米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 大渚山 (後編) 【2009年5月19日】

<<   作成日時 : 2009/05/21 00:12   >>

トラックバック 0 / コメント 6

ほぼ平坦な雪原を西へ向かう





画像


画像


画像


画像






山頂を示す標柱には標高1566.3mと記されていた
展望台に登ると見渡す限りの大展望
澄んだ空と僅かに流れる涼風が心地いい




(霞む北アルプス南部〜後立山連峰〜白馬三山)
画像


(後立山連峰〜白馬三山〜雪倉岳〜朝日岳)
画像


(朝日岳以北の栂海新道の山々)
画像


(日本海方面  山肌が見えるのは明星山、奥は青海黒姫山 その手前右側の小さなピークが戸倉山)
画像


(‥くどいけど雨飾山)
画像


(金山〜天狗原山 右奥は妙高山)
画像


(歩いてきた頂綾東側 右端は乙妻山)
画像


(堂津岳から中西山へ続く稜線 左奥は乙妻山〜高妻山 右奥は戸隠連峰)
画像


(中西山、東山〜一夜山まで続く稜線)
画像




(雪倉岳、朝日岳)
画像


(白馬三山)
画像


(唐松岳、五竜岳)
画像


(鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳)
画像


(東山付近)
画像


(戸隠連峰)
画像


(乙妻山、高妻山)
画像


(雨飾山ズーム)
画像


(金山もズーム)
画像


(当然妙高山もズーム)
画像






しばらく休憩した後、東西に長い頂綾を後にした
いつの間にか日差しが強くなり気温も徐々に上昇
雪面を流れる風が心地いい





画像


画像


画像






雪面は登ってきた時より緩んでいた
ほどよく踵が入る雪は安心
下りはやっぱり早かった





画像


画像


画像


画像






雪を見なくなると途端に暑くなる
僅かに登り返し更に下っていく
あっという間に林道が見えてきた




画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






山菜を採る人、写真を撮る人‥
賑やかな林道をゆっくりと歩いていく
帰りはなぜか長く感じる林道





画像


画像






ブーツを脱いで車に乗り込んだ
走りなれた狭い舗装路を一気に下っていく
開けた窓からは心地いい風が入ってきた









次の山に続く)








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
大渚山行きましたかーっ!去年ほぼ同じ頃に行ってますが、やはり今年は雪が少ない、というかこの暖かさでだいぶ融けてますねぇ。山の印象は登ってみてどうでしたか?あきさんには物足りない山だろうと思ったらもう一座行ってる・・・その行動力、素敵です!(笑)
ところで、問題難しいですー。展望台で「あれ?」と思ったものの自信が全くもてませんでした!もう一つの山も楽しみにしてます♪(自分の方のアップは遅いのにナンですが(笑))
まると
2009/05/21 21:27
すばらしい展望ですね!なんとなくこのあたりかな?とは思いましたが大渚山、残念ながらハズレでした★
雨飾山がすごい迫力、北アルプスも近いですね!こんなすごい景色なのに結構手軽に登れちゃう山なんですね(そんな山好き・笑)。冬の下見かな?
二山目も楽しみです。久しぶりの登山靴も軽快ですね☆
みっちゃん
2009/05/21 22:03
お疲れさまでした!昨年の雨飾山の日記も同時に読みました。
昨年と同じように澄んだ青空の下の登山でしたね。この日は暑くなり、長野県内でも30℃を記録したので、さぞ雪の反射を浴びられたことでしょう。緑と白の山のコントラストが季節の移ろいを感じますね。
春の「ダブルヘッダー」ですね!続編も楽しみにしております(笑)。

ところで長野県警の山岳遭難情報によりますと「5月11日頃から61歳の男性が単独で入山し、1泊2日で雨飾山、金山、天狗原山を縦走し下山予定であったが行方不明」なのだそうです。雪こそ少ないのでしょうが、昨年の雨飾山の記録を読み直して、笹平直下の雪の斜面の怖さをあらためて感じております(汗)。
マー坊
2009/05/21 22:18
まるとさん こんばんは。

やっと行けました(笑。 雪はご覧の通りでしたが、登山靴を履くのが今年初めてだったのでほどよく楽しめました。 何度も足を運ぶ気持ちが少しわかったような。 季節を変えてまた登ることになると思います。 とてもいい印象を持ちました。

あまりに判りやすいのもつまんないし(笑。 予告編は今年も続けますよ(実はボツ画像のリサイクルだったりして‥)。 続きのヒントもこの記事中にありますのでお楽しみに。
あき
2009/05/21 23:42
みっちゃんさん こんばんは。

さすがですねー。 その通り、冬の下見も兼ねてました。 そのつもりで眺めると山の見方が今までとはちょっと変わりますね。 でも冬季のルートはいろいろあるので夏道を辿っただけでは参考程度にしかならないかな。

短時間で登れる山ですが意外に充実した山歩きができますよ。 眺望はご覧の通り一級品です。 個人的には雨飾山山頂よりいい印象を持ちました。 林道周辺では水芭蕉なども見られ、鎌池周辺の散策も気持ち良さそうですね。

次も低山の部類に属する山ですが、シーズン初めの山としては手頃で良い印象を持ちました。 ぜひまたご覧くださいませ。
あき
2009/05/21 23:56
マー坊さま こんばんは。

シーズン初めが晴天に恵まれてよかったです。 春と秋に見られる山のグラデーションは何度眺めてもいいものですね。 朝は気持のいい気候だったのですが、残念ながら次の山では薄曇りとなってしまい蒸し暑かったです。 これからはそんな日が増えるでしょうね。

遭難の件、下山途中に他の方から聞きました。 前日までずっとヘリが捜索を続けていたようです。 昨年5月の雨飾山山行でも怖い思いをしましたが、硬い雪が緩み始めた状況は意外と難しい。 無事を祈るばかりです。
あき
2009/05/22 00:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 大渚山 (後編) 【2009年5月19日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる