米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆天狗原山〜金山 ‥(3) 【2008年9月24日】

<<   作成日時 : 2008/09/28 22:50   >>

トラックバック 0 / コメント 12

雲海の上に広がる青空は高い





画像


画像


画像


画像




山頂を離れて来た道を戻っていく
雲が夏のように湧き上がることはない
雲上の楽園は秋の風景



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




再び天狗原山へ登り返していく
山頂直下のなだらかな道で立ち止まって小休憩
広がる景色をもう一度眺めた



画像


画像


画像



(金山と焼山)
画像


(焼山と火打山)
画像


(火打山と妙高山)
画像


(妙高山と黒姫山)
画像


(黒姫山と高妻山)
画像


(高妻山〜北アルプス)
画像


(北アルプスの山々)
画像


(白馬岳)
画像


(白馬鑓ヶ岳、杓子岳)
画像


(唐松岳、不帰キレット)
画像


(鹿島槍ヶ岳、五竜岳)
画像


(中央に蓮華岳、爺ヶ岳)
画像


(常念山脈の奥に槍ヶ岳、穂高連峰)
画像




この場所を過ぎれば後はほぼ樹林帯の中
暑くも寒くもない午後の道
木々の間から再び雨飾山が姿を見せる



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


(振り返る天狗原山)
画像




ガレ場の途中で最後の眺望を楽しんだ
のんびり休憩しているとまた追いつかれる
キレットの話で盛り上がる



(雲海に浮かぶ白馬岳以北の山々 左に大渚山 右手前に雨飾キャンプ場)
画像


(大渚山の麓に鏡池)
画像


画像


画像




青空に背を向けて再び樹林帯に入っていく
こんな晴天の休日も珍しい



画像


画像


画像




美しいブナ林をジグザグに降りていく
やがて前方にアスファルトの道が目に入る



画像


画像


画像


画像


画像




心配していた膝の調子は全く問題が無かった
金山山頂から3時間ほどで登山口に到着
片付けをしていると再びカウベルの音が近づいてくる



画像


画像




「お先に」

お礼を告げて車に乗り込んだ
車窓から眺める後立山連峰の稜線は高い



画像


画像


画像




小谷温泉「雨飾荘」には数台の車
皆雨飾山から下山してきた様子
今日の百名山は賑やかだっただろう



画像




露天風呂に浸かって帰路に着く
次は花咲く季節に‥
里からはほとんど見えないその山へ再訪を誓った










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
今週この周辺に行くつもりなのでグッドタイミングの記事でした。さすがに紅葉にはまだチョット早そうですね。
 ただ土曜日に八ヶ岳から眺めたら紅葉はまだなのに白馬はもう白かったですよ。金曜の夜降ったようです。

 あきさんも歩きたそうですが、雨飾から妙高までって歩いて見たいですね〜。
IK
URL
2008/09/29 07:49
この日は日光白根山も賑やかでした。
 コチラの山は今の時期でも、お花が残っているんですね〜!!。紅葉と花を楽しめるなんて、なかなかこういう良い山はありませんね。十年以上前、10月下旬に同じコースを歩いた事があるはずの私ですが、すっかり記憶が無くなり、新鮮な気持ちで記事を楽しませていただきました。金山ー焼山、いつか、歩きましょうね。
テントミータカ
2008/09/29 21:13
IKさま こんばんは

もう初冠雪の便りを聞く季節なんですね こちらは先週後半から一気に寒くなりました 紅葉のベストな時期はこれからですが、天候との兼ね合いが難しいですね

妙高から雨飾だと最低三日が必要なので一気に歩くのは難しそうです 縦走路中の未踏区間は焼山から笹平までなので、ここだけでもいつか繋げて歩きたいと考えています 個性的な山が揃うこの山域を縦走できたらきっと楽しいでしょうね 
あき
2008/09/29 23:16
テントミータカさま こんばんは

残雪が遅くまで残るので花の見頃が8月中旬〜下旬という山ですが、今年は例年より遅くまで雪が残っていたようです それにしてもこの季節に「お花畑」を見るとは‥ タテヤマリンドウって確か初夏の花ですよねぇ‥

富士見峠までの道は山頂から見る限り刈り払いもされて歩きやすそうな雰囲気でした(望遠写真の右側が裏金山を巻くあたりです) 車の回収など難しい面もありますが、いつかこの稜線を歩いてみたいですね
あき
2008/09/29 23:35
残雪が遅くまで残ると、花が咲く時期も遅くなるようですね。
ハクサンフウロがこの季節に咲いているとは!

このところ、北アルプスに見守られて登れるのがうらやましいです。
樹林から望む雨飾山は迫力があっていいですね!
雨飾山と火打山を登った人なら、その中間にあるこの山が気になるはずですけど、登山口までが大変そうですね。

あきさんが「山と高原地図」18巻の山を制覇するのは、もはや時間の問題ですが、このエリアは登山道が続いているのも魅力です。食事や日程を考えると無理でしょうけど、(地図上では)戸隠にバスで下りれば、戸隠から雨飾までの縦走も可能なことに気付きました。このところ、あきさんの登山記と地図を見ながら「想像する登山」にますます拍車がかかってきたようです(笑)。
マー坊
2008/09/30 21:12
お疲れさまでした。
予告編では「四阿山・根子岳だな」と思っておりました(^^;
天狗原山は途中までしか登っていないので、
来年には登りたいです。

中越の山や
2008/09/30 22:41
マー坊さま こんばんは

今月は経費削減で近場の山が多くなってしまいました 金山は当初8月下旬頃に予定していたのですが、天候があまりよくなかったので結局この時期になったんです でもお花畑がまだ残っているなんて思いもしませんでした こんな事もあるんですね

車なら小谷温泉から登山口までは僅かな距離です でも歩くと結構遠いので雨飾山周回は諦めてピストンにしました これでこの山域における未踏の区間は三峡パーク〜海谷山塊〜シゲクラ尾根〜金山〜焼山と笹倉温泉〜富士見峠〜杉野沢橋、それに大網登山口からの雨飾山と妙高山周辺の僅かな区間(赤倉登山道、神奈山の前後)だけとなりました 赤倉登山道を除けば厳しそうな道ばかりですが、いずれ計画したいと思っています
あき
2008/10/01 00:34
中越の山や様 こんばんは

四阿山〜根子岳‥懐かしいですね〜 初冬の季節に一度登ったきりですが、この冬はぜひ根子岳(BC)にチャレンジしたいと考えています 雪の季節ももうすぐですね

天狗原山、金山共にいい山でした 次は季節を変えて行きたいと思っています 妙高山塊及び海谷山塊には個性的な山が揃っているので楽しいです 私もまた登る事になるでしょう
あき
2008/10/01 00:48
「米山の麓@Maru」です。

天狗原山〜金山、本編も興味深く拝見し、いつものように素晴らしい写真と、情緒ある文章に感銘しております。

私が天狗原山〜金山を登ったのは昨年の8月お盆過ぎになります。
昨年は降雪量が少なかったので、すでに残雪は無く少し残念な思いがしましたが、妙高山裏側に広がる大パノラマは今でも脳裏に焼き付き、再び訪れてみたい山のひとつになりました。

糸魚川三峡パーク〜頚城駒ケ岳〜鬼面山は一昨年の11月に縦走しました。低山の部類に入りますが、ラフで面白い山でした。
雨飾山も含めて海谷山塊は魅力的な山が多いですね。
米山の麓@Maru
2008/10/01 11:53
米山の麓@Maruさま こんばんは

私もお盆過ぎに登ろうかと考えていたのですが、今年はちょっと天気が悪かったですね 次に登る時は神ノ田圃に広がるお花畑をぜひ見てみたいです

稜線からの大パノラマは素晴らしかったですね〜 焼山の迫力ある姿と雲海に浮かぶ北アルプスの稜線が特に印象的でした この付近は天候に恵まれると楽しいですね 駒ヶ岳、鬼ヶ面山もいずれチャレンジしたいです

まさに地元の方だったんですね 一般的には説明不足と思われる私の文章もご理解いただける部分が多いのではないでしょうか(笑 今週は多忙の為に山はお休みですが、来週の記事もぜひご覧くださいませ
あき
2008/10/01 23:44
こんにちは♪
雨飾山と火打山の間にあるこの山は確かに気になる山だったんですが、こんなにステキなところだったんですね〜。この時季まで咲いているお花にもビックリですけどこの素晴らしい展望・・焼山が綺麗で迫力があってどこか可愛くて、なんともいえない山容です。後立山はどちら側から見てもやっぱり後立山なんですね(笑 

紅葉はこれからのようですね。今年もまた紅葉を見におじゃましようかなぁと思ってます。上越方面にはこの山以外にも個性的な素晴らしい山がほんとに多いですね。

お天気も良くて日を改めて正解でしたね。金山・天狗原山、とても良い山だと思いました。私もぜひ登ってみたいです☆
みっちゃん
2008/10/04 16:16
みっちゃんさま こんばんは

なかなか良い山でした 私も季節を変えてまた登りたいと思います 今頃は更に鮮やかな色になっていることでしょう ちょっと慎重に行かないといけない箇所もありますが、山に慣れている方なら問題ないと思います 機会があったらぜひこちらへも登ってみてくださいね

画像ではうまく伝わらないかもしれませんが、展望はとても素晴らしかったです 白馬三山から後立山連峰の景色は他の山からも何度か眺めていますが、それぞれの山の位置が微妙に変わるのが楽しいです(当然と言えば当然ですが) 最近は反対側からの景色を眺める機会があまりないので、そろそろ鱒寿司を食べに行こうかな(笑

今年はどちらでしょうか? 焼山もぜひ!
あき
2008/10/05 23:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆天狗原山〜金山 ‥(3) 【2008年9月24日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる