米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★平標山〜仙ノ倉山(後編) 【2008年5月16日】

<<   作成日時 : 2008/05/19 00:28   >>

トラックバック 0 / コメント 18

なだらかな道を東へ向かう



画像

(↑クリックするとパノラマになります)

画像




四つのピークが並ぶように見える稜線
奥から二番目が谷川連峰の最高峰



画像




やけに尖がったピークは「エビス大黒ノ頭」
縦走路にはもう雪がない様子



画像




振り返ると色違いの稜線が重なっている
雲は多いがそれも残雪期の風景



画像




再び階段を登りつめると山頂に到着
気温は6℃‥暖かいラーメンが美味い



画像


画像




すぐ正面にある万太郎山の奥には谷川岳
茂倉岳へ向かう稜線は昨年秋に歩いた道



画像

(↑クリックするとパノラマになります)



その左手(北側)に並ぶ南魚沼の山々
未踏の山もまだ多い



画像




巻機山から谷川連峰へ続く稜線は憧れの道
国境稜線を歩けるのはいつの日か



画像




ここから先はまた今度‥
しばらく休憩した後、来た道を戻っていく



画像


画像




40分ほどで再び「交差点」に戻ってきた
そのまま北西へ向かい松手ルートで下山



画像


画像


画像

(↑クリックするとパノラマになります)



こちらから登ってきた時はあまり気にならなかったが
上から見るとなかなかの急坂



画像




登山道は尾根の南側に付けられている
途中尾根の北側に出られる場所は一箇所だけ
再び谷川連峰最高峰を仰ぎ見て急坂を下っていく



画像




「ヤカイ沢」へ向かってまっすぐに延びる斜面が気になって仕方がない
う〜ん‥ 私にはちょっと厳しいかな‥



画像


画像




松手山山頂で平標山を眺めながら休憩
カメラのバッテリーはもう虫の息
ここで予備バッテリーを忘れてきた事に気づいた



画像


画像




この先は長い階段状の急坂が続いている
この日、登山道は多くのタチツボスミレで彩られていた
(バッテリー切れの為、写真はありません‥)



画像




駐車場に戻るとワイパーにチラシが挟まれていた
通常のチラシに登山者向けの割引券が貼られている
そこには「登山おつかれさまでした。温泉で‥」とあった
ご丁寧に登山口からの簡単な地図も記されている



画像




シーズンオフの平日なので車は僅かに数台
そんなところにわざわざ「営業」に来たらしい



画像

(↑話は逸れますが要注意です)



ちょっとした事だがその営業努力には感心する
帰路とは逆方向だったがもちろん訪ねていくことにした



画像




苗場の赤湯とよく似た茶褐色の湯が気持ちいい
気分よくハンドルを握ると次第に晴れ間が広がってくる



見慣れた景色もたまには写真に残そうか‥



画像




南魚沼市某所より金城山、巻機山
画像



南魚沼市某所より八海山、中ノ岳
画像









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
「米山の麓より」・・・・・素晴らしいネーミングでは!!
いよいよスキーから山登りですね・・・素晴らしい山行記が楽しみです。
現役の傍ら色々チャレンジなさる行動力には頭が下がります!!。
ところで、平標山〜仙ノ倉山へ、今年の夏、小学校時代の友人3人で平標山小屋で一泊して登るべく計画中、今からとても楽しみにしております。
4月23日、三国スキー場跡から稲包山へ登り四万温泉に下山予定で行ったのですが、途中の沢で雪解け水の急流で渡渉が出来ず、結局、登山中止やむなきに至り、帰路「雪ささの湯」でゆっくり赤い湯に浸かり帰りました。
葦原ボーイ
2008/05/19 15:47
今晩は。
いよいよ山登りになって来ましたか。
平標から松手山の稜線にはそろそろミネザクラが
沢山咲く頃と思いますがまだ咲いていませんでしたか?。
駐車場は有料になるのですか、まあ仕方が無いですかね!!。
先日その反対側の山に行って来ました。もう石楠花も
咲いていましたよ。
インレッド
2008/05/19 18:17
葦原ボーイ様 こんばんは

稲包山、残念でしたね 渡渉できなかったのはガランノ沢でしょうか この季節の渡渉は要注意‥もし逆コースだったら大変でしたね

夏は花も多くもっと素敵な場所になっている事でしょう 小学校時代のご友人と一緒なんて羨ましいです 私もいずれ季節を変えて再訪したいと思っています
あき
2008/05/19 22:57
インレッド様 こんばんは

ミネザクラはまだ見かけませんでした それらしき蕾は沢山ありましたのでそろそろではないかと思います そういえばもうシャクナゲの季節なんですね〜 すっかり忘れてました(笑

新潟県内の登山口駐車場はまだ無料のところが多いですが、これも時代の流れなんでしょうか‥ 個人的には少々残念に思います 次は松手尾根か平標新道ですね(笑
あき
2008/05/19 23:13
あきさん、二周年ありがとうございます。
ひどくワタクシゴトで申し訳ないのですが、あきさんがブログを開設された頃、ボクは丁度退院して仕事に復帰しようという時でした。アウトドアに興味を持ち、山の事をアレコレ調べてた頃、初めて訪問させて頂きました。あの頃は確かIXYだったかと思いますが、青い空と山との写真があまりに綺麗でスグにお気に入りに入れさせて頂いたのを覚えています。決して大げさではなくボクが山に登り始めるコトが出来たのは「★山のお話」のおかげです。本当にありがとうございます。

そして、あきさん。
これからも"まっすぐな"レポ楽しみにしております。
たいらっぴょうレポと無関係なコメントで申し訳ありません。
shucream
2008/05/20 21:27
shucreamさま こんばんは

私が山に登り始めた頃も同じようにPCの前に座ってアレコレ調べまくっていたものです(今も変わりませんが) そもそも「ブログ」の存在を始めて知ったのもその頃でした ごくフツーの方々がリアルタイムの山の様子をそれぞれの目線で紹介している事がとても新鮮でしたね 自分も同じような記事をつくってみようか‥なんて漠然と思っていましたが、いざ始めてみるとこれがなかなか難しい(笑 ここまで続ける事ができたのはコメントを寄せて頂いた皆様のおかげです ブログだけに留まらず山歩きを楽しく続けられるのも皆様のおかげかもしれません これからもどうぞよろしくお願いいたします

山歩きが気持ちいい季節になりましたね 平標山もぜひ!
あき
2008/05/20 23:29
あきさん、こんにちは〜^^

平標山や仙ノ倉は是非、歩いてみたい山です・・・^^v
少し関西からは遠いですが・・・0--0
きっと、お花も綺麗なんでしょうね〜^^

そうそう、越後の山は虫が多いと聞きますが・・・?
何故なんでしょう・・・?

しかし、あきさんの文章力はとっても優しい・・・読みやすく
素直な気持ちで読めますよ・・・^^

これから板を脱いでの山歩き・・・どんどん精力的に登られると事と思いますが、
楽しみにしていますね〜♪

リンクの方もさせて頂きました^^ これからもよろしくお願い致します〜^^v
みい
URL
2008/05/21 10:35
みいさん こんばんは

当地新潟は比較的湿度が高い地域だと思います こちらでは土を「ベト」と呼ぶのですが、まさに語感そのままの水気の多い地質が豊かな自然を育んでいるのではないかと感じます 内陸ほど寒暖の差がないので動植物にとって暮らしやすい環境なのかもしれません 花の種類も多く‥虫が多いのもなんとなくわかるような気がします

この山は花が多い事で知られていますが、同時にBCエリアとしても名高い場所です 今回は夏の足慣らしと冬の下見を兼ねて登りました そちらからだとちょっと遠いかもしれませんが、四季を通じて楽しめる山なので機会があったらぜひ計画してくださいね 私も谷川岳への縦走を早く実現したいと思っています

リンクありがとうございました こちらこそよろしくです☆
あき
2008/05/21 22:50
こんばんは、あきさん。
 山スキーから山歩きに復帰ですか!。足の調子を第一に、ゆるゆるとやって下さいね。私は駐車場代有料のお話で、未踏の土樽からの平標新道を歩いてみたくなりました(駐車場代いらないし・笑)
 荒沢の鎖がかかったら懸案事項二泊三日で行ってみたいと思っています。
テントミータカ
2008/05/21 23:06
テントミータカさま こんばんは

昨年の残雪期にタカマタギ(途中敗退)へ向かった時、平標新道への分岐を目にして「いつかここから登りたいなぁ」と思った記憶があります 今年は吾策新道を登る予定ですが、うまく連休になれば平標新道を使った周回コースも面白そうです

「懸案事項」の件、私も楽しみにしております 少ない連休と天候がうまくかみ合えばよいのですが‥ いつ行こうかと時季を模索しているところです
あき
2008/05/22 00:36
あきさん、こんばんは♪
ブログ2周年おめでとうございます☆
いつも素敵な写真と文章を楽しみにさせて頂いています!
これからもどうぞ無理をせず、あきさんのペースで続けていってください。
あきさんとブログを通して出会えたことに本当に感謝しております!!
ついこの間お会いしたばっかりのような気がしますが、あれからまたたくさんの山に登られていて、しかもレポUPも素早いですね〜。
米山や平標山・仙ノ倉山にも登りたいので、またいつか新潟へお邪魔したいと思います(笑)
moe
URL
2008/05/24 00:45
あきちゃま、こちらには初めてです。
二王子岳は、孤高の山でした。
コメント頂いて、メッチャ嬉かったですyo。
で、で…。
平標・仙ノ倉は2006/7/8に行ったンでした。
小屋を解体中でした。新築の小屋になってるんでしょうね?
スキー&登山ですか?!
す・凄い!てか、パワフルですねぇ〜〜☆彡
栗駒も花見山行でした。私は、登山歴4年目になったところです。
これからも、時々おじゃまさせていただきます。
宜しく、おねがいします☆
yukitubaki
URL
2008/05/24 20:13
こんばんは☆
この緩やかに弧を描く稜線・・何度見てもうっとりしますね。雪のまだら模様もとってもステキです。

先週末、計画してたんですよ〜。5月中旬頃からお花が咲き始めるとのことでウェブ検索してたんですけど、最近のものが無く途方に暮れてたんです。そしたらアルバム発見!(笑 お花にはまだ早いことを知り今回は見送りました。偵察どうもありがとうございます(笑

谷川岳〜平標山間を歩いてみたいと思います(できれば蓬峠あたりから)。でも周回だと平標新道を歩くことになりそうだし、幕営禁止(ですよね?)なこともちょっと気がかりなんですよね〜。
でもいずれにしてもその時が待ち遠しいです。7月ごろかな。

2周年&もうすぐ5万アクセス、おめでとうございます☆何かもっとたくさんの時間が過ぎたような気もしますけど(笑 
でも何事も「続ける」ことはそんなに簡単なことじゃないですよね。私自身もあきさんからいつも良い刺激を受けながら何とか続けさせてもらってます。がんばってる方にそれ以上がんばってと言うのも酷な話なので・・
これからもあまりがんばらずにがんばって下さい。  
みっちゃん
2008/05/25 00:02
moeさん こんばんは

もう2年になりますねぇ‥ 雨飾山レポにコメントさせて頂いたのがつい先日の事のように思い出されます いつもご覧頂きありがとうございます 一緒に二周年を迎えることができて本当に嬉しく思います これからもよろしくお願いいたします

またぜひこちらへもお越しください 素敵な山々がお二人を待っていますよ 米山での再会を願いつつ、私も頑張ってブログ続けますね(笑
あき
2008/05/25 00:51
yukitubaki様 こんばんは

一昨年の平標山も3日違いだったんですねぇ‥解体中の小屋の様子、私も記憶しています 先日の二王子山頂はかなり賑わっていましたが、私達のかなり近く(隣?)で他の方と会話を交わしながら休憩されていた方ではないかと推測しております 私より1年先輩なんですね こちらへもご訪問頂きありがとうございました これからもどうぞよろしくお願いいたします

「平標山の家」はとても綺麗で素敵な小屋になってました 一度は泊まってみたいと思うのですが、私のところからだと簡単に日帰りできてしまうのでなかなか機会はなさそうです 

「スキー&登山」の組み合わせだと無駄がなく一年中「山」を楽しめます 私はスキーを始めたばかりですが、こんなに楽しくて面白いものだとは思いませんでした しばらくはあまりその機会はありませんが、来季はもっとうまくなって上手に滑れるようになりたいです よろしければ過去記事もご覧下さいませ
あき
2008/05/25 01:18
みっちゃんさん こんばんは

ここは6月から7月にかけての季節がいいです(だいたいどこもそうですが‥) 秋の紅葉もとっても綺麗ですよ いよいよ今年はこちらへの計画があるようですね 私も楽しみにしています

この山域で縦走するなら上越線とバスをうまく使うのが効率よく歩くコツです 「平標山の家」から「谷川岳肩の小屋」なら避難小屋泊を避けて一日で歩けますからそこを上手に生かすのがいいと思います 条件がよければ平標登山口からロープウェイ駅まで一日で縦走も可能ですが、どちらから歩いても時間に追われるのであまりお勧めはしません 一泊なら湯沢駅を起点にして茂倉岳を経由する周回がよいのではと思っています(肩の小屋泊) 二泊なら蓬峠を絡めても余裕なんですけどねぇ‥

おかげさまで二周年です いつもご覧頂きありがとうございます マイペースで続けますよ これからもよろしくです☆
あき
2008/05/25 02:05
あき様 はじめまして!
上越市在住のビリー・ザ・キッドと申します。
ブログはほぼ毎日拝見させて頂いています。

去年から山登りに目覚め火打・雨飾・妙高・立山・その他低山
と登り今年はソロでも少しステップアップしたいと思います。

とりあえず来週の金曜日に今年のスタートとして平標山、仙ノ倉に
登る予定です。
あきさんにお聞きしたいのですが、松手尾根と平元新道のどちらか登るのがお勧めですか?
私は人一倍高所恐怖症でして崖などがあると足がすくんで動けなくなります。そんな私が登山ですから笑っちゃいますね。

これからも時々オジャマせていただきます。
宜しくお願いします。





ビリー・ザ・キッド
2008/06/01 20:03
ビリー・ザ・キッドさま こんばんは

私も重度の高所恐怖症なんですよ(これ本当) あちこちの山を歩くうちに少しずつ慣れてきましたが最初の頃は大変でした そんな自分を克服する事も山に登る理由の一つと考えています ビリーさんも頑張ってくださいね

山歩きは下りの方が大変ですから、両コースを単純に比較すると松手コースから登る方がお勧めとなります ここに限らず急なコースを登りに使った方が体力的な負担を減らせるように思います 山頂の位置、時間による太陽の方角、山小屋の有無、林道歩きなどの条件を考慮しても松手から登った方がいいように思いますが‥ これはいろいろと好みが分かれるところですね

きっと私の記事をほぼ同じ感覚でご覧になっていることでしょう 「ほぼ毎日」なんて嬉しいことです これからもよろしくお願いいたします
あき
2008/06/02 00:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★平標山〜仙ノ倉山(後編) 【2008年5月16日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる