米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★憧れの鋭峰へ‥ 槍ヶ岳(4) 【2008年8月12日】

<<   作成日時 : 2008/08/15 21:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

槍ヶ岳の姿を初めて見たのは燕岳へ登った時だった



あれから何度声に出しただろう
「あっ、槍だ」
きっと私だけではないはずだ‥





(06年6月 燕岳稜線より)
画像


(06年6月 常念岳へ向かう主稜線より)
画像


(06年8月 三俣山荘前より)
画像


(06年8月 鷲羽岳へ登る途中より)
画像


(06年8月 水晶岳から主稜線へ向かう途中より)
画像


(06年8月 祖父岳へ向かう途中より)
画像


(06年9月 笠ヶ岳へ登る笠新道より)
画像


(06年11月 八ヶ岳行者小屋前より)
画像


(06年11月 四阿山へ登る途中より)
画像


(07年8月 剱岳山頂より 富士ノ折立の上に穂先)
画像


(07年8月 五竜岳頂上より)
画像


(07年8月 鹿島槍ヶ岳南峰より)
画像


(07年9月 頚城焼山山頂より)
画像


(07年10月 北ア焼岳山頂より)
画像


(08年6月 高妻山へ登る途中より)
画像


(08年7月 仙丈ヶ岳へ登る途中より)
画像






その憧れの山頂は思っていたより広かった
「怖くて立てない」なんて事もなかった
それぞれの山へ登った日を思い出しながら大展望を眺めた



画像


(手前に延びる尾根は北鎌尾根)
画像


画像


(西鎌尾根の先に続く黒部源流の山々)
画像


(更にその左側は笠ヶ岳
画像


(天上沢を挟んで燕岳から続く表銀座の山々)
画像


画像


(蓮華岳の奥に鹿島槍ヶ岳 その肩に五竜岳 その肩に唐松岳 最奥は白馬三山
画像


(燕岳の北へ続く稜線の奥に餓鬼岳 焼山火打山妙高山と続く妙高連峰に高妻山のシルエットが重なる)
画像


(穂高連峰へ向かって南へ続く稜線上の山々)
画像


(歩いてきた槍沢方面 手前に延びる尾根は東鎌尾根 奥は常念岳から蝶ヶ岳へと続く稜線)
画像


立山の奥には剱岳山頂が覗く)
画像


(双六岳から三俣蓮華岳へ続く稜線の奥に黒部五郎岳 右手最奥は薬師岳
画像




どれくらいその場所にいただろう‥
気がつくと妙高山は雲に隠れていた
富士山八ヶ岳もすでに雲の中



画像




一歩一歩慎重に梯子を降りて山頂を離れていく
下り用の梯子は登り用より勾配が少し緩やかだった



画像


画像


画像




基部に降り立ち穂先を見上げる
またいつかこの場所に‥



画像


画像




小屋でバッジを購入して主稜線を南へ向かう
テン場を抜けて急坂を下るとそこが飛騨乗越
槍平への道を分けて大喰岳への道をゆっくりと登っていく



画像


画像


画像


画像


画像











(まだ続く)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★憧れの鋭峰へ‥ 槍ヶ岳(4) 【2008年8月12日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる