米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 誰もいない山頂 【2009年7月7日】

<<   作成日時 : 2009/07/08 10:01   >>

トラックバック 0 / コメント 4

歩きはじめてから約5時間







山頂からの風景はとても素晴らしい
稜線を流れる風も冷たく心地いい
ザックを降ろしてしばらく休憩した





(眼前にドカンと苗場山)
画像


(続く稜線の先に霧ノ塔)
画像


(秋山郷と鳥甲山)
画像


画像


(右奥は岩菅山 雲に隠れて残念)
画像


(神楽ヶ峰も近い)
画像


(左から八海山、駒ヶ岳、中ノ岳)
画像


(巻機山)
画像






道は更に続いている
景色のいい稜線を歩いて行く





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






途中の小ピークを越えてやや下降
鞍部からは急坂となる
登り切ると山頂の先には見覚えのある景色が広がっていた





画像


画像


画像


画像


画像


(奥は平標山  手前は田代、かぐらのゲレンデ)
画像


(越後三山)
画像


(巻機山)
画像


(左奥は刈羽黒姫山)
画像


画像





米山は既に雲の中
他の山々も次第に雲に隠れていく
登ってきた急坂をすぐに戻っていった




画像


画像


画像


(日陰山〜釜ヶ峰)
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






振り返る稜線をガスが覆い始める
心地いい涼風を浴びながら山頂で少し休憩
やがて周囲は白い闇に包まれた





画像


画像






ゴゼンタチバナ、ツマトリソウ、マイヅルソウ‥
沿道には常に花が咲いている
一旦沢を渡って少し登り返すと小屋に到着




画像


画像


画像


画像


画像


画像






小屋の中でゆっくりと休憩した
歩いてきた木道は朝より幾分歩き易くなっていた
風がワタスゲを揺らす様子が目に焼きついた





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






分岐を過ぎるとしばらく樹林帯の中
遠雷の音を聞きながら急坂を足早に降りていった





画像


画像


画像


画像


画像






最後の湿原を後にする
森を抜けるとすぐに林道に出る
緩やかな勾配の未舗装路を黙々と歩いた





画像


画像









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 コチラはワタスゲが見頃のようですね!ウズウズと気になっていました。やはり中越の宝石のような湿原ですね。
テントミータカ
2009/07/08 22:20
大変お疲れさまでした。
湿原の花々が見頃だったようですね
霧ノ塔へは神楽ヶ峰から1度登っていますが
こちら側から霧ノ塔まで行くとは凄い健脚です
私も天候が良ければ今日行ってましたが…小屋まで(^^;
滑る木道が怖くて近場の三国山を散策してました。
お疲れさまでした。
中越の山や
2009/07/08 22:24
テントミータカさま こんばんは。

こんなに多くのワタスゲが咲いているのを見たのは初めてでした。 湿原の上に三次元的に浮かんでいる様子がとても幻想的で素晴らしかったです。 派手さはないけど静かで良い場所ですね。 あの小屋にも泊まってみたいのですが近過ぎるのでその機会はしばらく無さそうです。 季節を変えてまた行くことになるでしょう。
あき
2009/07/09 00:20
中越の山やさま こんばんは。

雨後のあの木道は怖いですねぇ。 沢靴なら少しはマシかなと思いました(持ってないけど)。 釜ヶ峰あたりで戻るつもりだったんですが、どうもその先が気になってしまって‥(笑。 林道歩きがもう少し短縮できるといいのですが。

ワタスゲ以外ではトキソウが記憶に残りました(実は初めて見た)。 ブナの森も豪快で素晴らしかった。 次に行く時は最初から神楽ヶ峰を目指して登ってみようかと考えています。 条件さえ良ければ届かない距離ではないと思います。 反対側に廻り込んでから登るのはあまり好きではないので(笑。

三国山も行ってみたいです(未だに未踏)。 そろそろニッコウキスゲが咲き始める頃でしょうか。 できれば平標山までの道を歩きたいと考えています。
あき
2009/07/09 00:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 誰もいない山頂 【2009年7月7日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる