米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆守門岳‥(1) 【2008年10月14日】

<<   作成日時 : 2008/10/15 00:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日付はすでに変わっていた





国道を走り見慣れた市街地を抜けていく
次第に対向車が少なくなり、やがて山道となる





辿り着いた駐車場に車の姿は無い
月明かりが眩しい車中で少し眠った





目を覚まして準備をしていても誰も来ない様子
一人静かに歩き出した





画像


画像




背の高いススキが道を覆っている
ここを歩く人は少ないのか



画像




やや荒れ気味の道をしばらく行くと山腹をジグザグに登っていく
駐車場から30分ほどで保久礼(ほっきゅうれ)小屋が現れる



画像




周辺はブナ林が広がっていて雰囲気がいい
ここからはよく整備された尾根上の道となる



画像




階段状の道は間隔もほどよく傾斜もほぼ一定
とても歩きやすい



画像


画像


画像


画像




水場を過ぎるとすぐに道は分岐するが、後に再び合流する
キビタキ小屋周辺は野鳥が多いとの事
小屋の内部はやや狭い印象



画像


画像


画像


画像




傾斜が少し緩やかになると展望広場を通過する
そこから更に登ると不動平
天候はイマイチだがなかなかの景色



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




駐車場から2時間ほどで大岳(1432b)山頂に到着
稜線上を僅かに南へ行くと素晴らしい景色が広がっている



画像


画像


画像




ザックを降ろして休憩する
居合わせたのは既に休憩中の単独の方と途中で先行した三人組



画像




朝5時に出発したらしい単独の彼はこれが初めての登山だと言う
遠い雲海に浮かぶ山々を眺めながら静かに感動している様子



画像




「これだけ見れれば充分です」
これからの予定を尋ねる私にそう答えた



画像




足の速い先行の三人組を追いかけるように歩き出す私
振り返っても彼はその場所から動こうとはしなかった



画像




景色がいい稜線上の道を南へ向かう
すぐに滑りやすい急坂を下るようになる



画像


画像


画像


(稜線の右手は越後三山、巻機山、権現堂山など)
画像


(稜線の左手は烏帽子山と雲海に浮かぶ会津の山々)
画像


(その少し後方 川内・下田山塊 やや右最奥は御神楽岳)
画像


画像


(振り返る守門大岳)
画像


(ほぼ中央の三角錐が主峰袴岳 右が青雲岳)
画像


画像


画像




鞍部からの登り返しもかなりの急坂
主稜線は弧を描くように少しずつ東へ向きを変える
左手を振り返ると粟ヶ岳の姿が美しい



画像


画像


画像


画像


画像




傾斜は次第に緩やかになっていく
やがて二口からの道を合わせて青雲岳へと向かう



画像


画像


画像






(続く)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆守門岳‥(1) 【2008年10月14日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる