米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS 平標山〜大源太山

<<   作成日時 : 2013/06/11 21:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

風が強い朝だった







画像






急な斜面に付けられた階段状の登山道を辿り標高を上げていく
ゆっくりと登っていくと時折視界が開けて風が吹き抜けていく
背後に青空は見えていたが目指す方向は残念ながら雲の中





画像


画像


画像


画像






鉄塔を越えてさらにひと登りで前方の風景が広がる
松手山を過ぎると尾根上を辿る道はやや緩やかになる
稜線上は風が強く、涼しいと言うより寒いと言った方がいいくらい





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






体感温度が低いせいか体はよく動いてくれた
駐車場から平標山山頂まで3時間かからなかった
山頂でザックを降ろしグローブをつけて休憩した





画像


画像


画像


画像


画像


画像






数組のパーティが仙ノ倉山へ続く道へ消えていった
再びザックを担ぎ、南へ向かう階段状の道を辿った
徐々に視界は広がり、気温も寒さを感じないくらいになった





画像


画像


画像






木で造られたベンチに座ってゆっくりと休憩
この天候、しかも平日で山の家は静まり返っていた
平元新道への分岐を後に、さらに南へ向かった





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






視界の開けた稜線上の道は花も多く快適だった
やがて道はトラバース気味になり分岐
大源太山までの道程は思っていたより長かった





画像


画像


画像


画像


画像






分岐まで戻り少し進むと稜線上の小ピーク「三角山」
南へさらに続く稜線上の道に別れを告げて分岐を西へ
激しく急な下り坂を慎重に降り始めた





画像


画像


画像






周囲を見る余裕を与えてくれないほどの急坂
登山道が階段状になっていない事は好感
気がつくと薄日が差し始め、体感温度は上昇





画像


画像


画像


画像


画像






やや登り返し、鉄塔を過ぎると尾根上の小ピーク「毛無山」
これでもかと続く急坂で標高は一気に下がっていく
最後はゲレンデの真ん中に出て舗装路を辿って下山





画像


画像


画像


画像


画像






発車時刻15分前に浅貝バス停に到着
14時ちょうどのバスで平標山登山口へ
下界は蒸し暑い空気に包まれていた





その先はまた次回
天候がいい時に














6月11日  平標山〜大源太山


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平標山〜大源太山 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる