米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★苗場山 【2008年9月23日】

<<   作成日時 : 2008/09/25 23:06   >>

トラックバック 0 / コメント 10

登りきってT字路を左折
その先は砂利道になっているはず‥





深夜のドライブで最後に走るのはいつも細い林道
何度か通っているこの道ならあまり不安がない
駐車場へ至る道はいつの間にか舗装されていた





最後にここへ来たのはいつだったろうか‥
見覚えのある広い駐車場には先着の車が数台
ウインドウを開けると夜風が冷たい





目覚ましの電子音が夜の終わりを告げる
準備をしていると車が次々に到着する
薄曇の空を見上げながら歩き出した





画像



道はすぐに尾根上を行くが樹林帯なので視界はあまり広がらない
木の根が張り巡らされて少し歩きにくい登山道がなんだか懐かしい
ゆっくり登っていくと秋の雰囲気が次第に色濃くなっていく



画像

画像

画像



泥濘が多く湿った道も今日は虫がいないので快適
毎回足を滑らせる丸木の道には滑り止めが付けられていた



画像

画像

画像



五合目を過ぎると少しずつ空が広がっていく
道は向かう方角を少し変えて山腹をトラバースしていく
やがて急坂となり周囲の景色が広がってくる



画像

画像



振り返るピークは猿面峰
その尾根を歩く大赤沢新道は宿題のまま



画像

画像

画像

画像



急坂を登りきって振り返ると猿面峰の奥に日蔭山
右手に続く高い山は霧ノ塔
小松原コースは憧れの道



画像


画像




歩き始めてから二時間ほどで笹原の台地に出る
木道に立ち周囲を見渡せば気分がいい
広がる草原はもう秋の色



画像


画像


画像




色づき始めている坪場のピークを背に木道を歩いていく
初めて眺める遠望につい足が止まる



画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像



時々後を振り返りながらのんびりと歩いていく
遠くに北アルプスの山々が並んでいる
ここから眺める事が出来るなんて知らなかった



画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像



一旦樹林帯に入りしばらく岩を伝っていく
やがて再び広大な湿原の風景が広がる



画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像



池塘が点在している定番の風景だが実際に眺めるとやっぱり素晴らしい
青空を映してくれたら最高だが、この季節は雨にあたらないだけでも充分



画像



山頂が近づくと右前方に東側の山々も見えてくる
雲に浮かぶ谷川連峰の奥にも山々が連なっている
あの付近はよく判らないな‥



画像

画像

画像



樹林に囲まれて展望のない山頂へ立寄る
苗場山自然体験交流センターのベンチで休憩
(ずいぶん長い正式名称だな‥)
急に寒さを感じてウェアを一枚重ねた



画像

画像

画像

画像



少し早めの食事を終えて歩いて来た道を戻っていく
今日はあまり時間が無い



画像

画像

画像

画像

画像

画像



次第に雲が増えてくる
すれ違う人々も増えてくる
そういえば今日は祝日だった



画像

画像



次第に霞んでいく山頂台地を後にする
少し薄暗くなっていく風景
紅葉の色だけが鮮やかに浮かび上がっていた



画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像



下山後はいつもの楽養館へ
湯上りに食べたきのこそばが美味しかった





まだ少し早いかと思っていたが‥
苗場山の山頂湿原はいい色だった









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり草紅葉はもうきれいになっていますね。苗場山は2度登っていますが、いずれも夏の時期に神楽スキー場からで、秋山郷側からはまだありません。
 秋山郷から登って小松原湿原に下るコースは、ぜひ歩いて見たいコースで、来年は行きたいなぁ、と思っています。

 今週はここもあきさんの地元? T池の紅葉と一昨年解禁になったY山に行こうと思っています。
IK
URL
2008/09/29 07:35
IKさま こんばんは

私のところからだとコチラの方が近いのでいつもこのコースになってしまいます 大赤沢新道と小松原コース(の一部)は共に未踏なのでいつか歩きたいと思っています 近場だといつでも行ける気がしてつい後回しになってしまうのですが‥

T池もそろそろいい季節になっていることでしょう T池からY山までは迷う事無く行けると思いますが往復で8〜9時間が必要です その場合は影H山への登り返しがかなりキツいので頑張ってください S橋への道を歩く場合はまだ迷いやすいようなのでお気をつけて 私も別ルートからの再訪を考えています
あき
2008/09/29 22:55
苗場山は小赤沢から6年前に一度だけ登りましたが、その時は(初の)雨の中の登山でした。
晴れていれば、アルプスまで見えるものなのですね!
草紅葉もきれいです。

池塘や高山植物に注目すると、私は火打山の高谷池と比較したくなりますが、苗場山の方が所要時間も短く、なだらかで木道の幅も広くて歩きやすそうです。仮に年配の方を連れて行くなら、苗場山が選ばれそうですね(登山口までの道路運転事情を無視すれば)。

東の未知の山々が見えてくると、あきさんは「次はアチラの山に登ってみようか」と既に翌年の目標を立てられていそうですね。
マー坊
2008/09/30 21:10
マー坊さま こんばんは

ここから北アルプスを望めるとは知りませんでした 草原と池塘の風景が注目される山ですが、遠くの景色も意外とよく見渡せる事に驚きました 私にとっては近場で手頃な山なんですが、新しい魅力を見つけたようでちょっと嬉しくなりました

似たような風景を見ることができる場所は他にもありますが、ここの湿原は規模が大きく見応えがありますね 高谷池とは違った良さがあると思います でもカメラを持って登るなら私はやっぱり火打山かな‥

当地新潟からだと「あの付近」が遠いんですよね〜 いつか機会があれば遠征したいと思っています
あき
2008/10/01 00:03
こんにちは。ご訪問ありがとうございました。
同じ日だったんですね。しかも苗場山頂、展望あるし^^
でもこのレポを見る限りでは、鎖場はゴンには無理だったし、水場で
あきらめてよかったのかもしれません。

写真がどれもキレイですね。写真だけ見て行った気分にさせて
いただきました。ありがとうございました。
遊び人の金
URL
2008/10/02 11:13
遊び人の金さま こんばんは

こちらへもお越し頂きありがとうございました 朝は青空も覗いていたのですが山頂は曇り空だったのでちょっと残念でした それでも結構遠くまで見渡すことができたので満足しています 写真をお褒め頂きありがとうございます
 
カレンダーの数字が赤い日に山へ行くのは久しぶりだったのですが、思っていたより人が少なくて拍子抜けしちゃいました 無いものねだりになりますが、たまには賑わう山もいいかな‥なんて思ったりします 無雪期の祓川コースもいつか歩いてみたいですね
あき
2008/10/02 23:55
あきさんのブログみて同じコース参考にさせてもらい昨日、行って来ました。燃えるような紅、明るい黄色、とっても素晴らしかったです。ありがとうございました。

まきまき
2008/10/06 15:13
まきまきさま こんばんは

今頃は華やかな景色が広がっていた事でしょう お天気はどうだったのでしょうか‥ おつかれさまでした

私も今日は別の山で秋の景色を見てきました 曇り空でちょっと残念でしたが、秋らしい鮮やかな風景を堪能することができました 近日中にアップしますのでぜひまたご覧くださいませ
あき
2008/10/07 23:20
こんばんは。
素敵な景色ですね〜
あきさんのレポートを見せていただくと、いつも行きたいなぁ〜と思うのですが、何せ、我が家からは遠いのです 
でも、先日、白馬乗鞍岳から見えた山々も、あきさんのブログでも教えていただいてた山だっただけに、身近に感じてきました。
苗場山・・志賀高原に行く時に見える山ですよね。
いつか・・・行ってこんな景色見てみたい!!です。

つれづれ
2008/10/30 22:58
つれづれさま こんばんは

そちらからだとちょっと遠いかもしれませんね 湿原と池塘が散在する広大な山頂台地の景観は独特で一見の価値があると思います ルートはいくつかありますが最短距離で登れる小赤沢からのコースがお勧めです いつか機会があればぜひお越しください 周辺は温泉が豊富でドライブも楽しいところです ちなみに登山口のある小赤沢から雑魚川林道(秋山林道)を走っていくと奥志賀高原のスキー場銀座に抜ける事ができます(冬期は通行止) 秋のシーズンは混雑しますがこの林道沿いから眺める紅葉もオススメです

私も遠い山へはなかなか行けませんが、地元周辺にも未踏の山々が数多く残っています 個性豊かで四季折々の変化に富んだ地元周辺の山々も時間をかけて楽しみたいと考えています

白馬乗鞍岳は機会があれば冬のスキーツアーで行ってみたいと思っています 今季もしばらくはスキー場へ通う事になると思いますが‥それもまた楽しみです
あき
2008/10/31 01:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★苗場山 【2008年9月23日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる