米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★岩菅山 【2008年9月2日】

<<   作成日時 : 2008/09/03 22:09   >>

トラックバック 0 / コメント 13

定刻通りにバスは来た





ステップを登り整理券を受取る
車内を見渡すと乗客は僅かに数名
バスは交通量の少ない道を再び走り出した





山に登るようになってからバスに乗る機会が増えたな‥
そう思いつつ車窓の風景を眺めていたら、すぐに目的の停留所へ到着した
料金を支払ってバスを降りると頭上には真っ青な空が広がっていた








画像





志賀高原の最高峰‥岩菅山は今回が三度目の挑戦
初回は悪天候で予定を変更して別の山へ向かった
二度目も予想外の悪天候で駐車場敗退している



周囲を見渡すと重そうな雲が遠方の山々を隠している
この山域では雲がない風景を見たことが無い
風上に広がる厚い雲がこの付近を覆うのも時間の問題だろう



それでも片道のチケットを購入してゴンドラに乗る私
あっという間に低くなる景色は少し霞んで見えた





画像



標高1970bの山頂駅‥そこはまさに「山頂(東館山の南側ピーク)」だった
高山植物園を通りぬけ、標識に従って登山道へ向かう
久しぶりに担ぐ日帰りザックの重さが心地いい



画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像



武右衛門池を過ぎ、少し広い道を緩やかに登っていく
周囲の視界が広がると寺小屋スキー場のゲレンデ内を登るようになる
吹き抜ける涼風も心地いい



画像



残念ながら道はガスの中へ向かって延びていた
稜線からの眺望も期待はできない様子
しかしここまで来て戻る気にはなれない



画像

画像

画像

画像



青空に背を向けて緩やかに登っていく
リフト降り場近くの標柱から本格的な登山道になる



画像

画像

画像

画像



昨夜は雨が降ったのだろう
階段状の登山道は泥濘が多い
30分ほどで三角点のある寺小屋峰(2125b)を通過した



画像

画像



少し下ると金山沢の頭
赤石山への分岐を見送り尾根上の道を行く
体感温度は涼しいと言うより寒いと言った方がいいくらい



画像

画像

画像

画像

画像



右側は切り立った崖
左側は比較的緩やかな斜面
道は僅かなアップダウンを繰り返しながら山頂へ続いている



画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像



歩き始めてから2時間ほどでノッキリに到着
ここでアライタ沢からの道を合わせる
濡れたベンチに腰掛けてしばらく休憩



画像



再び歩き出すと視界が広がりガレの急登になる
天気がよければどれほどの景色が広がっているのだろうか
濃いガスは登山道の行方まで隠していた



画像

画像

画像

画像



歩きにくい急坂を慎重に登っていく
風は次第に強くなっていく
分岐から30分ほどで緩やかな広い場所に出た



画像

画像

画像



岩菅山山頂(2295b)には一等三角点がある
展望は抜群との事だが、この天候では仕方ない
風を避けるように岩に腰掛けてのんびり食事休憩



画像

画像

画像



時折薄日が差す山頂は思っていたより寒くはなかった
山頂に到着した方々は皆すぐに来た道を帰っていく
30分ほど滞在の後、私も山頂を後にした



画像

画像



ノッキリまで戻り、分岐を右へ辿る
樹林帯の平凡な道を下っていくと次第に沢音が近づいてくる
道はやがて階段状になり、山頂から一時間ほどでアライタ沢出合に到着



画像

画像

画像

画像

画像



沢を流れる涼風がとても心地いい
美しい水辺の景色を眺めつつしばらく休憩
今日は時間に余裕がある



画像

画像

画像

画像

画像

画像



道はほぼ平坦になり上条用水路に沿って続いている
「底清水」の水はまろやかな味でとても美味しかった
途中で旧奥志賀林道への道を右に分けて更に先へ



画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像



車のデポ地点、一ノ瀬は真夏のような暑さ
しかし周囲に見える山々はどれも雲の中
今日はどこへ登っても同じような天候だったのだろう



画像

画像



山で過ごした時間は6時間ほど
強い日差しの中、着替えて車を走らせた
またいつか登る機会があるだろう











その後、再び歩いて地獄谷温泉へ
ここは私好みで気に入った



画像

画像

画像

画像

画像






この日は場所によっては酷暑日だったとの事
残暑厳しい下界で稜線上の冷たい風を懐かしく思い出した















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
東館山や寺子屋、高天原、懐かしい名前ばかりです。
冬しか知らない景色の夏景色を見せていただきましたが、夏はこんな景色だったのですね。
なんとなく、面影がありますって、当たり前ですが。(笑い)
それに花も多いのですね。
どれも静けさが伝わってくる写真ばかりですが、この日の登山者は少なかったのでしょうか。
岩菅山は我が家でも気になっている山ですが、今回のお天気は残念でしたね。どんな景色が広がっているのか、又のトライを楽しみにしてます。
つれづれ
2008/09/04 18:20
あきさん,初めまして。

とても素晴らしい写真や文章をずっとROMしておりました,りきまると申します。

実は,8月の17日に岩菅山に登ったのですが,そのとき建っていた避難小屋が,あきさんのレポの写真には土台しか残っていなかったのでびっくりしました。

志賀高原の観光サイトを見たところ,

〜お知らせ〜
岩菅山山頂避難小屋は修繕工事の為、8月20日(水)〜9月19日(金)の間はご利用いただけません。

ということで,立て替えでしょうか?とても良い場所にあるので,泊まってみたいなあと思っておりました。

ちなみに,私が登ったときも,ガスガスで展望ゼロだったので,必ずもう一度,天気の良いときに再訪したいと思っております。

これからも,素敵な写真や詩的な文章を,楽しみにしております。
りきまる
URL
2008/09/04 21:39
つれづれさん こんばんは

何度も観光で訪れている志賀高原ですが、スキーをしていなかった私にとって冬は敷居が高いエリアでした 意外に近いんですけどね(笑  あちこちの斜面を眺めながらこの冬こそ「本場」で滑ってみたいと思いました

 手軽に登れて花も多く、周辺の観光スポットにも恵まれたいい山だと思います 天気がよければ上信越の山々を一望できるとの事、ぜひ再訪したいと思っています

ご覧のような天候だったので誰もいないかなと思っていたのですが、山中で5〜6組の登山者とお会いしました 発哺温泉から往復される方が多かったです 時間に余裕があれば志賀山、大沼池と辿るコースも歩いてみたいですね
あき
2008/09/04 23:56
りきまる様 こんばんは

地図上では避難小屋があるはずなのになぜ?と思っていました やっぱりそんな事情だったんですね いつかここに泊まって切明温泉までの道を歩いてみたいです 交通の便が悪いので、佐武流山〜白砂山〜野反湖〜赤石山〜岩菅山〜切明温泉と周る方がいいかな(夢のような話ですが‥)

なぜかこのエリアでは天候に恵まれません そんなに遠い場所ではないのでまたいつかリベンジします この付近はあんまり歩いてないので地図を眺めるだけでも楽しいですね いつもご覧頂きありがとうございます
あき
2008/09/05 00:11
こんばんわ。
岩菅山は長野オリンピックのダウンヒルのコースになるかと思ったら環境保護でダメになった・・というまだ記憶も新しいです。。
反対側の焼額山から見るとかなりいいコースが出来そうだったんですがね〜・・。山スキーには木が多過ぎて不向きなようです。
夏の眺望のいい時に一度登ってみたいとこです。今回はちょっと残念でしたね。。
お気楽
2008/09/06 01:35
お気楽さま こんばんは

しばらく歩いてなかったのでそれなりに楽しかったです 天気はちょっと残念でしたが‥ またリベンジです

この付近のスキー場には全く縁がなかった私ですが来季は行ってみようかなと思っています そんな事情があった事は知りませんでした 巻機山にも似たような話があったようですね 初心者スキーヤーの私にとってスキー場は必要不可欠な存在となりましたが、あまりに人の手が入った様子を目にするとやっぱりちょっと寂しく感じます ほどほどがいいんでしょうね
あき
2008/09/06 23:45
岩菅山は、以前頂上付近の稜線上で雷雨にあって
転がるように樹林帯まで駆け下りた
思い出の深い場所です(w

お気楽さんのお話存じています。
スキーで焼額山のゴンドラから岩菅山を見るたびに
「手が入らなくて本当に良かった」と思います。
スキー愛好者のくせに言うのも何ですがですが(^^;
夏場のスキー場を見ると伐採された山に心痛みます。

志賀の雪質はサラッサラで極上ですよーー♪
本州で一番好きなスキー場です。
スキー場の規模の広さと雪質は本州1だと思います。
是非!
のんすけ
URL
2008/09/07 03:30
こんばんは。
岩菅山は2年前に登って以来です。
私も、避難小屋が土台を残して、きれいに姿を消していたのには驚きましたが、新装オープンが楽しみですね。
底清水の看板に「文字」が書かれていますが、2年前は「真っ白」だった記憶があります。

毎回「裏岩菅まで行こう」と思ってますが、未だ岩菅山のみに甘んじております(汗)。
たしかに縦走路の地図を見てると、想像力がどんどん湧いてきますね♪
マイカーだと、お迎え部隊がいないと実現は難しいと思いますが、それでも楽しいんですよね。

そういえば、切明温泉の向こうの苗場山が放送されていました。
http://www.nhk.or.jp/sawayaka/contents/program/2008/9/20080907_naebayama.html
花咲く苗場山は、来年の楽しみにしたいと思います。
マー坊
2008/09/07 20:35
大変失礼しました。
URLが途中で切れてしまいましたm(_ _)m

http://www.nhk.or.jp/sawayaka/contents/program/2008/9/20080907_naebayama.html

「0907_naebayama.html」が抜け落ちていましたね。
NHK「さわやか自然百景」でした。
マー坊
2008/09/07 20:42
のんすけさん こんばんは

近くて遠い山だったのですが、やっと登ることができました それにしても天候が悪い山ですねぇ‥ 山頂付近は逃げ場がないので雷雨では大変だった事と思います

以前はスキー場がある場所を避けていたのですが、自分でスキーをやるようになってからはちょっと考え方が変わりました あまりに大規模な開発は考え物ですが‥ 現代社会で人が自然と関わりを持つ為にはある程度の事は必要だと思います 程度の問題なんですよね

志賀高原のスキー場は上手い人しかいないような印象を持っています(行った事は無いけど勝手なイメージ) もう少し上達したら行ってみようかと考えていますが‥行く途中にもたくさんのスキー場があるのでなかなか辿り着けないかもです(笑  雪のシーズンが楽しみですね
あき
2008/09/07 23:49
マー坊さま こんばんは

もちろん天候が良ければ裏岩菅山まで行くつもりでした わりと近いエリアなのでまたリベンジします 次こそ晴れて欲しいです

切明温泉までの道も歩いてみたいです 奥志賀林道周辺は馴染みの場所なんですがあまり歩いてないんですよね‥ やっぱり周回しかないな(笑

苗場山はしばらくご無沙汰してますが、花の季節はなかなかいいですよ あまりに近いので「歳をとっても行ける山」リストに入ってしまい、いつも後回しになっていますが‥ もうすぐ草紅葉に染まる季節になるので久しぶりに行ってみようかな

テレビはニュースと篤姫しか見ない私です(笑  今後はご紹介の番組も見るようにしようかな
あき
2008/09/08 00:18
久し振りに訪問させて頂きました。ななんと岩菅山。私も9月の頭にここに登ろうか検討に入れてたんですよ〜結局どこも登れなかったけど…
笹に覆われた緑の山肌は雲に隠れてしまったようですが、そんな心を癒してくれそうなお花の数々が優しい表情で撮れてますね。あれも、あぁ、あれも9月にまだ咲いてるんだ…なんて思いながら眺めました。うわー山登りたいよー(一ヶ月以上登ってないっす)
プカプカ
URL
2008/09/09 00:14
プカプカさん こんばんは

しばらく天気の悪い日が続きましたね あまり間が開くと歩けなくなりそうだったので、この日はちょっと無理をしました ガスに囲まれるのは間違いないと思っていましたが、久しぶりの山歩きだったので‥

季節の風景の中で高山植物は不可欠ですね 花にはあまり興味がなかった私ですが、最近はいろいろと調べるようになりました でも同定するのは難しいです

今日は久しぶりの青空を楽しんできました 山はもう秋の装いを始めているようです これからまた忙しい季節になりますね
あき
2008/09/10 21:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★岩菅山 【2008年9月2日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる