米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★黒姫山 ‥(前編) 【2008年10月21日】

<<   作成日時 : 2008/10/23 23:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

朝7時 気温は1℃ 登山口





画像


画像




爽やかな青空の下、準備を整えて樹林帯の中へ入っていく
足元に笹が生い茂る緩やかな道をのんびりと歩いていく
すぐに分岐に差し掛かり、種池へ向かう道を右に分ける



画像


画像


画像




30分ほど歩くと視界が開ける
黒姫山を湖面に映す古池周辺はとても雰囲気がいい



画像


画像


画像


画像


画像


画像




秋の風情が漂う静かな湖畔に木道の音だけが響く
再び樹林帯に入ると緩やかな登りとなり、鮮やかな色を見るようになる



画像


画像


画像


画像


画像


画像




小沢を渡ると道は次第に傾斜を増していく
心地いいブナ林の中を縫うように登っていく



画像


画像


画像


画像




歩き始めてから1時間半ほどで分岐地点に到着
西登山道は大ダルミを経由して火口原へ至る
西新道は外輪山を経由して直接山頂へ向かう



画像


画像


画像




小休憩の後、新道へ向かう
尾根上の道は次第に急坂となる
背後の景色が徐々に広がっていく



画像


画像


画像


(一番高いピークが高妻山、左手は五地蔵岳)
画像


画像


画像


画像


画像




しなの木を過ぎる頃、急に雲が湧き始めた
見上げる外輪山方面もガスに覆われている



画像


(五地蔵岳と戸隠山の間に西岳)
画像




朝露に濡れた笹でズボンを濡らしながら登っていく
針葉樹の森に入るとやがて外輪山の尾根上を歩くようになる
左手の木々の間から小黒姫山(御巣鷹山)が姿を見せる



画像


画像




背の低い樹林帯をしばらく登ると視界が開けた場所に出る
しらたま平と呼ばれるその場所にザックを降ろして休憩



画像




西側の景色は霞んでいたが素晴らしい眺め
残念ながら東側は既に真っ白
野尻湖や飯綱山の姿はなかった



(御巣鷹山(小黒姫山)の肩に火打山)
画像


(‥その左に焼山、金山、天狗原山)
画像


(火打山、焼山)
画像


(金山〜天狗原山、雨飾山)
画像


画像


(戸隠牧場はすぐに見えなくなった)
画像


(‥閉店)
画像


(霞んでいく古池を遠望)
画像


(戸隠連峰も時間の問題‥端に見えているのは乙妻山)
画像




緩やかに続く外輪山の稜線を歩いていく
景色がいいはずの道でガスられるのは本当に残念
鞍部で火口原への分岐を見送ると山頂が近い



画像


画像


画像


画像


画像


(黒姫山の山頂は外輪山の稜線上にある)
画像


画像


(天狗原山〜金山、焼山、火打山は小黒姫山の右側に移る)
画像


画像


画像




笹原の中の岩場を登るとすぐに黒姫山(2053b)山頂
火口丘である小黒姫山(2046b)より僅かに高い



画像




ガスに覆われていて山頂からの景色は真っ白
小泉登山道からのパーティーが次々と到着する
しばらく休憩した後、賑やかな山頂を後にした



画像








(続く)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★黒姫山 ‥(前編) 【2008年10月21日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる