米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★IN SEASON‥ 白馬岳(3) 【2008年7月22日】

<<   作成日時 : 2008/07/23 16:49   >>

トラックバック 0 / コメント 20

稜線に向かうと右手に白馬山荘が見えてくる





画像


画像


画像




約一年ぶりとなる主稜線の道に出る
ガスで遠望は無いが目の前には少し霞んだ旭岳の姿
右手には見慣れた白馬岳の大きな山頂が迫っていた



画像


画像


画像




緩やかな道をゆっくりと歩いていく
ここまで来たらやっぱり山頂には行かないと



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




山荘の前を通り抜けるとガレた道は少し傾斜を増す
やがて見慣れた山頂の標柱が視界に入る



画像


画像


画像




猿倉からゆっくりと歩き続けて5時間半
懐かしい白馬岳(2932b)山頂に帰ってきた
3度目となる山頂は涼しく心地いい場所だった



画像


画像


画像




先行者が一人だけの静かなその場所に腰を降ろして休憩した
切れ落ちた岩場に咲く花を眺めながらのんびりと過ごした



画像


画像


画像




次々に登山者が到着して賑やかになっていく山頂
ガスも少しずつ晴れてきている様子
しかし黒部の深い谷を隔てた対岸の稜線を見ることはできなかった



画像


画像


画像




山頂滞在は約一時間
心地いい稜線の空気をザックに詰めて山頂を後にした



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




登ってくる登山者の多さに驚く
週末はいったいどうなっているのか‥
道を譲りつつ膝を休めながらゆっくりと下っていく



画像


画像




鮮やかな風景が広がっていた場所もガスの中ではモノトーンな風景
沿道の花々だけが登山道を彩っていた



画像


画像


画像




小雪渓を慎重にトラバース
両岸にも多くの人々が休憩していた



画像


画像


画像




葱平付近で雲の下に出た
次第に人の姿を見なくなる
日帰りで往復する登山者もあまり多くはない様子



画像


画像


画像




大雪渓を前に休憩する
時間には余裕がある
膝も前回よりはずっとマシ



画像




痛みが出たら立ち止まって落石に注意しながら休む
これを何度も繰り返しながらゆっくりとゆっくりと降りていく



画像


画像


画像




雪渓上の体感温度は「涼しさ」から「寒さ」へと変わっていく
「これくらいの傾斜ならなんとかなるかも‥」
冷たい空気が冬の記憶を呼び起こす



画像


画像




振り返ると幻想的な風景が広がっていた
やがて「寒さ」は「涼しさ」へと再び変わり、遠くにケルンが見えてくる



画像


画像




生ぬるい空気が大雪渓の終端が近い事を知らせてくれる
アイゼンをはずしてしばらく休み、白馬尻へ向かった



画像


画像




しばらく静かだった山旅もここから先は再び賑やかになる
白馬尻荘の前は多くの宿泊客で賑わっていた



画像




ベンチに座って沢を流れてくる涼風にあたりながらゆっくりと休憩
次々に登ってくる人々とすれ違いながら更に下山を続けた



画像


画像




ほぼCT通りに猿倉荘へ到着した
平地を歩く時には違和感さえ感じない左膝
膝痛との戦いもここで一旦休戦


画像




駐車場で山頂方向を仰ぎ見るが残念ながらガスで何も見えない
いつものようにハンドルを握り、近くの温泉に向かった









※大雪渓から白馬岳への入山は午後二時以降は禁止されてます
また、大雪渓の下山は後方からの落石の危険があるのでお勧めしません









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが人気のお山ということもあり平日でも人が多いですね〜!
自分が初めて白馬を登った時、天泊装備だったこともあってかなり辛かったように記憶していますが、でも日帰りだと意外とラクなんでしょうかね。いつかトライしてみたいです。
それにしてもあきさんの家から白馬が近場なんて何とも羨ましい限りです!地の利を活かしつつすぐに行動できるそのバイタリティー。これまたスバラシイですね!
ここあパパ
URL
2008/07/23 21:55
ここあパパさま こんばんは

同じコースを一度歩いていたので気分的には楽でした ここに限らず二度目に歩く道は不安も少なく歩き易いと感じます 思っていたよりアッサリと登れたのは軽量な日帰り装備によるところも大きいと思います

深夜に走れば全線一般道でも2時間ほどの場所にこの山があるのはありがたい事です 前週は遠征で高速道も使い、かなりの距離を走りましたから‥

それにしても賑やかな山でした 週末の混雑を想像すると恐ろしいです しかし皆様のおかげで山小屋が存続し、雪上にしっかりとしたトレースが刻まれる事を忘れるわけにはいきません 実際に多くの方々が登る様子を見て改めてそう思いました
あき
2008/07/24 00:06
こんにちは。

ここも賑わっていますね〜
ぼくらが登ったのは7月3日でしたから
約3週間違うわけですが、花の種類の多さに
びっくりです。
夏は短いから、花々も懸命に花を咲かせるのでしょうね。

いよいよ、夏山シーズン本格化♪
お互いに気をつけて登りましょう(^ω^)
じもらー
URL
2008/07/24 01:16
白馬岳好きです!
お盆は白馬にしようかなぁ〜・・・。
あきさんのレポ見たらやっぱ雪渓ルート?
鉱山道も気になってるんですけれど・・・。
綺麗な写真ありがとうございます♪
じゅんこ
2008/07/24 22:30
じもらー様 こんばんは

遅くまで雪が残る山は花も綺麗ですね 私の中では鳥海山、大朝日岳、飯豊山、白山あたりが印象に残っています 以前大雪渓から白馬岳に登った時はまだ6月だったのでこのような賑やかな様子を想像する事はできませんでした 雪渓を流れる清々しい空気といい、山頂からの大展望(今回はちょっと‥でしたが)といい、人気があるのも頷けますね

あと一月も過ぎれば稜線には気の早い秋風が吹き始める事でしょう お互い短い夏を充分に楽しみましょうね
あき
2008/07/24 22:40
じゅんこさん こんばんは

私は清水尾根からのルートが気になって仕方ありません もちろん日帰りは無理ですが、機会があれば歩こうと考えています その時は登りで使い、白馬岳から雪倉、朝日と繋いで小川温泉へ降りようかと‥ 鉱山道を経由する周回コースも楽しそうですね あぁ連休がもっと欲しい‥

同じような写真ばかりでスミマセン アルプスの夏の風景はやっぱり素敵ですよね ご覧頂きありがとうございました
あき
2008/07/24 23:03
あきさん、こんばんは。
今年は大雪渓から日帰り往復デスか!
去年は主稜線をダダダ〜ッと縦走されてましたよね。
ボクはまだ北アルプスの他の山々を知りませんケド、
白馬はやっぱりイイ山デスよね!

それにしても…。
日帰りで車でそのまま帰られるなんて、
やっぱりあきさんは強いデス!
あ〜、大雪渓の天然クーラー思い出すな〜。
部屋がめちゃめちゃ暑いデス…。
shucream
2008/07/26 00:57
こんにちは。初めてお邪魔しました。実は当初栂池から扇沢まで縦走するつもりでブログを拝見し参考にさせていただいていたのですが、同伴予定だった友人が母上の病気で単独となり、急遽白馬岳を猿倉から日帰りとし白馬五竜から五竜岳ー鹿島槍ー爺ヶ岳ー扇沢に変更しました。不帰キレットはちょっと単独では自信ないためです。
さて大雪渓下山はお勧めでないとのことですが、それほどしょっちゅう落石があるのでしょうか?下山する方はかなり少ないのでしょうか?
8/4の日帰りとする予定です。
じーじ
URL
2008/07/26 10:51
shucreamさん こんばんは

まだ鑓温泉に行った事がないのでちょっと迷ったのですが‥この暑さから逃れる事を優先して大雪渓再訪としました 葱平ピストンでもよかったのですが、せっかくなので頑張って山頂まで行ってきましたよ 花も多く景色も良く、自宅から近いのがありがたいです 下山後の運転距離が短いと気分的にも楽ですね

栂池から扇沢まで‥今思えばよく歩いたものだと我ながら感心してしまいます その中でも白馬岳周辺は特に景色が良く、高山植物が多い印象を持っています またいつか登る事になるでしょうね
あき
2008/07/27 00:33
じーじ様 こんばんは

大雪渓上部では天狗菱方向からの落石に気をつける必要があります ガラガラ音を立てて落ちている様子を目にする事でしょう ルート上まで落ちてくる事は少ないように思いますが、実際に散乱している様子を見れば危険性があることは否定できません これだけ転がっていればどこかで音はすると思いますが、雪渓上に留まっている落石が滑り出した時には音もなく近寄る可能性もあります 私は平日に歩くせいか落石について神経質すぎるかもしれません

登り途中で数組の下山者と交差しましたが、少数派と言っていいと思います この日私と同じように日帰りピストンで歩いていた方はほとんどいませんでした 一泊で栂池へ降りるか鑓温泉経由で下山という方が多いように思います 日程が許せば私もそうしたでしょう

いろいろな考え方があると思いますが‥ 不帰キレットの単独通過と大雪渓の単独下山なら後者の方が怖いと私は思います(天候にもよりますが) 体力的にはキレット通過の方が厳しいので難しいところですね ご友人の件は残念に思いますが、いい旅になることを願っております
あき
2008/07/27 01:38
アドバイスありがとうございます。実は今年は引越し等で山に行ったのは茅ヶ岳のみです。時間もあるので鑓温泉におりことにします。猿倉に宿泊し早朝立ちますが、白馬山頂での体調がよければそのまま白馬3山に向かい白馬鑓温泉小屋まで歩き宿泊することに変更します。さらに体調がよければ猿倉に下った後、五竜-鹿島槍も考慮します。
じーじ
2008/07/27 11:09
大雪渓に涼しい気分にさせていただきました。
>花火
すばらしいです。
定点観測の花火はまるで
二階の窓から自分が眺めているような
臨場感あふれる素晴らしい画像の数々でした。
中越の山や
2008/07/27 21:59
じーじ様 こんばんは

白馬岳から後立山連峰へと繋がる主稜線上の道はどこも景色が良く爽快な気分にさせてくれます 特に八峰キレット周辺はとても楽しかった記憶があります いつかまた歩いてみたいルートのひとつです

機会があれば私も白馬鑓温泉へ行ってみたいと思っています 天候に恵まれるといいですね
あき
2008/07/28 00:17
中越の山や様 こんばんは

大雪渓の涼しさ、少しは伝わりましたでしょうか‥ 夏といえばやっぱり大雪渓と花火ですよね(笑

本当は現地で海面に写る様子を撮りたかったのですが事情により望遠ズーム使用となりました 山の風景とは勝手が違うので難しかったです ご覧頂きありがとうございました 
あき
2008/07/28 00:36
こんぱんは。
またまた・・白馬に日帰りなんて、流石にあきさんですね。
登りの雪渓の写真、白馬の雪渓と言えば、人の行列が続いているものと思ってましたが、こんなに人が少なかったのですか。
雪渓の上に転がっている石は、ちょっと不気味ですね
でも、花の色は鮮やかですね・・流石花の山ですね〜。
私はまだ今季コマクサしか見てないような気がします。
最初の登山が白馬だった私は、こうして見せていただくと、今だったらもう少し余裕を持って登れるかな・・と思って、もう一度挑戦したくなります。でも、もちろん、1泊、いえ2泊かもですが。(笑い)
花火・・2年ぶりなんですね。とってもきれいで、花火見学をしている気分になれました。
つれづれ
2008/08/03 21:40
つれづれさん こんばんは

平日にしてはずいぶん賑わっている印象でしたが‥ 週末の行列に並んで歩いたら日帰りは厳しいのかもしれませんね 今回は一昨年と比べてかなり楽に登れたように思います 山歩きを始めてから来月でちょうど3年目‥それなりに上達したのかな

朝日、飯豊など、北の山へ行くほど花の色が鮮やかだと感じます アルプスではやっぱりこの白馬岳周辺が綺麗ですね のんびり歩きたいけど日程の都合で日帰りになってしまうのが残念です

昨年は震災により開催されなかった「ぎおん祭り」ですが、今年は久しぶりに夏らしい気分に浸れました ずっとカメラと格闘してましたが(笑 お褒め頂きありがとうございます 意外に好評なので調子に乗ってもう少しアップしたままにしておきますね(笑
あき
2008/08/03 23:41
あきさん、こんにちは。白馬3山を歩いてきました。あきさんのようなブログのような写真にはなりませんでしたが・・
鑓温泉コースは怖くそしてナガーイコースでした。温泉からのコースタイムでは3:40でしたが、下りの苦手な私には5時間かかりました。高齢者はコースタイムの1.5とすればよいとか有名な方が言ってましたので・・納得していますが疲れました。よろしかったらブログをどうぞ。そしてHPのupにはもう少しかかりますが、写真の説明も加えて掲載します。
じーじ
URL
2008/08/07 14:22
じーじ様 こんばんは

三山縦走おつかれさまでした 白馬鑓からの杓子岳の姿を懐かしく拝見しました 鑓温泉にもぜひ一度行きたいと思っていますがなかなか機会がなくて‥ 山頂へは行かずに鑓温泉日帰りピストンにしようかなどと考えているところです

本文にも記載の通り、最近膝の調子があまりよくないので夏休みの予定を決めかねています 次の記事アップまでもう少し時間がかかりそうですが、ぜひまたご覧下さいませ 
あき
2008/08/07 23:06
山行記録UPしました。少し写真の説明をしておりますのでよろしかったらお読みください。
じーじ
URL
2008/08/09 10:59
じーじ様 こんばんは
これからまた北アルプスの山へ行きます
記事アップしたらまたご覧くださいマセ
あき
2008/08/10 18:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★IN SEASON‥ 白馬岳(3) 【2008年7月22日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる