米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★憧れの鋭峰へ‥ 槍ヶ岳(7) 【2008年8月13日】

<<   作成日時 : 2008/08/15 21:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

迷いはなかった





画像




縦走路を更に南へ向かう
大キレットを越えて‥北穂高岳へ



画像


画像




浮石が多く滑りやすい急坂を一歩一歩慎重に下っていく
すぐに岩場の急降下となり、後ろを向いての三点支持が続く
途中で振り返って見上げるが、どこをどう降りてきたのかよくわからない



画像


画像


画像


画像




長い梯子を二本下ると南岳南壁の基部に立つ
ここまで高低差180bの厳しい降下
見上げれば獅子鼻が高く聳え立っている



画像




長谷川ピークまでは比較的なだらかな道が続く
右手に笠ヶ岳を眺めながら静かに歩いていった



画像


画像




何度も振り返って南岳を見上げる
もう戻る気にはなれない
先行者を追うように稜線上の道を更に南へ向かう



画像


画像


画像




同じように南下している二組を抜いて先行する
途中飛騨側のトラバースを交えて長谷川ピークへ登っていく
所々ルートが判りにくい箇所もあるが落ち着いて見極めればOK



画像


画像




「Hピーク」と書かれた岩があるはずだが‥
見落としてしまった様子
気がついたらそれらしきナイフエッジの上にいた



画像




大キレットの通過は長谷川ピークから先が核心部
エッジの上で信州側から飛騨側へと越えて若干降下する箇所が難しい
慎重に足場を探しながら試みるが‥



少し苦戦しているところへ後続の二組が追いついた
一組は関西から来られたというミレーザックの二人組
もう一組は昨夜テントが隣だった関東からの若い二人



ミレーザックの男性がエッジ上で先行して足場を指示してくれた
しかしその方は下降すべき箇所を少し外れてしまう
慌てて声をかけた



飛騨側へ下降する所は一箇所だけ足場が見えない
その方はその場所から私の足場を見ていてくれた
私が無事に越えると後続の人々も同じように続いた



画像




振り返る長谷川ピーク
居合わせた方々の協力がなければ越えられなかったかもしれない



再び稜線上を辿り岩稜帯を慎重に下っていくとA沢のコル
大キレットの途中で他に休憩できる場所はあまりない
示し合わせたように皆でザックを降ろして休憩した



画像


画像




再びザックを担ぎ、信州側の壁のような斜面を三点支持で登っていく
落石に注意しながら岩棚に沿って慎重に登りきると稜角を越えて飛騨側に出る
そこで先行の方がすれ違いによる待機を告げた



おそらくこの付近が「飛騨泣き」なのであろう
北上する方々を交わして岩棚を慎重にトラバースしていく
そこには写真で見慣れた大岩があった



画像




鎖とステップを頼りに大岩を攀じ登っていく
確かに高度感はあるがそれほど厳しい箇所とは思わなかった
この付近は岩が安定していてルートも明瞭
不安定な足場を登るここまでの区間の方が厳しかった



画像




滝谷の展望台付近まで来れば厳しい箇所はもうあまり無い
(といっても一般的な岩場より厳しいです)
ふと気がつけば南岳の奥に槍の穂先が姿を見せていた
最後はスラブ帯の急坂を一気に登りつめるだけ



画像


画像


画像


画像




ひたすら続く急坂を先行者を追うように夢中で登っていく
鎖、梯子、岩‥休む間もなく次々とこなしていく
ペースはなかなか上がらないが息はすぐ上がる
頭上を見上げると少しずつ小屋が近づいてくる



画像




時刻は9:20
大キレットを越えて北穂高小屋に無事到着
ほぼCT通りの到着だった



画像




大キレットを無事に通過できたのは一緒に歩いていた方々のお陰
精神的にどれだけ助けになったかわからない



既に到着していた先行のお二人に真っ先にお礼を告げる
後続の二人もすぐに到着し、皆で無事通過を喜んだ



画像




大キレットは不帰ノ嶮、八峰キレットより厳しかった
槍の穂先へ登るのよりずっと難しかった
あの時私を制止した方にも感謝しなくては



画像




小屋のすぐ上にある広い場所が北穂高岳(北峰)山頂
多くの方々が眺望を楽しんでいた
人ごみを避けるようにそのまま縦走路を南へ向かった



画像


画像











(更に続く)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★憧れの鋭峰へ‥ 槍ヶ岳(7) 【2008年8月13日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる