米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ あの風景をもう一度 ‥燕岳(1) 【2009年6月1日】

<<   作成日時 : 2009/06/04 23:01   >>

トラックバック 0 / コメント 4

沢音だけが響いていた







車道を少し登ると見覚えのある景色
三年前と同じような風、同じような空
迷うことなく樹林帯の中へ





画像


画像


画像


画像


画像






土の感触、新緑の色、風の匂い、遠ざかる沢音
遠い記憶が徐々に蘇ってくる
そう、この先に第一ベンチがあるはずだ





画像


画像






時折柔らかく霞む風景もあの時と変わらない
歩きやすい道をゆっくりとしたペースで登っていく
荷揚げ用ケーブルの下をくぐると‥そこが第二ベンチ





画像


画像






尾根上を緩やかに行くとすぐにまた急坂となる
樹間から見えるのは湧き上がる雲と白い稜線
背後に見える有明山は次第に低くなっていく





画像


画像


画像






第三ベンチには先行者が二名休憩中
休むことなく挨拶だけでその場を通り過ぎる
この付近から徐々に残雪を踏むようになった





画像


画像






富士見ベンチでザックを降ろして一休み
遠く続く雲海の先は霞んで何も見えない
青空はいつの間にか深い色に変わっていた





画像


画像


画像


(手前の尾根右側は表銀座の主稜線 左手奥が大天井岳)
画像


(蛙岩?遠望)
画像






三年前は見える山がどこの山なのか判らなかった
大天井岳から東天井岳へと続く未踏の稜線が眩しい
主稜線の残雪模様はまさにアルプスの風景





画像


画像


(奥の稜線右端が大天井岳 左端は東天井岳)
画像






そろそろ着く頃か‥
そう思った瞬間、目線の先に小屋が見えた
上下がずれていたあの看板は修正されていた





画像






真新しいペンキの匂いが漂う合戦小屋
夏になれば多くの人々が訪れるのだろう
静かなその場所にスタッフの明るい声が響いた





画像






合戦沢ノ頭までは少し急な雪の斜面を登っていく
しっかりとステップが切られているので難しくはない
青、白、緑‥ コントラストの効いた風景が美しい





画像


画像






合戦沢ノ頭まで登ると主稜線は近い
湧き上がる雲の中に小さく槍ヶ岳の姿
燕岳山頂は薄い雲のベールを纏っていた





画像


画像


画像


画像






次第に霞んでいく風景
燕山荘も淡いベールに包まれていく
やがて景色は真っ白な闇に隠れてしまった





画像


画像


画像


画像






それまでと変わらないペースで残雪の上を登っていく
ザックの中にあるアイゼンを使う場面はなかった
夏道と雪上を交互に歩きながら絶景が待つ主稜線へ





画像


画像






最後の急坂をゆっくりと登っていく
燕山荘の建物が頭上に迫ってくる





画像







初めて槍ヶ岳の姿を見たのはこの場所だった
あまりに近くて最初はそれが何だか判らなかった
正面に並ぶ裏銀座の山々もどれがどれだか全く判らなかった





ここまで来て何も見えなかったら悲しいが‥
例えガスの中でも槍ヶ岳が見える方角はよく覚えている
いつの間にか足早になっている自分に気付いた





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






雲の中に穂先を突き刺した姿の槍ヶ岳は蒼いモノトーン
残雪に彩られた裏銀座の山々は日差しを浴びて鮮やかな色
そして主稜線の先にはスポットライトを浴びる燕岳山頂





画像


画像






これだけの風景を眺める事が出来たらもう充分
燕山荘スタッフの明るい声が嬉しい
ベンチにザックを置いてゆっくりと山頂へ向かった





画像


画像


画像


(↓クリックすると続きます)
画像



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はははは(と自分で笑い飛してみます)

花崗岩のオブジェを見てもしかして・・・燕?とは思ったのですが
雷鳥の後ろの小屋が常念山荘と勘違いしました。

と言い訳はこれくらいにして、
燕岳も行ったことありません。
イルカ岩を見たいのとスイカが食べたい憧れの山です。
そして槍まで歩いてみたい。

まだまだ修行がたりませんね。
この間のコメント消していいですか?(笑
のんすけ
URL
2009/06/04 23:54
燕岳もこの時季は、静ですねぇ〜。
夏の暑ぢ〜ぃ頃に登って(ヘロヘロ)きたのも、ちょっと前。

燕山荘さまからの、手紙を見てはアルプスホルンを思い出したりして・・・。
雪がはり付いた、燕岳。
イイですねぇ〜?! 
登山意欲がフツフツ湧いてきますyo〜。
刺激、されました。。。

yukitubaki
URL
2009/06/05 20:45
のんすけさん こんばんは。

燕岳から大天井岳を通って東鎌尾根‥憧れのルートですよね。 私も歩いてみたいと思っているのですがなかなか日程が(悲。 ここは日帰りピストンでも楽しめる山だと思います。 常念岳も日帰りで登りましたがあれはキツかった‥。 次はぜひ縦走でと考えています。 合戦小屋の名物も一度は食べてみたいです。

画像の選択が意地悪いという噂も(笑。 いつもご覧頂きありがとうございます。 次回もお待ちしております(笑。
あき
2009/06/05 23:44
yukitubakiさま こんばんは。

同じ時期に再訪するのもどうかと思いましたが、何となく行ってみたかったんですよ。 写真の撮り直し山行ってことで(笑。 馬鹿みたいにシャッター切ってましたが、それをそのままアップしちゃったのでメッチャくどい記事になっちゃいました。 刺激‥しちゃいました〜? 実際はもっと綺麗でしたよ。

燕山荘にも泊まってみたいと思うのですがなかなかその機会が無くて‥。 山荘の印象はとても良かったです。 でも次に行く時はテント泊かな。 冬の予算が必要なのでしばらくは難しそうです。 

まもなく本格的な夏山シーズンですね。
あき
2009/06/05 23:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ あの風景をもう一度 ‥燕岳(1) 【2009年6月1日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる