヶ岳から使ってます
これも実はザックと同じように三代目となりました



山歩きを始める前はよく温泉巡りをしていたのですが、
片道徒歩約2時間という野湯はちょっと敷居が高かったです



去年の夏に思い立ってトレッキングの本を読み、靴、ザック、雨具の基本三点セットを購入しました
Tシャツにジーンズというかなり無謀なスタイルでしたが、念願の露天風呂に入ることができました



そのとき購入したブランドがオートキャンプ暦15年ほどの私には馴染みのコールマン
予算も限られていたのでゴアテックス採用ながら4桁お値段というシューズが第一号となりました
このシューズは先回のザックと同様に大活躍してくれました



冬の間は山歩きをお休みするつもりでしたが
雪国の長い冬に耐え切れず冬の道具を購入して近くの里山へ行くことを決意
しかしゴアテックス採用とはいえ布製の靴で雪山に登るのはやっぱり頼りないものです



もっといい靴がほしい



毎日某オークションを覗きまくり、ついにゲットしたのがミレーのケブラーモデルでした(ザックと同じ展開‥)
しかしこれが大失敗
履かずにサイズだけで購入したので確かにサイズはぴったりなのですがつま先の形状が微妙に合いません



登りではしっかり感もあってなかなかよかったのですが重い荷物での下りではつま先が痛い
靴下を替えたりして工夫したのですが解決に至りません
やっぱり実際に履いて選ばないとダメだということが判りました



北アルプスを歩くために買い替えを決意し、いつものアウトドアショップへ行きました
ブランドはあまり考えずにひたすら履き続けて予算も考慮して今のモデルに落ち着きました



ミッドソールが硬めでソールのグリップもなかなか良好です
デザインもまぁまぁですね
購入後にインソールは交換しました



経験も浅く体力もない私の足をいつも支えてくれる頼もしいパートナーです






この記事へのコメント

プカプカ
2006年11月02日 22:43
山道具のお話をいろいろ読ませてもらいました。
あきさんはオークションを活用されてるんですね~。
私もです。でもあきさんとちょっと違うのは、私の場合本当に「激安」な物を手に入れるためなんです。
いわゆるアジア系の安物ですね。品質は期待できないタイプの物ばかり。
ほんとにもう、山に出せる予算て車の維持費とか交通費でギリギリです(T_T)
今の装備なんていまいち登山者っぽくないし…だから早くいろいろ揃えたいんですけどね、登りたい山のレベルが上がる時にもう少し装備ランクを上げればいいかなと思ってます。今のままで不自由してるわけでもないですから。

あきさんも昔はGパンにTシャツで行った事があるんですね。私もハイキング程度の事はよくGパンでやってました。随分昔は乗鞍岳の山頂にスカートで登ったこともありました(^_^;)(標高差100m位ですよ、寒かったけどスカート…)
山道具のお話、いつかもうちょっとマシになったら私も記事にしてみたいな~。
今は恥ずかしくてとても公開できないような物ばかりです~
※北ヤツのトラバ送らせていただきました!

2006年11月03日 00:53
プカプカさま
コメントありがとうございます

登山って結構費用がかかるんですよね‥ 装備も最初は「このくらいでいいかなぁ」なんて甘く考えていたのですが、いろいろなところに行くようになると道具の重要性に気付きます 中でも身につけるもの(靴、下着、レインウェア)は多少無理してもいいものを選んだ方がいいようです いいものは安全で快適なだけでなく長持ちしますのでお得ですよ‥(どこかの店員さんのセリフみたいですね)
山を歩くと他の登山者の装備も気になるところです 山への考え方の違いが装備の違いに表れていて興味深いですね 
山の道具は高価なものが多いので、あれもこれもというわけには‥なかなか難しいところです 自分の山登りのスタイルが見えてくると、どこに投資すればいいのか判ってきますよ 少しずつ頑張りましょう
ご訪問ありがとうございました 北八ッいいですねぇ~ 私は冬に行こうかな‥