米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 黒倉山・鍋倉山  【2010年6月15日】

<<   作成日時 : 2010/06/15 21:50   >>

トラックバック 0 / コメント 6

自宅を出たのは昼頃だった








梅雨らしい曇り空が広がる休日の午後
いつもの道を南下して途中から県境方面へ向かった
久しぶりに通る道は驚くほど改良され、とても快適になっていた





九十九折の道で高度を上げていくとやがて広い牧場に出る
のどかな風景の奥にはなだらかな山の稜線が延びている
やがて道幅は狭くなり、県境の峠にさしかかる





峠の登山道入口には数台分の駐車スペースがある
車を止めて簡単な準備をし、靴の紐を結んだ
登山靴を履くのは実に七カ月ぶりの事になる





画像






整備された登山道を歩き始めたのは14時頃
道はすぐにブナの林に入った
そこは涼しく心地よい空間だった





画像






稜線上に続く道はほとんど森の中で周囲の景色は広がらない
牧場の台地が見渡せる場所に出ると日本海まで続く風景が望める
やがて木々の隙間に隣の鍋倉山がチラチラと覗くようになる





画像


画像






登り勾配が増すとやがて黒倉山の山頂に到着
豊かな森の中に延びる道はここで進む方角を変える
隣の鍋倉山までは僅かな距離





画像


(画像中央は米山  右手は刈羽黒姫山)
画像


画像


画像






一旦下って二ヶ所の分岐を見送る
雪渓を直登すると間もなく鍋倉山の山頂
関田峠からは1時間ほどの距離





画像


画像


画像






山頂の様子は積雪期とはまるで違う
景色は木々の隙間から僅かに見える程度
少し休憩して、来た道をそのまま戻った





(正面には高社山 手前に千曲川 奥には志賀高原の稜線)
画像



(雪が減った妙高連峰  火打山は雲の中)
画像



画像


画像






土の感触を確かめながらゆっくりと下山
その後、長野県側の車道を下った
時々車を止めて周囲の地形をじっくりと眺めた





懐かしい温井集落でUターン
再び県境までの道をゆっくりと駆け上がった
県境を越える頃、ウインドウには雨が当たり始めた








久しぶりに入るお気に入りの風呂から上越の市街地を遠望した
妙高連峰はいつの間にか重そうな雲に隠れてしまっていた
外に出ると、雨はいよいよ本降りとなっていた


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あきさん
いよいよ登山靴のシーズンですね。予想では米山 大平コースでしたが
信越トレイルとは意外でした。
今年は雪が多かった分、残雪が予想されますね。
この時期は「あの山も。この山も」と机上の計画だけで頭が一杯に
なりがちですが、あせらず体調を整えつつ一歩づつと考えております。
米山の反対側からあきさんのご活躍に期待しております。
遊び人(男)
2010/06/16 10:13
金さん お久しぶりです。

米山さんにも行きたかったけど、この日は出発が遅かったのでなんとなくこっちにしました。 下見を兼ねたドライブのつもりでしたが、やっぱり山頂は踏まないといけなかなと(笑。 標高は低いのに雪がかなり残っていてちょっとビックリでした。

高低差200b、往復二時間ほどの簡単なトレッキングでしたが、意外と疲労感が残りました。 スキー登山と比べて体の使い方がちょっと違う感じがします。 少しずつ体を慣らしながら夏に向けて準備をしていきたいと思っています。 今シーズンもよろしくです。
あき
2010/06/16 21:27
夏に登るといかに雪が多い山かよく分かりますよね。私も展望の違いに唖然としました。一旦、温井まで下ったのは来期のための地形確認ですね。きっちり下見をする辺り、さすがです。

この時期は雨を警戒して短時間で登れる山に足が向いてしまいますね。ボチボチ私も夏山の体力を復活させねば…。
kei
URL
2010/06/16 23:19
keiさん こんばんは。

ここの峠は過去に何度か通っているのですが、スキーを始めてからは初めてでした。 長野県側だけでなく、新潟県側も改めてよく見てきましたよ。 距離はちょっと長いけど面白そうな感じでした。 来季は北面で遊んでみようかな。

久しぶりの山歩きだったせいか、短時間でも意外と疲れました。 雪渓の下りでは「どうやって下るんだっけ?」状態でした(笑。 これから少しずつ体を慣らしていきたいと思っています。
あき
2010/06/17 23:12
いやーやっと今シーズンの山登りのスタートですね。
今か今かと待っていました。

あきさんのブログは私にとって登山ガイドよりも役に立ちまして
平標、湯ノ丸山、戸倉山など私の知らなかった山に子供と行く事が出来ました。

今シーズンも安全第一でガンガン登ってください。



ビリー・ザ・キッド
2010/06/21 20:55
ビリー・ザ・キッドさん こんばんは。

無雪期登山のシーズンインがこれほど遅い年は初めてです。 もう梅雨になっちゃいましたね‥。 久しぶりに土の登山道を歩いてみたら、歩くペースが思い出せなくて妙に疲れちゃいました(笑。 これから少しずつ慣れていかないと。

自己満足的な記録ではありますが、私の記事がお役に立てたならとても嬉しい事です。平標山は谷川連峰縦走の時、湯ノ丸は冬季のバックカントリースキーで、戸倉山はスッキリと晴れた日に、いずれも再訪したいと思っています。 今シーズンは未踏の山へ足を向ける機会を昨年より増やしたいと考えています。 あっという間に冬が来ると思いますが、今シーズンもよろしくお願いいたします。
あき
2010/06/21 23:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 黒倉山・鍋倉山  【2010年6月15日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる