米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 木曽駒ヶ岳 (後編) 【2009年8月26日】

<<   作成日時 : 2009/08/29 01:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まだ暗い夜明け前







ふと目を覚まして窓から外を見ると一面の星空が広がっていた
再び布団に入ってしまったが、朝はすぐにやってきた
時計を見て慌てて準備を始めた





画像






明るくなっていく空を眺めながらガレの道をゆっくりと登っていく
再び訪れた駒ヶ岳山頂は日の出を待つ人々で賑わっていた
やがて雲の多い空の端にポツンとオレンジ色の光が現れた





画像


画像


画像


画像


画像






徐々に空の色が変わっていくと山頂は静けさを取り戻していった
初めて見る風景が目を奪う
中央アルプス最高峰からの眺めは文字通り360度だった





(次第にガスが晴れていく)
画像


(姿を見せる中央アルプス主稜線上の山々)
画像


画像


(北アルプス遠望)
画像


(説明不要の槍・穂高連峰)
画像


(乗鞍岳)
画像


(御嶽山)
画像


(影駒ヶ岳も‥)
画像


(三ノ沢岳)
画像


(空木岳、南駒ヶ岳)
画像






山荘前に戻る頃には気温も上がり、心地いい空気が流れるようになった
歩き始める人々を見送りながら誰もいなくなったテン場でのんびりと朝食
バッジを購入して山荘を後にした





(再び中岳へ)
画像


(振り返る木曽駒ヶ岳  左手に木曽前岳  最奥に御嶽山)
画像






中岳山頂からの景色も素晴らしい
ぐるりと眺めた後、少し下って宝剣山荘へ
分岐の先には岩だらけの鋭鋒が空を指すように聳えていた





画像


画像


画像


画像


(逆光に聳える伊那前岳  遠方に浮かぶのは南アルプスの山々)
画像


(やや右手に三ノ沢岳も見えてくる)
画像


(ド迫力の宝剣岳)
画像






時刻はまだ7時
カメラをザックにしまってコンデジをポケットに入れた
人の姿がほとんど無い道をゆっくりと歩き始めた





画像











(続く)
















山登りを始めてから間もない頃、初めて千畳敷へ行った時のレポはコチラです




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 木曽駒ヶ岳 (後編) 【2009年8月26日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる