米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 6月の雨飾山 (2) 【2009年6月12日】

<<   作成日時 : 2009/06/15 01:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

道は笹原が広がる台地の奥へ緩やかに続いていた






画像


画像


画像


(左手には北信の山々)
画像


(少し登ると左後方に金山が大きく迫る)
画像


(後方には焼山の姿  奥は火打山)
画像


(右手後方には海谷の山々 左手前は鋸岳 中間の尾根は東海谷の山々 最奥は鉾ヶ岳〜権現岳)
画像


(左:鉾ヶ岳  右:権現岳)
画像


(鋸岳山頂部の奥に烏帽子岳、阿彌陀岳)
画像


(右手には駒ヶ岳、鬼ヶ面山)
画像


(左:地蔵山  右:高妻山、乙妻山)
画像






笹原の道はそれまでの道程を忘れてしまうほど穏やかだった
シラネアオイやハクサンイチゲが咲く華やかな道をゆっくりと歩いた
空が広い





画像


画像


(右手前方には北アルプス北部稜線が見えてくる)
画像


(正面に雨飾山山頂)
画像


(背後には金山の大きな姿)
画像






一旦少し下降して荒菅沢の源頭部を横切っていく
再び急坂を登っていくと背後の景色は更に広がっていく
登りきると双耳峰の鞍部に出るがそこはもう山頂と言っていい





(荒菅沢を覗きこむ)
画像


(金山は本当にいい山だ)
画像


画像


画像


画像


(笹平のモコモコ感が堪らない)
画像


画像


画像


画像


(右手前の尾根が歩いてきた道  水平線が高い)
画像






右は北峰、左は南峰
眺望はどちらもほぼ360度
暑くも寒くもない山頂には心地いい風が吹いていた





(北峰山頂)
画像


(説明不要の北アルプス北部)
画像


(手前左は大渚山 左奥は東山稜線)
画像


(左手は高妻山  中央は戸隠連峰  右手は東山稜線)
画像


(海側の景色  手前の尾根には大網道が延びる)
画像


(西海谷、東海谷の山々  奥は権現岳〜鉾ヶ岳  右手前は笹平)
画像


(南峰山頂)
画像


(笹平の奥に昼闇山〜高松山  中央奥に焼山、火打山  右手は金山〜天狗原山)
画像


(昼闇山と高松山の間に遠く米山)
画像


画像


(金山〜天狗原山の肩に小さく黒姫山)
画像


(その奥には志賀高原の山々)
画像


(後立山連峰の稜線)
画像


(遠く槍穂高連峰)
画像


画像





小谷側からの登山者も加わり山頂はとても賑わっていた
そこには途中で先行していった三人の姿もあった
とりあえずザックを降ろして喉を潤した





最初にここへ来たときは北アルプスの稜線しか目に入らなかった
こんなにも見渡せるのかと今更ながらにゆっくりと大展望を眺めた
食事をしながら眺めていたらあっという間に時間が過ぎていた





画像


(白馬三山)
画像


(鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳)
画像


(北アルプス南部の峰々)
画像


(左手は西岳付近の稜線  右手は中西山、東山付近の稜線)
画像


(よく判らない西岳付近のギザギザ)
画像


(左:乙妻山  右:高妻山  いつも仲がいい)
画像


画像






次々と到着する人々と入れ替わるように山頂を後にした
名残惜しいがまたいつかここに来るだろう
急坂を下って花々が待つ笹原の道へ戻っていった









(↓クリックすると続きます)
画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 6月の雨飾山 (2) 【2009年6月12日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる