米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★八ヶ岳・6月‥ 横岳 【2008年6月6日】

<<   作成日時 : 2008/06/08 02:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像



二度目に訪れた八ヶ岳最高峰「赤岳」は残念ながらガスの中 
すぐとなりにある山頂小屋でザックを降ろして小休憩



画像


画像




ガレた急坂を慎重に降りていく
稜線上はガスに覆われて真っ白
しかし歩くごとに少しずつ視界が広がってくる



画像


画像




傾斜が落ち着くと東側の景色がぼんやりと見えてきた
下界に広がる野辺山高原は晴れている様子
ほどなく赤岳天望荘の建物が近づいてくる



画像


画像


画像




風車の音を聞きながらそのまま北へ向かう
振り返る山頂もこれから向かう稜線もまだ雲がかかっている



画像


画像


画像




地蔵尾根分岐を過ぎると小さなアップダウンを繰り返すようになる
雲の下に出ると下界が見下ろせて少しだけ気分がいい



画像


画像


画像




何人かの登山者と交差する
この日は単独者が多かった



画像


画像




鉾岳付近の鎖場はまだ残雪に覆われていた
(稜線で残雪を踏んだのはここだけ)
足場が掘られていたおかげで難なく通過



画像


画像


画像




いったん西側を巻くように続く鎖のかかった道は真っ赤な土が印象的
鹿も歩けないような急斜面にウブ毛の生えた黄色いツボミを見つけた



画像




この天候ではしかたない
花開く様子を見てみたかった



画像




分岐を過ぎるとまもなく奥ノ院
しかしなかなか足が進まない



画像


画像


画像


画像


画像




軽い高山病のような症状を自覚する
八ヶ岳は意外に標高が高いことを忘れていた
水分を補給しながら小休憩



画像


画像




続く岩場を慎重に抜けて「カニのヨコバイ」を通過する
視界は悪いがこの先は緩い下り坂になっているはず
ザックにつけていたストックを再び手にしてゆっくりと歩いていった



画像


画像




ガスの中に硫黄岳山荘の青い屋根を見つけてホッとした
山荘内での休憩をお願いして少し遅めの昼食とする
ポットに入った暖かいお茶のサービスがとても嬉しかった



画像




山荘を後にしたのは14時頃
ゆっくり歩いても18時前には下山できるはず



北沢の道は歩きやすく、しかも堰堤広場から先は林道
日の長い季節は気が楽だ



今日最後の登りとなる硫黄岳への道をゆっくりと歩き出した



画像






続く



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★八ヶ岳・6月‥ 横岳 【2008年6月6日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる