米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 鳥海山BC 【2009年5月1日】

<<   作成日時 : 2009/05/03 23:05   >>

トラックバック 0 / コメント 2

高速道路を乗り継ぎ北へ向かう




目的地までの所要時間は3時間半
道の駅「鳥海」は静まり返っていた
車を止めてそのまま短い眠りについた





翌朝再び車を走らせた
すぐに鳥海ブルーラインの山形県側入口
時刻はまだ午前6時頃





電光掲示板には「9時開通」と表示されていた
こちらは8時開通じゃないのか‥
ゲート前まで行くと既に数台の車がとまっていた





一旦国道に戻り更に北上した
にかほ市に立ち寄り、再びブルーラインへ
秋田県側は8時に開通する様子





画像






こちらのゲート前にも数台の車が並んでいた
車を止めて身支度をしながら開通を待った
ゲートは8時ちょうどに開けられた






九十九折りの道を走っていくと道路脇の雪が徐々に増えていく
鉾立より先はゲートが設けられ、まだ通行止との表示
駐車場には多くの車があり、すでに前夜から泊まっていた様子





ビジターセンター前駐車場のスペースは無雪期に比べて半分以下
数年前の夏に来た時とはまるで違う印象
ドアを開けると風が強くて驚いた





車は続々と到着する
皆当たり前のように一斉に準備を始める
そして躊躇することなく普通に歩きだしていく





強風でザックに付けたスキーが煽られる
バランスを崩しそうになりながら夏道に沿って登っていく
左手には山頂部分がスッキリと見えるがまだ遥か彼方





画像



画像






石畳の階段を延々と歩いた記憶が蘇ってくる
だがこの時期は雪の上にトレースがあるだけ
所々で夏の風景が脳裏を過ぎる





確か山頂まで5時間程を要したはず
あれはまだ登山を始めて間もない頃だった
あの時と同じくらいのペースで歩ければ‥





右手には真っ白な雪面が緩やかに延びていた
よく見るとシール歩行の人影がポツリポツリ
あの斜面は気持ちよさそうだ





画像


画像






少し立ち止まると後続の方々に抜かれていく
一定のペースを保つがなかなか足が上がらない
半年近くのブランクはやはり大きい





画像






左手後方には秋田県側の海岸線が延びている
春霞で景色はぼんやりとしている
尾根上の道はやがて雪原となり、空は次第に青くなっていく





途中からシール歩行に切り替えた
山スキー、テレマーク、スプリットボード、スノーシュー、ツボ足‥
様々なパーティと前後しながら皆で同じ方向に向かっていく





画像






トレースは途中で二手に分かれていた
小尾根をそのまま進み愛宕坂の付近を登った
やがて御浜小屋のあるピークが近づいていくる





画像






ピークに立つと新山とそれを取り囲む外輪山の姿が目に飛び込んできた
鳥海湖は雪に覆われて真っ白
すぐ近くに御浜小屋の屋根も見える




画像


画像


画像






風は更に強くなった
小屋の風下へ逃げるように向かった
そこでは多くのスキーヤーが休憩していた




10名ほどのパーティーが来たので場所を譲った
寒くてじっとしていられないのでそのまま東へ向かった
股関節になんとなく重い痛みがあった





ここまで無雪期なら2時間弱の行程
それなのに半日歩き続けていたかのような疲労感
プラブーツとセミファットのスキーで山登りなんて大変





冬の間も山を登っていた人々と同じペースでは歩けない
明らかに体力不足だ





緩やかなピークを北側から巻くようにゆっくりと登る
扇子森の小高い丘のような山頂は強烈な風が吹いていた





画像






眼前の風景を眺めながら黒い点のような先行者を目で追いかけた
この先に進めば帰りは必ずどこかで登り返しがある
尾根上の鞍部の風はここより強そうな感じ




画像


画像






千蛇谷を詰めるには時間不足
外輪山へ向かって行けるところまででもいいが‥
吹き続ける強風が気になったので戻ることにした





皆が山頂へ向かう中、滑降の準備をして尾根の風下へ
御浜小屋直下の斜面を回りこむ
ほどよい場所を見つけてシュプールを描いた





雪質は思ったより良く、滑っていてとても気持ちのいい斜面だった
あっという間に愛宕坂下部の雪原に降り立った
もったいないので板を担いでツボ足で登り返した





気がつくと扇子森を登るときに前後していた多くのパーティーも滑っていた
皆あの強風で引き返したのであろう
もしかしたら私がそのきっかけとなったのか





歩いてきたルートよりやや西側にも広いバーンが広がっていた
ここは初心者テレマーカーにとって天国のような場所だった
あまり西側に行き過ぎないよう注意しながら緩やかにターンを繋いだ





上手に降りれば鉾立までスキーで戻れるのは知っていた
でもせっかくの斜面を滑らないともったいない
道路を歩くことは承知でいい斜面を選びながら滑った





鉾立の駐車場より更に南側の駐車スペース近くに到着
道路に降りるのが一苦労だった
駐車場まで歩いて5分とかからない場所だった





鉾立の駐車場は観光客で賑わっていた
朝とは違う雰囲気にちょっと戸惑ったがいつもの事
いつの間にか風の弱まった駐車場で板にワックスを塗った





鳥海湖周辺は気持ちよさそうないい斜面が多かった
降りてしまえばまた登りたくなるが今日はもう足が上がらない
無理はせず、また来年来ればいい





さて、ブルーラインをどちら側に降りるかが悩ましい
更に北へ向かう予定だったが体力的に厳しい様子
ここに留まるのも悪くはないが‥





迷った末に山形県側へ降りる事にした













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年の鳥海は雪が多い様ですね〜。
6年続いたGWの鳥海も今年はお休みしました。
ブルーラインの開門時間は年々遅くなって行く様ですね〜。
やまとそば
2009/05/09 19:29
やまとそば様 こんばんは。

まだ二年目なのでよくわからないのですが、積雪は昨年よりちょっと多いように感じました。 今年も同じエリアに行かれるのではと思っていましたが、ずいぶん遠いところへ行かれたんですね〜。 私は休日が少なかったので羨ましいです。

ブルーラインの開通時間はちょっと遅いように思います。 祓川と違って観光目的の車も通行するためでしょうか‥。 今回は朝から強風だったので開通が早かったとしてもすぐには登れないカンジでしたが。 でもあの斜面は最高でしたね〜。 
あき
2009/05/09 23:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 鳥海山BC 【2009年5月1日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる