米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 乗鞍岳BC (後編) 【2009年5月12日】

<<   作成日時 : 2009/05/13 00:53   >>

トラックバック 0 / コメント 6

滑り出してみると意外に滑りやすい雪質だった





何度かターンを続けるとあっという間に肩の小屋に到着
小屋の風下に向かうと二人組のテレマーカーがシールを貼っていた
登り返していく姿を眺めながら少し休憩した





肩の小屋付近まで降りてしまうと雪質はあまりよくない
中腹のいい斜面までもう一度登り返す事にした
これが今季最後の滑りとなるだろう





画像






自分の描いたシュプールを眺めながら登り返していく
まあまあじゃないか‥なんてちょっと自己満足
調子に乗って動画を撮ってもらったが、後でそれを見てかなり落ち込んだ





画像






二度目の滑降も一瞬の出来事
小屋から下は大きなターンでゆるゆると降りた
肩の小屋口までのほどよい傾斜がとても気持ちいい





画像






ザックの中からコンビニおにぎりを取り出して休憩
肩の小屋口では他のパーティもそれぞれ休憩中
皆が出発した後、ゆっくりとその場を離れた





画像


画像






ほぼ平らな雪面をまっすぐに滑っていくが‥
テレマークでの直滑降は意外と難しい
平らなところで転ぶと妙に悲しくなる





画像


画像






東に進めばツアーコースの入口
ダケカンバの間を縫うように行くとあの急斜面
斜滑降&キックターンでなんとか下まで降りることができた





そしてすぐにコブ斜面
当然のようにデタラメ
だが何度かトライしているうちにちょっとだけコツが判った





コブを周り込むようにラインをとる
姿勢をやや低くして常に次のコブを意識する
‥滑り方はデタラメでも転倒はなくなった





自然なコブ斜面を何度か通過する
気がつくといつの間にか最後の急斜面
ここはスキーを担いで降りることにした





画像






それにしてもツボ足キックステップの安心感といったら‥
これでは何のためにスキーを履いて山へ行っているのか判らない
上手にブッシュを避けながら降りている横滑りのシュプールを横目にゲレンデへ





画像


画像






とにかく疲れた
登り下り共に疲れた
山スキーはやっぱり敷居が高い





来季の課題も盛り沢山
それでも一歩一歩‥
その過程が楽しいのだ





画像






下山後は当然のように「湯けむり館」へ
2年目のシーズンを振り返りながら乳白色の湯にのんびりと浸かった





















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
akiさん、こんにちわ。我々も昨日乗鞍でした。行きだけバスで下山はツアーコースで三本滝着が14時です。
この時期の乗鞍は空いてて最高ですね。ツアーコースは酷い荒れ方でしたが…。
kei
URL
2009/05/13 07:17
keiさん こんばんは。

偶然ですね〜。 私も行きはバスでと思っていたのですが、乗鞍は初めてだったのでツアーコースの様子を見てみたいと思い、登りのリハビリを兼ねて歩くことにしたんです。 乗っていればお会いできたと思うと残念です。 山中でもすれ違いだったと思いますが、お会いしていたとしても気付かなかったでしょう。 GIROの艶消しメット(黒)に初心者マークが貼られていたらそれが私です。 次はぜひ。

ツアーコースは荒れてましたね。 どうにか降りてきましたが自分の未熟さにガッカリでした。 でも何をしたらいいのかがよく判ったのでまた一から頑張ります。 
あき
2009/05/13 23:41
満喫しましたね〜!
急登の所、写真を見る限り私達の時より急に見えますね。今回コブの所も穏やかでなだらかなコースだったし、断然今回の方が難しそう。
>とにかく疲れた
次回再訪の時にはどこを滑るのか、どういう感想になるか今から楽しみ(笑)。
私も肩の小屋まではいつか行きたい・・・。

まると
2009/05/14 22:02
まるとさん こんばんは。

乗鞍は何年か前(マイカー規制になる前)に観光目的で一度だけ訪れたのですが、実質的には今回が初めての入山でした。 どんなところなのか改めて自分の目で見てみたいと思っていました。 無雪期は勿論の事、できれば冬の晴れた日にもぜひまた行きたいです。 条件のいい日は少なそうですが。

もともと高所恐怖症なのであのくらいの斜度に慣れるにはもう少し時間がかかりそうです。 ゲレンデの雪と春山の雪しか滑ったことがないので冬も難しそう。 でもスキーを始めてよかったです。 宿題は多いけどその分楽しみも多いので来季が待ち遠しいです。
あき
2009/05/15 00:26
私も天狗原と乗鞍はまず滑ってみたいって思ってた場所でした♪乗鞍も広々としてて気持ち良さそうな斜面ですね〜。今季はもうムリそうなので来季はぜひ行ってみたいです。詳しいレポがとても参考になりました〜☆

先日の立山で一度足下の雪が崩れてヒヤリとしました。この時季の緩んだ雪は怖いです。あきさんも注意なさってくださいね。
なかなか思うように滑れないのはもどかしいですけどそれもひとつの楽しみだと思うことにして頑張ります☆ご一緒するまでにはうまくなりたいなぁ(←ムリかな・汗)
みっちゃん
2009/05/15 22:33
みっちゃんさん こんばんは。

「〜岳」と名のつく山でスキーをしたのは初めてでした。 やっぱり「〜山」に比べて険しそうな気が(笑。 斜度があると雪の状態についてはやっぱり神経質になりますね。 そのせいか今回は登りも下りもとても疲れました。

山中でお会いする方々と話をしても私のような初心者なんているはずもなく、未だに場違いな感じが拭えません。 余裕をもって楽しむためには高い技術と多くの経験が不可欠だと改めて感じました。

もう少し滑ろうかと思っていたのですが、今季はこれで板納にしようかと。 スキーもチューンナップに出してしまったし‥(実はちょっと後悔してる)。 宿題は多いですが来季も頑張ります。
あき
2009/05/16 00:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 乗鞍岳BC (後編) 【2009年5月12日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる