米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ あの風景をもう一度 ‥燕岳(3) 【2009年6月1日】

<<   作成日時 : 2009/06/06 00:06   >>

トラックバック 0 / コメント 8

縦走路を僅かに南へ







画像


画像


(スポットライトを浴びる槍ヶ岳)
画像


(スポットライトを浴びる笠ヶ岳)
画像


画像


画像






(双六岳〜三俣蓮華岳)
画像


(鷲羽岳、ワリモ岳から水晶小屋のピークへ続く稜線 右手前は南真砂岳)
画像


(中程のピークは真砂岳 右手は野口五郎岳 左手奥は水晶岳)
画像


(裏銀座の主稜線 三ッ岳付近)
画像






槍ヶ岳を眺めながら主稜線を後にした
天候は徐々に回復している様子
翌日は更に素晴らしい景色が広がっているだろう





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






急坂をゆっくりと降りていく
正面に見える台形の山は有明山
風がなくなると途端に暑くなった





画像


画像


画像


画像


画像


画像






心地いい残雪の感触
次第に明るくなっていく空
景色がいい快適な尾根上の道を下っていく





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






時々稜線越しに槍の穂先を振り返る
合戦沢ノ頭を過ぎるとその姿は見えなくなる
踏み抜きに注意しながら雪の斜面を降りていく




画像


画像


画像


画像






合戦小屋のベンチには誰もいない
ザックを降ろして次第に白くなっていく空を見上げた
次に来る時、ここには戻らないだろう





画像


画像


画像


画像






時折樹間から安曇野の街が見下ろせる
見上げれば再び広がる青空に白い雲
ほぼ等間隔に現れるベンチを目安にゆっくりと下山





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






やがて森の中に赤い屋根が見えてくる
ゆっくり歩いても下山時間はそんなに変わらない
のんびり歩きながら過ごした一日ももう終わり





画像


画像


画像






日帰り入浴は17時まで
中房温泉を諦めてしゃくなげ荘へ
過ぎてしまえば一日なんてあっという間










さて、明日はどうしようか ‥

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり燕はいいですね〜。

残雪期もだいぶ昔に登りました。
あきさんより10日ほど早い時期だったけれど第2ベンチから雪道でした。
合戦小屋の写真見て驚きました。
今いつだっけ??
雪が全然無いんですものね。

燕山荘付近からの燕岳 ほんとにきれいですよね。
若いころ山雑誌に載っていた燕岳の写真でひとめぼれ何度か足を運びました。

我が家は二人とも長い休みが取れない仕事だったので安曇野からの北アルプスはよくでかけました。
1泊2日で3000m近くまで登れるんですものね。
山頂でのんびり眺めるのが楽しみで・・・
それをあきさんは日帰りで歩いちゃうんだから凄すぎ!!
とても真似できません。

たくさんの写真で登った山はなつかしく 未踏の山はなるほどと楽しませていただいてます
カルディナ
2009/06/07 16:07
カルディナさん こんばんは。

山荘付近から見る燕岳の画像を山雑誌で見た時は「こんな山があるんだ〜」って驚いたものです。 山歩きを始めて間もない頃だったのでとにかく一度は行ってみたいと思い、無理やり日帰りピストンで登った思い出があります。 再訪となった今回は季節も同じでペース配分も判っていたため、気持ちに余裕がありました。 山頂付近ではかなりのんびりしてましたよ。 どちらかと言えばせっかちな性格なのでこれくらいのペースが今はちょうどいいかな(笑。 機会があれば紅葉の季節にもまた行ってみたいと思っています。 でも次は別の場所へ下山したいなぁ‥。

最初に登った時はあまり写真を撮らなかったので次はいっぱい撮ろうって思っていました。 でも撮り過ぎてしまってどれを残せばいいのか迷ってしまい、結局ほとんどの画像をアップする事に‥。 いつもの事ですがメッチャくどい記事になってしまいました。 でも記憶が薄れた頃に眺めるとこれがなかなか良いんですよ。 こんな記事にお付き合い頂きありがとうございました。 翌日の記事もぜひご覧下さいませ。
あき
2009/06/08 00:37
こんばんは〜
山から遠ざかってますが、見ると行きたくなりますね〜
知っている山なら尚更です
でも、写真の下界と上の景色、それに私の知っている夏と写真の景色は確かに違いますね。
空気まで写真から伝わってくるようでした。
確かに、一度登った山は、判っていますから、二度目は楽に感じますね。
そろそろ夏休みの計画を立てる時期になりましたが、体力作りをしてないので果たして行けるかどうか・・でも、行きたくなりました。
二度目の山でも探してみましょうか・・(笑い)
つれづれ
2009/06/09 00:15
ほんとに素晴らしい景色です☆このコントラストがいいんですよね〜。私のときはガスっててまったく見えなかったので、いずれ再訪したいと思ってます。早く行ってみたいなぁ。。
どの写真もステキ、「イルカの背に槍」も躍動感いっぱいですね☆気に入りました♪
みっちゃん
2009/06/09 20:32
つれづれさん こんばんは。

山は二度目が一番楽しいと思います。 同じ山でも季節を変えたりルートを変えたりすることで何度でも楽しめますね。 仕事柄あまり遠いところには行けないのでこれからは再訪が増えると思います。 次回は東沢乗越経由の周回ルート、餓鬼岳からの縦走も検討したいです。

夏休みの計画もそろそろ考えないといけない時期ですね。 今年の第一候補は「栂海新道からの白馬岳」なんですが、どう考えても最低4日間が必要で更に予備日を考えると難しい状況です。 裏銀座か立山連峰の未踏区間をのんびり歩こうかなぁなんて考えています。 天候に恵まれるといいのですが。

体力作りも重要ですね。 今年は膝の調子がいいのでホッとしています。 でももうそれなりの年齢なので無理はしないようにしないと(笑。
あき
2009/06/09 20:43
みっちゃんさん こんばんは。

シャッターを切った後は当然のように液晶モニターを見るのですが、この日は「これ撮ったの誰?」ってカンジでした(笑。 素材がいいんですね。 やっぱり北アルプスの風景は特別だと感じます。 いい日に再訪できるといいですね。

実際に行くと判りますが、イルカ岩の構図って悩ましいんですよ〜。 結果的に二枚だけアップしましたが実はかなりボツにしました(笑。 こんな天候だと光の加減もすぐに変わっちゃうし‥。 個人的には山荘の窓でトリミングした「逆槍」が結構気に入っています。 ワンパターンですが(笑。
あき
2009/06/09 21:22
あきさんお久し振りです。燕岳という名前に惹かれて訪問してしまいました。
今年は一泊二日で登ってみたいと思っている所です。残雪が増えてくるのはどの辺りからでしたか?

今の時期に登ると平日だったら空いていそうだし、暑さでバテることもなさそうだし、槍の霜降肉みたいな模様が最高に美しくてむっはむはになりそうですね〜
7月に行ってみようかな…未だにヘタレなプカプカには無理かー
プカプカ
URL
2009/06/14 22:11
プカプカさん こんばんは。

合戦小屋から先はほとんど雪の上を歩くようになりますが、そんなに難しくはなかったです。 今頃の季節は残雪の風景が素晴らしいのでお勧めです。 「北アルプス三大急登」などと言われていますがここの登山道はとても歩きやすいと思います。 7月なら更に歩きやすくなると思いますが、人気のある山なので人も多くなるでしょう。

主稜線はまだ寒かったです。 天候にもよりますが今の季節は寒暖の差が激しいのでそれなりの準備が必要と思います。 燕山荘はとても対応が良いのできっと思い出に残る山旅になることでしょう。 天候に恵まれるといいですね。
あき
2009/06/15 23:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ あの風景をもう一度 ‥燕岳(3) 【2009年6月1日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる