米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★東北遠征Z‥ 月山@ 【2008年5月2日】

<<   作成日時 : 2008/05/06 22:47   >>

トラックバック 0 / コメント 2

海沿いの国道を南下する





初日380キロ、翌日200キロ、そしてこの日は約170キロの移動
メーターパネル内の燃費計は累積で17.5km/L
山道が多いわりになかなかの好成績





山間の国道は驚くほど立派な道だった
残雪の山々を間近に見ながらこのスピードで走れるとは‥
月山インター付近から本当の山道に入ったらなぜか少しホッとした





駐車場にとまっていた車はわずかに数台
GW期間中とはいえ平日はこの程度なのか
この時、翌日の混雑を想像する事はできなかった





目を覚まして山々を仰ぎ見る
この日のリフト運転開始は7時
リフトトップから山頂までは2時間ほどだろう
昨日までの疲れも残っているがゆっくり登っても余裕はある





画像


画像


画像


画像






「雪が少ないですねー」
声をかけられたが初めて来たところなのでよくわからない
そうか、これで少ないのか





均された雪の道をゆっくり歩いていくとすぐにリフト乗り場がある
片道チケットを購入し、楽に標高を稼ぐ
振り返ると朝日連峰の白い稜線が見える





画像






姥ヶ岳は山全体がスキー場と化していた
リフトを降りて準備をしていると後続の人々が次々に到着する
多くの人々はそのままスキー場を滑り降りていく様子





画像


画像


画像






先行者は単独のテレマーカー二人だけ
見ると二人ともスキーを担いでツボ足で歩いていく





一人はブーツにアイゼンを装着して歩き始めた
この天候でアイゼンは要らないのではと思ったが
強風で有名なこの山では今日の天候でも必要になるのか





姥ヶ岳の山腹をトラバース気味に斜上していく
なだらかな尾根を越えるとそこは静かな山の世界
最奥に横たわる月山の姿はなかなか美しい





画像






等高線に沿うように緩やかに登っていく
気温が上がりなかなか足が前に出ない





画像






1688ピークの先にある鞍部で小休憩
通り抜ける涼風がとても心地いい





画像


画像






鞍部から先はしばらく稜線沿い
夏道が出ている一か所だけはスキーを担いで歩いた





画像


画像






次第に山頂が近づいてくる
山頂へ向かう途中は雪が繋がっていない
上部はかなり急な斜面に見える





画像


画像






1729ピーク(通称「牛首」)の先で小休憩
息を整え徐々に急になっていく斜面をゆっくりと直登高
振り返ると大きなボウル状の大斜面が広がっている





画像






上部は少し怖かったので雪が切れる手前でツボ足に切り替えた
ここが凍っていたらアイゼン無しではちょっと厳しいだろう





後で聞いた話だがアイゼンを装着した先行の彼は昨年もここへ来て、
この付近で凍った雪面になり山頂を諦めて引き返したとの事





画像


画像






夏道に立つとホッとした
上を見ると夏道が露出している箇所も多い
スキーを担いで更に登っていった





画像


画像


画像


画像






遠方の山々は今日も霞んでいる
稜線に出たところで北へ向かうと山頂小屋が近い
その先に見える更に高いところが月山神社





画像


画像


画像


画像






ほぼ予定通りに山頂(1984b)に到着
心配していた風もそれほど強くはない





画像


画像






東北遠征[に続く





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですねー。

昨年同時期に月山行きましたが、
登山というよりも、スキーをやってました。

私もチャレンジしたい。
atsu510
URL
2008/05/12 23:13
atsu510様 こんばんは

かなり中途半端な山スキーになってしまいましたが、とにかく一度行ってみたかったんです もっと練習して急斜面でも自由に滑れるようになりたいです 花の季節にも登ってみたいですね もう少し近ければいいのですが‥
あき
2008/05/13 21:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★東北遠征Z‥ 月山@ 【2008年5月2日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる