米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★東北遠征[‥ 月山A 【2008年5月2日】

<<   作成日時 : 2008/05/06 22:48   >>

トラックバック 0 / コメント 6

山頂の東側にはなだらかな素晴らしい雪面が広がっていた





ここを滑って登り返すのも楽しそうだが‥
ほぼ半年ぶりの山登りを3日も続けたせいか体力がない
目印もほとんどない広い雪原に滑り込むのもやはり躊躇われた





時間には余裕があるがここまで来れただけでも充分
すぐ下にある山頂小屋までのわずかな距離を滑り降りた
いちおう「山頂からの滑降」には違いないよなぁ‥





画像






雪が途切れていた箇所までスキーを担いで降りていく
途中ですれ違う人々が増えてくる
普通の登山者も多い





スキーをデポして登ってくる人もかなりいる様子
この日出会ったスキーヤーのほどんどがテレマークだった





画像






夏道が終わり大斜面の入口に立つ
シール登高の限界くらいの斜面を見下ろすとやっぱり腰が引ける
すぐ前を歩いていたはずのテレマーカー氏は遥かに遠くを滑っていた





無理せず少し下までツボ足のまま歩いて降りる事にした
同じように途中まで降りていた若い二人組も初心者のようだった





滑り出すと思っていたより斜面に変化がある
雪が切れていた沢の部分はどうしようか迷ったが一旦登り返して夏道を歩いて渡った
見上げると山頂はもう遥かに遠かった





画像






ボウル状の斜面に滑り込んで登り返す事も当然考えていたが
疲れていたせいかなんとなくそのまま斜滑降で滑っていってしまった
リフト降場に到着するとスキーヤーで賑わう「スキー場」の雰囲気に飲まれた





画像






少し休憩してからそのままスキー場のコースを滑っていった
多くのスキーヤーに荒らされたボコボコの斜面
ここまで一度も転倒しなかったのにコース内では何度かコケた





さすがにこの季節まで滑っている人たちは皆上手い
来季は私ももう少し上手くなりたい





画像






賑わうリフト乗り場を横目に駐車場へ向かう
朝とは違って多くの車がとまっていた





画像






初夏を思わせるような強い日差しの下、のんびりと片付けを始める
仰ぎ見る午後の山頂はやっぱり霞んでいた





画像






山バッジを探したがどこにも売っていなかった
いつか花咲く季節にまた来る事にしよう





3日間続いた晴天に感謝しつつハンドルを握る
地元まで280キロ程の距離をのんびりとドライブ
沿道に立ち並ぶ見頃を終えたサクラに季節の変わり目を感じた







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
遠征お疲れさまでした。
鳥海山、いつか私も登りたいです。
月山は私もこの時期でした。
ウスユキソウの頃もよかったけれど…
この頃長距離の運転が億劫なんですよね〜
中越の山や
2008/05/08 23:50
中越の山や様 こんばんは

天候によって一つか二つ登れればと考えていましたが、今年のGWは天候に恵まれました 仕事柄車の運転は平気なんですが、山行はご覧の通りヘナチョコで‥ それでも楽しい休日でした

東北は山スキー向きのなだらかな山が多いので来季以降も行くことになると思います ケガも経験しましたが今シーズン中に復帰する事ができて本当によかったです 雪国の山ももうすぐ花の季節が訪れますね
あき
2008/05/10 00:00
月山・鳥海山が山スキーで人気の場所だとは知らなかったです。でもこの広大な斜面と程よい傾斜の雪面見てたらナルホド納得できましたよ。お天気も良かったことだし最高の休日になりましたね。

何か色々と参考になることばかりなんですけど、ひとつお聞きしたいのは、シール登行ってつぼ足で登るより楽だって聞いたんです。それって本当なのですか??「滑る」ことより「登る」ことの方が興味があったりするんですよね(笑

ロングドライブと連日の車泊も・・おつかれさまでした☆(でもそれも楽しそう♪)
みっちゃん
2008/05/11 22:43
みっちゃんさん こんばんは

冬の間ひたすらスキー場へ通いながらずっと目指していた山、それが鳥海山だったんです その憧れの広大な斜面を滑り降りる事ができた時の感動をここで表現する事はとても難しいです 過去二回のGW(共に北ア)は天候に恵まれませんでしたが、今回は天候にも恵まれて文字通り「最高の休日」になりました もう少し上手く滑れれば尚よかったんですが(笑

状況にもよりますが、シール登高はツボ足と比べて格段に楽だと思います それに断然楽しいです 新雪ならなおさらでしょう 実際に歩いてみればすぐに判ります ヒールリフターなんて使ってしまったらもう夏道なんて歩けません(笑

東北方面には良い山が多いので癖になりそうです 来季以降は更に練習を重ねて地元新潟の山にも行きたいと思っています(近いけど冬はなんとなく敷居が高い)
あき
2008/05/12 02:22
こちらにもお邪魔します。(^^ゞ
そうですか・・シールを貼ってスキーを履いて登った方が楽なのですね。
もっと若い頃にこんな楽しみを知っていたらなぁ〜と残念で仕方ありません。(笑い)
初心者の質問で悪いですが、こうした場合はテレマークでないとダメという訳ではないのですよね?普通のスキー板でもいいのでしょうか?
って、聞いてどうする気なの?と言ってる自分が居ますが。(笑い)
それにしても、素晴らしい青空、さぞ雪焼けも・・でしょうね。(笑い)
つれづれ
2008/05/14 13:07
つれづれさん こんばんは

私ももっと若い頃から始めていたらと何度も思いましたよ 生まれてから昨年の暮れまでのスキー経験はわずか3日間だけですから‥ でも大切なのはこれからどうするかなんですよね

山でスキーを楽しむ場合、@山スキービンディング+兼用靴+シール、Aアルペンスキー+スキーブーツ+スノーシュー、Bテレマークビンディング+テレブーツ+シール‥といった組み合わせが考えられます スキー自体が初めての私はあえてBを選びましたが、山で圧倒的に多いのは@のパターンです Aのパターンは担いで登らないといけませんが、元々スキーをされている方々なら費用を抑える事ができるでしょう(スノーボードの場合もこれと同じです)

板の選択はいろいろと意見が出るところですが、春の締まった雪質ならゲレンデと大差ないように思います(あくまで初心者の意見です) 勿論「雪山を登るための装備」が他にも必要なのは言うまでもありませんが‥

月山では日焼け止めを車に忘れてしまったんです 下山したら大変でした(笑 目出し帽を持っていたのでそれを使えばよかったのですが‥思いつきませんでした
あき
2008/05/14 23:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★東北遠征[‥ 月山A 【2008年5月2日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる