米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 守門岳(後編)  【2010年6月25日】

<<   作成日時 : 2010/06/28 21:52   >>

トラックバック 0 / コメント 4

守門岳は大岳、青雲岳、袴岳の総称







青雲岳から最高峰の袴岳までは僅かな距離
木道を少し下り、稜線上の道を緩やかに登り返していく
到着した山頂広場は多くの人々で賑わっていた





画像


画像


(浅草岳の全景が眺められる東側の眺望)
画像


(北東側の風景)
画像


(越後三山などが並ぶ南側の眺望)
画像


(大原スキー場方面へ続く稜線上の道)
画像






山頂からのパノラマを居合わせた人々と共に眺めた
虫が多いその場所を早めに離れ、再び青雲岳へ戻った
木のベンチに腰掛けて涼風を浴びながらゆっくりと休憩した





画像


(大岳)
画像


(青雲岳)
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像







下山は歩いて来た道をそのまま戻った
気温は高かったが稜線上は少し風が吹きはじめていた
厳しい登り返しを終え、袴岳を背に大岳の西側斜面に入った





画像


画像


画像


画像


画像


画像






時々休憩しながら急坂をゆっくりと下っていった
歩いて下山するのがちょっと面倒な気分だった
ブナ林に入ると涼風に包まれたが、流れる汗は止まらなかった





画像


画像


画像






道は途中で階段状になり、やがて保久礼小屋に到着
歩いて下る事にまだ体が慣れていない様子
時間的には短いルートだが思いのほか疲労感が残った






画像








車で周囲の林道を走りながら地形を確認
その後、眠気と戦いながら国道を走り長いトンネルを抜けた
市街地の気温は30度を超えていた




















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
  良いですね〜、ヒメサユリが咲く守門岳。行きたいと思ってはいるのですが、いざ行くチャンスがあっても「暑そうだな〜」ともっと高い山に行ってしまい、なかなか行けません。
 いつもの梅雨だと新潟や東北まで行けば意外と晴れていることが多いのに、今年はダメですね〜、今週こそ早く晴れて欲しいのですが・・・。
IK
URL
2010/06/30 05:43
「レポ楽しみにしてます♪」なんて…もうとっくにアップされてたんですね、すみません(汗)
雪の間に木道が少し出ていたことがあったのですが、これほど長く繋がってるんですね。青雲岳の山頂の雰囲気がとても気持ち良さそう〜♪
そう、下山の歩きは面倒になる時ありますよね〜。ま、私の場合はいつもですけど(笑)。あきさんの場合はスキーの後遺症ですね。
まると
2010/06/30 22:07
IKさま こんばんは。

私も同じように考えていました。 やっと行けましたが、やっぱり暑かったです‥。 今の季節はもう少し早く出発しないといけませんね。

仰る通り、いつもの梅雨なら晴れる日もあるのですが、今年はダメですね。 梅雨明けも年々遅くなっているような気がします。 早く青空を見たいですね〜。
あき
2010/06/30 23:09
まるとさん こんばんは。

スキー登山に比べて無雪期登山の方がラクだと考えがちですが、どうも違うようです。 荷物も軽いし緊張感も少ないはずですが‥。 疲労感が数日残りました。 天候もしばらく良くないようなので、夏までにコンディションを整えられるかがちょっと不安です。 頑張らないと。

青雲岳周辺は雰囲気が良くて好きな場所です。 雪渓からの涼風が吹いていたのはこの付近だけで、そのせいか虫も少なく、とても心地よく過ごせました。 次回は別の道から登ろうと思っています。 もちろん残雪期の再訪も決定済です(笑。 
あき
2010/06/30 23:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 守門岳(後編)  【2010年6月25日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる