米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 三ノ沢岳 【2009年8月26日】

<<   作成日時 : 2009/08/29 02:06   >>

トラックバック 0 / コメント 4

行き交う人々で賑わう三ノ沢分岐地点







画像

画像





綺麗な三角錐を見せる三ノ沢岳は中央アルプス唯一の独立峰
再びザックを担いでハイマツの海へと入っていく
最初の小ピークを南側から巻いて更に高度を下げていく





画像

(主稜線の先には島田娘のピーク)
画像

画像

画像

(伊奈川源頭部に広がる西千畳敷)
画像 





もったいないくらい降りてから小さなアップダウンを繰り返していく
ハイマツに覆われた道はちょっと歩きにくい印象
最低鞍部から先はほぼ登り一辺倒となる





(主稜線方向を振り返る  右のピークがサギダルノ頭)
画像

画像

画像

(宝剣岳近くに聳える天狗岩を遠望)
画像

(途中に岩場もある)
画像

画像

画像

画像





ケルンを通過してキツい登り返しを終えるとトラバース道となる
この付近は斜面一面にお花畑が広がっている
時期はちょっと遅いと思っていたが、まだ華やかな雰囲気を保っていた





(振り返る主稜線方向  左から本岳、中岳、宝剣岳、サギダルノ頭)
画像

(宝剣岳と天狗岩を遠望)
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像





直下を巻いて大岩が積み重なる山頂へ
いつの間にか景色はガスの中に隠れてしまった
残念に思いつつ湯を沸かしながらゆっくりと休憩した





画像

画像

画像

画像

画像





ここへの再訪はいつになるだろう
もしかしたらもう機会はないかもしれない
何処の山頂でも思うことだが





画像

画像





主脈縦走路から少し離れた「不遇の名峰」を後にした
ガスの切れ間から僅かに覗く景色を眺めながら登下降を繰り返した
最後の小ピークに登って振り返っても山頂はガスに隠れたままだった





画像

画像

画像

画像

画像

画像

(主稜線南側  最奥は檜尾岳)
画像

画像

画像

(画像中央奥のピークへ登り返すのが結構辛い)
画像

画像

画像

(右手に島田娘のピークが近づく)
画像

(振り返る登山道の先に三ノ沢岳)
画像

(最後の小ピーク)
画像

画像





分岐地点まで登り、サギダルノ頭を左手に眺めながら縦走路を南へ
極楽平の分岐までは僅かな距離
しばらく聞こえなかった駅のアナウンスを再び耳にした





画像

画像

画像

画像

画像





時間には余裕がある
涼風が流れる稜線を更に南へ向かった
緩やかなピークが島田娘(2858P)





画像

画像

画像

画像





三ノ沢岳へ続く稜線を眺めるとその行程がよく判る
小さなアップダウンが多く意外と距離もある
CT表記のわりには歩き甲斐があった





(雲に隠れる三ノ沢岳と歩いてきた稜線)
画像

(更に続く主稜線の先もガスの中)
画像

(奥の稜線上のピークは伊那前岳)
画像

(ガスの切れ間から市街地方向を見下ろす)
画像

画像





静かな稜線を戻り分岐を右へ
階段状の長い下降路をゆっくりと降りていく
次第に花々が増えていく




画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像




ターミナルでは乗車する人々が列をなしていた
最後尾に並び待つ事30分ほど
ほぼ満員の乗客と共に標高差約千メートルをあっという間に下った





バスを降りると下界の蒸し暑い空気に包まれた
心地よい疲れと共に車に乗り込んだ
展望、岩稜、花々‥中央アルプスの印象はとても良いものになった





次は雪がある季節にしよう

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あきさん、こんばんは。
三ノ沢岳、行かれたんですね。
存在感がある山容で私も大好きになった山の一つです。どうしても木曽駒、宝剣に人が集まりがちですが、
だからこそ静かな山歩きが楽しめますね。

あきさんの写真を見たら、最近歩いていない中央が恋しくなりました。

rommy
URL
2009/08/30 21:55
rommyさん こんばんは。

三ノ沢分岐から眺めるピラミダルな姿がとても印象的で、変化に富んだ山頂までの道程も楽しかったです。 この日はちょうど朝のロープウェイで登ってきた人たちと重なる時間帯だったので、稜線上の道は意外と賑わっていました。 もう少し早い時間なら山頂からの景色も楽しめたはずですが、この日はかなりのんびりしてました。 遠い山域だからこそ時間に縛られない山歩きをしたいなと。 とても贅沢な一日でした。
あき
2009/08/31 22:12
こんばんは!
中アはかーなーり前に行ったっきりで(この辺りは少しだけ)しかも今は簡単なガイド本しか手元に無いのですが、あきさんの歩いたコースを無事追うことが出来ました(笑)。
いつもよりとても静かな空気を感じます。ご来光も素晴らしいですね。うらやましいです。
すっかり中アは足が遠のいてますが、写真を見ていたらまた行ってみたくなりました。ただ、バス&ロープウェイの金額が捻出出来るかどうか(笑)。それと混雑を考えると・・・。あきさんが行った頃位が良いのかもしれませんね。
遠路、お疲れ様でした!
まると
2009/09/02 22:41
まるとさん こんばんは。

一度は行ってみたいと思っていた木曽駒ヶ岳周辺の山々。 混雑を避けるためにはシーズンをはずすか別のルートを選ぶしかないようですね。 空木岳ピストンも含めていろいろと思案しながら向かったけど、結局オーソドックスなコースを選びました。 地元を11時に出発して翌朝にはアルプスの山頂からご来光が見られるなんて‥ロープウェイの機動力は偉大です(笑。

地元からの距離は鳥海山とほぼ同じ位です。 中ア、南アはちょっと遠く感じますが、何度か行くと近く感じるようになるから不思議です。 北岳〜間ノ岳、塩見岳、そして空木岳もいつかは登ってみたいです。 そのあたりが私の行動半径の南限かな。 聖と光はどっちが南か未だに即答できません(笑。
あき
2009/09/03 00:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 三ノ沢岳 【2009年8月26日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる