山道具のお話-ザック

梅雨入り‥



雨でも山に向かう方々は多いと思いますが
私は根性ないので雨の日はお休みです



さて、そんなお休みの日に何をするか‥

 ①山関係の本を読み漁る
 ②地図を眺めながら妄想する
 ③他人の山行記を読んで勉強
 ④ショップへ行き道具を眺める

 ‥といったところです (他にする事はないのか?)



で、また近くのアウトドアショップ(車で40分ほど)に行ってしまいました



「他の人たちはどんな道具をどのように使っているか」
結構気になるところです



私の山道具のお話を少ししてみたいと思います



画像





















これは最近愛用のザックです
たいした経験もないのにこれで三代目になります



一番最初のザックは近くのスポーツショップにてテキトーに買った
コールマンの25リットルでした
実はこれはずいぶん使っていて、近くの八石山くらいだとちょうどいいです
ただやっぱり容量が少ないのとイマイチカッコ悪いのが難点



その後、少し大きめのものをもう一つと考えてミレーの「エクラン30」を購入しました
アイゼン、ピッケル、ワカンなどの装着が便利で冬の間は大活躍でした
しかしザックの重心が体から離れていて振られる感覚が気になるようになりました
色も赤を選んでみたけど私にはやっぱり似合わない



ということでミレーは某オークションにて売却
現在はカリマーを愛用しています



大は小を兼ねる というわけではないですが
小屋泊まりなども考慮して少し大きめの40リットルにしました
軽量化のため「迷ったものは持たない」という話も聞きますが
初心者の私は「迷ったものはやっぱり持っていく」主義なので
日帰りでもこれを使っています



二気室、ハイドレーション対応、雨蓋式、豊富なポケット、
しっかりとしたウエストベルトなどが気に入っています
色もデザインもなかなかお洒落なカンジがします



最近は装備が減ってきたので同じザックの25か30を
もうひとつ欲しいなぁと思っています



レインカバーはあまり使いません(面倒だし‥)
中のものは防水のスタッフバッグに小分けしてます 



おなじザックをあまり見ないので山では少数派なのかもしれません
購入を迷った「ミレー」ザックはやっぱり多いですね



カリマー愛好者の方々ぜひコメントを‥





この記事へのコメント

2006年06月17日 13:59
日帰り登山には40L大きすぎるでしょう。
私は、営業山小屋泊までは28Lで充分です。避難小屋泊は60Lを使います。
レインカバーも使いますが、普段はザックの中に大きなビニールのゴミ袋を入れて、荷物は全部その中に入れます。沢登の要領です。
2006年06月17日 21:30
コメントありがとうございます
はい そのとおりでして‥ 初めての山小屋泊のために買ったのですが将来の連泊を想定してこれにしました 日帰りではさすがにちょっと恥ずかしいのですが体力をつけたい意味もありいろいろ詰め込んで使ってます 近々25リットルくらいのに落ち着くつもりです 
2006年06月18日 16:14
はいはい、カリマー派ですよ~!特にこだわりもなく買ったのがたまたまカリマーだっただけなのですが(汗)。テント泊縦走用で、55~60Lくらいです。私もこれが3代目です☆
2006年06月18日 20:57
コメントありがとうございます
テント泊縦走‥ そのうち私も実現したいと思います そのためにももうしばらく増量ザックでがんばります 見かけたら声をかけつつ抜き去ってくださいね
yone
2006年06月26日 17:18
カリマーいいですね。私は現在ドイター(といっても子供を乗せる背負子)を使って子連れ山行です。子供+諸々で15キロくらいです。
いずれは単独のテント泊縦走のトレーニングも兼ねてます。その為のザックでグリゴリーの68リットル持ってますが、その時はカリマークーガーの50リットルと迷いました。今考えるとカリマーのほうが良かったかも。
2006年06月26日 22:57
コメントありがとうございます
クーガーいいですね リッジが使いやすくとても気に入っているのでテント泊用もカリマーを選ぼうと思っています でもその前にテントやシュラフも買わないと‥ 予算的には今年は無理そうです 揃うまでは増量ザックでトレーニングです^^;