米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 西吾妻山  【2011年10月9日】

<<   作成日時 : 2011/10/26 23:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりの遠征







高速を降りて深夜の喜多方市内を北上
開通してからまだ日が浅い国道を走り米沢へ
このルートが最短であることは間違いない





駐車場にはすでに数多くの車がとまっていた
ゴンドラを降りると清々しい秋の空気が迎えてくれた
更にリフトを三本乗り継いで標高を稼いだ





画像






歩き始めの北望台はすでに標高1800メートルほど
ひと登りで展望台のある場所に出る
道はそのまま中大巓(なかだいてん)の南側を巻いて稜線の東側に出る





画像


画像


画像


画像






右手に見えてくるのが西吾妻山
左手には主稜線上に続くなだらかな丘のような山並みが見えてくる
吾妻連峰の山々はどれも似たような山容で今ひとつ特徴がない





画像


画像


画像


(東大巓、烏帽子山、一切経山)
画像






いったん下り大凹(おおくぼ)へ
再び登り返していくと背後に中大巓
平坦地の先には梵天岩が見えてくる





画像


(左奥に東吾妻山、中吾妻山、右奥に霞む安達太良連山)
画像


(賑わう梵天岩   さすがに三連休の中日で人が多い)
画像


画像






梵天岩からの眺望は素晴らしい
少し先に行くと吾妻神社が立つ広場に出る
ここを左手に行くと山頂だが、道は少しわかりにくい





画像


画像


(どれも二千メートル級の山に見えない‥ )
画像


画像







山頂標は登山道横にポツンとある
周囲を樹林帯に囲まれて眺望は無い
道は西へ向きを変えて下りとなる





画像


(正面に西大巓)
画像


画像


(高い気温に霞む磐梯山)
画像


(山頂を振り返るが‥)
画像


画像


画像






吾妻小屋の前で休憩
吾妻神社方面に戻る途中に分岐がある
その先がBCのツアーコースになっている





画像


画像


画像






標高差約1200メートルの下り道へ向かう
オオシラビソの森を縫うようにどんどん標高を下げていく
紅葉の中を抜けるとやがて雰囲気のいい明るい森に出る





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






シラカバの見事な林が続く「若女平」
しばらく穏やかな道を行くと再び急坂となる
やがて細尾根を伝う箇所を通過する





画像


画像


画像






再び緩やかな地形を辿ると右手に天元台高原の建物が見えてくる
植林の森に入り、山腹を下ると沢音が聞こえてくる
車道の音が近づくとゴールは近い





画像


画像


(霞む米沢市街地)
画像


画像






再び車道を登り返していく
多くの車が車道にまであふれていた
久しぶりの湯に浸かり、その場所を後にした







喜多方市街に立ち寄り、ラーメンを一杯
冬になれば更に美味しく感じるのかもしれない
再訪の日を思い描きながら帰路についた











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 西吾妻山  【2011年10月9日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる