米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 穂高岳 (2) 【2009年8月14日】

<<   作成日時 : 2009/08/17 19:17   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ヒュッテを後にするとすぐに分岐がある







(眼下にテント場 正面に北穂高沢 やや左寄りが南稜)
画像


画像


(奥に吊尾根 左端が前穂高岳 右端が奥穂高岳)
画像


(中央やや左は涸沢岳 ほぼ中央の鋭峰が涸沢槍 右端は北穂高岳)
画像






分岐を左へ向かい雪渓を渡る
緩やかに登る道はトラバース気味に高度を上げていく





画像


画像


(中央に常念岳 左手奥に横通岳)
画像


画像


画像


画像


画像






左上を見上げるとザイテングラートが近い
お花畑を抜けると雪渓を何度か横切る
やがて涸沢小屋からの道を合わせる





(左手奥から手前に延びる小尾根がザイテングラート)
画像


(正面は北穂高岳 右に延びる尾根が南稜)
画像





道は大きく向きを変えてザイテングラートへ向かう
見下ろすテント村は次第に小さくなっていく
取付点の先には前穂高岳の北尾根が大きく迫っていた





(分岐から更に延びるザイテングラートへの道)
画像


(前穂高岳と北尾根)
画像


(奥に表銀座の稜線 右端に蝶ヶ岳)
画像


(取付点よりザイテングラートを見上げる)
画像





広大なカールの平らな斜面に浮かぶ細長い島のような尾根地形
ザイテングラートに付けられた道は岩場の急登
途中で休憩をしながらゆっくりと高度を稼いだ




画像


画像


画像


画像






ちょうど太陽に向かって登っていく状態なので日差しが当たると猛烈に暑い
涸沢までの行程で体力を消耗していたのかザックが重くて足が上がらない
多くの人々に道を譲った





画像


画像


(右手に見える北穂高岳も次第に目の高さに)
画像


画像


画像


画像





小屋直下がとにかくキツかった
上高地を出発して9時間半で穂高岳山荘に到着
山荘前の広場にザックを降ろしてテン泊の受付に行った





画像






「今日はテント場がいっぱいなので場所を見つけてから来てください」
何???‥ 一瞬にして昨年の悪夢が蘇った





画像


画像







山荘から涸沢方向へ少し登ったテント指定地は本当に満席だった
テントの合間に座って食事の準備をしているパーティに相談をした
快くその場所を譲ってくれたがそこへ別の男性が声をかけてくれた

「あそこにいい場所があるよ ほら、ちょっと見て」





一緒にテン場から白出沢側を見下ろした
眼下は山荘の裏で石畳にテントを張れそうなスペースがある
最初のパーティにお礼を言い、慌てて石の階段を下りて行った





そこはちょうど白出沢ルートへの入口脇
縁から落ちたらタダでは済まない場所にテントを設営
再び受付に行くと札が無いからと領収書だけを渡された





画像


画像


(テン場からはジャンダルムが近い)
画像






テン泊装備を担いだ人々が文字通り四方から集まってくる
やがて山荘前のテラスもテントサイトになっていった
賑やかなその場所を後にサブザックを担いで再び歩きだした










(続く)










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あきさん、おはようございます。
 その日テン場にいました。たぶんあきさんの少し前に右奥にスペースを見つけてあきさんが来た時は石垣に座ってビールを飲んでいました。そして小屋奥の白出沢への入口に何人かが張っているのを見ていました。
 午後は雲が湧いてしまいましたが雷雨もなく日没はきれいでしたね。
 やっと夏山シーズン開幕って感じで良い天気に恵まれ良かったです。
IK
URL
2009/08/18 07:02
IKさま こんばんは。

ニアミスどころか同じ場所に居合わせていたとは‥。 せっかくの機会だったのに残念です。 またどこかでDXフライのエアライズを見かける事があったら今度はぜひお話を聞かせてください。

この日は好天に恵まれましたね。 またこんな日に登りたいですね。
あき
2009/08/20 01:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 穂高岳 (2) 【2009年8月14日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる