米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 飯豊の稜線へ‥(3) 【2009年6月29日】

<<   作成日時 : 2009/07/02 20:24   >>

トラックバック 0 / コメント 4

飯豊の主稜線を歩いたのは僅か1時間ほどだった






画像


画像






緩やかに続く尾根上の道を降りていく
道はすぐに尾根南側の斜面をトラバース気味に進んでいく
大きな雪渓のすぐ横を通過して更にその先へ





画像


(振り返る雪渓末端 右側に登山道)
画像


画像






やがて急な雪渓の上部をトラバースする箇所が現れる
梶川尾根上部から眺めていたのでそれ自体は判っていた
しかし雪は硬く、トレースも全く無い





(PC環境により斜度が違って見える可能性があります)
画像


画像






慎重に渡って先を行く
するとまた雪渓が現れる
見下ろすと雪は遥か下方まで続いている





ここでアイゼンを装着
距離は僅かでも万が一を考えれば当然の事
静かな平日の飯豊山に人の気配は感じられない





画像


画像






その後もアイゼンの着脱を何度か繰り返した
道は再び尾根上を辿るようになった
最後の雪渓を快適に降りるとそこが丸森峰





画像


(振り返る主稜線方向  一番高く見えるピークが地神北峰)
画像


(西側には主稜線上の頼母木山)
画像


画像






雪渓が現れるたびにアイゼンを出して着脱して‥
地神北峰からここまで1時間程かかってしまった
未踏の道を下山するのは苦労する





画像






丸森峰を後にすると道は急降下を始める
樹林帯の中で景色は殆ど見えない
かなりワイルドな道だが梶川尾根に比べれば少しは楽





画像






時折対岸の梶川尾根が見える
同じ場所へ向かっているはずだが向こうの方が高い
この先はこちらの方が緩やかな道だという事が判る





画像


画像


(奥の尾根が梶川尾根)
画像


画像


(梶川峰はまだ遥か上方)
画像






日差しはなくなり暑さも和らぐが湿度は依然として高いまま
黙々と下っていくと夫婦清水の標柱に到着
水場に降りる余裕も無くそのまま通過した





画像


画像


画像


画像






丸森峰からここまで1時間余り
この付近がほぼ中間点となる
急坂の下りはまだまだ続く





画像






コース上に登り返しは殆ど無く、ひたすら下り続ける道
確かに梶川尾根よりは楽だと思うが‥
容赦のない見事な下りっぷりには参った





画像






やがて下方に山荘の屋根が小さく見えてくる
「見えてからが長い」とは登りでよく使う形容詞だが
バテていたせいかこの言葉がぴたりと当てはまった





(右手に延びる尾根が梶川尾根  ここから見ても急)
画像


(道は全体にザレ気味で滑り易い)
画像


(主稜線方向  左奥の尾根が梶川尾根)
画像






次第に沢音が大きくなっていき、やがて登山口に到着
時計の針は17時を少し回っていた
比較的楽だと言われる丸森尾根だが最後まで急坂の連続でキツかった





画像











初めての飯豊は胎内ヒュッテからえぶり差岳の往復
二度目の飯豊は川入から飯豊本山を往復
今回の山行で飯豊連峰の雰囲気がやっと少し見えてきた





その距離感やスケールを肌で感じる事もできた
主要登山口までのアプローチも大凡判った
あまりあてにならない登山地図のCT表記も自分なりに把握した






北股岳まで行けなかったのは残念だった
縦走の日がとても楽しみだ







































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ロングコースの歩き、暑さも大変だったようでお疲れ様でした!咲いてる花も豊富ですね〜。飯豊は二王子岳から眺めただけの縁ですが、いつか歩いてみたいな〜と思う眺めでした。ただ、いつになることやら(笑)。どのコースも稜線に上がるまでが長いような・・・。しかも縦走すると車の回収、バス利用も上手く考えないとな〜。
あきさんの縦走、どういう風に歩くのか楽しみにしてます♪
まると
2009/07/04 12:06
まるとさん こんばんは。

ここは稜線に上がるまでがキツいんですよね‥。 天狗平からの道はどれも未踏だったので一度は行っておこうと思い立ったのですが、この日はとても蒸し暑くて途中で引き返そうかと思ったくらい大変でした。 でも主稜線の風景はやっぱりいいですね〜。 花の季節か紅葉の季節に連休が取れたらぜひ縦走したいと思いました。 でもいつになることやら(笑。 気長にその時を待ちたいと思います。
あき
2009/07/04 23:38
飯豊も暑ぢ〜ぃ!かんたんですね。
残雪もイッペあるようだけど…。
石転び沢の中ノ島がクッキリ見れてましたね。
花も、ロケーションも最高!
石転び沢からだと、北股はンますぐそこですyo。
天候が良ければお勧めのコースです。
来年の残雪期にいかがでしょうか?
あっちぇ〜山行!お疲れ様でした。 
yukitubaki
URL
2009/07/06 22:52
yukitubakiさま おはようございます。

橋を渡ってしばらく歩こうかと思っていたのですが、いろいろ考えた末に戻りました。 今度ぜひ連れてってください(笑。 この日は本当に暑くてなかなか歩けなかったです。 残雪がある箇所だけはちょっと涼しかったけど。

次は秋になると思います。 また日帰りになると思いますが、いつかは縦走でのんびりと歩いてみたい場所ですね。
あき
2009/07/08 10:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 飯豊の稜線へ‥(3) 【2009年6月29日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる