米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★憧れの鋭峰へ‥ 槍ヶ岳(2) 【2008年8月11日】

<<   作成日時 : 2008/08/15 21:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

いつの間にか空は雲に覆われていた





画像




ヒュッテ大槍への道を右に分けて岩屑の道を登っていく
ザックの重さがキツくて何度も立ち止まって休憩した



画像


画像


画像


画像


画像


画像




時刻は14:30 上高地を出発してから約9時間
ようやく殺生ヒュッテの建物が見えてくる



画像


画像


画像




膝は僅かに違和感があるものの痛みは全く無い
今日のうちに上まで登っておけば‥
迷った末、更に登り続けることにした



画像


画像


画像




次第にガスに覆われていく穂先を眺めながらのろのろと登っていく
最後の登りはとても辛かった
東鎌尾根からの道を合わせると槍ヶ岳山荘はもう目前



画像


画像


画像




階段を登りきるとテン場の奥に大喰岳
振り返るとガスに覆われていく槍の穂先
登っていく人々も間近に見える



画像




早速小屋でテン泊の受付をするが‥



画像




「テン場はいっぱいなので下の殺生ヒュッテにてお願いします」との事
そんな事になっているとは思いもしなかった



テン泊装備で殺生ヒュッテへ降りていく人も何人かいた
同じような事情なら一言あってもいいはずだが‥
私の前でいっぱいになってしまったなら仕方ない



画像




ガスの中へ降りていく人々を追いかけるように下っていく
これで迷っていた「大キレット越え」のプランはなくなった
翌日は南岳でテン泊、氷河公園経由で下山としようか



画像


画像


画像


画像


画像


画像




ヘロヘロになりながら殺生ヒュッテに辿り着き、テン泊の受付
サイトを決めて設営を始めたら途端に雨が降ってきた
やっぱりあの時無理をせずここまでにしておけばよかった



画像




設営を終えた途端に雨は止んだ
何ともタイミングの悪い一日‥
目の前にあるはずの穂先もガスに隠れたまま



画像


画像


画像


画像


画像




夜中に目覚めて小屋の裏にあるトイレへ向かった
ヘッデンをつけて大岩が積み重なる場所を慎重に伝っていく
頭上には満天の星空が広がっていた



用を済ませてテントに戻ろうとしたら‥
自分のテントがどこにあるかわからない
テン場で遭難するとは思わなかった









画像




明日はいよいよ穂先に立つ日
行程には余裕があるし天気もよさそうだ
たまには稜線上でのんびりと過ごそうか










(翌日へ続く)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★憧れの鋭峰へ‥ 槍ヶ岳(2) 【2008年8月11日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる