米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★残雪の雨飾山B 【2008年5月6日】

<<   作成日時 : 2008/05/09 02:08   >>

トラックバック 0 / コメント 8

尾根上を忠実に下っていく





途中で尾根の傾斜が急に変わる箇所から荒菅沢へ下降
ここも厳しい下りだが笹平直下の雪壁に比べれば怖くはない





画像






登りで見えていた後続の二人組とすれ違う事がなかった
恐らく途中で引き返したのだろう
誰もいない広い沢を足早に通り過ぎて次第に明瞭になるトレースを辿った





画像


画像






尾根を越えるまでピッケルを持つ手の緊張は解けなかった
山頂が見えなくなると傾斜は落ち着いた
少し休むと急に空腹を感じたがゆっくりと休める場所はあまりなかった





画像


画像






ブナの林に入るとホッとした
こんな場所を自由に滑れたらどんなに気持ちいいだろう
時々見かけるシュプールを眺めて一瞬の夢を見た





画像






次第に細くなる尾根をゆっくりと降りていく
ガスられたらかなり迷いそうなルートだが今日はその心配が少ない
太い幹に描かれた印を見送りながら秋の日を思い出した





画像


画像






山頂を離れてから2時間半ほどで大海川の畔に降り立った
のどかな美しい風景に例えようのない開放感を覚えた





画像


画像






とうに必要のないピッケルを手にしたままゆっくりと駐車場へ向かった
川のせせらぎは耳に優しく響き、新緑の淡い色が目に眩しかった





画像


画像


画像






もしも誰かに聞かれたら私はこう言うだろう
「GW頃の雨飾山はまだまだ厳しいです
雪の状態を確認して慎重に判断してください」 と





画像






少し車を走らせ小谷温泉「雨飾荘」で入浴
清々しい山の空気が疲れた体を癒してくれた





画像










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだか読んでいてドキドキハラハラ、緊張していました。
固くしまった雪の状態がどれほどのものか全く想像つかなかったんですが、関東にもたまに降る雪が歩道の端に残った感じ…あのガチガチの固さを少し想像し、それが急傾斜の山肌になったら?って思ったらもう怖いのなんの。ピッケルを持つ手に力が入るっていう言葉にリアリティを感じます。

雨飾山は雪期に行かれる人も多いところなんですね。
私も秋の紅葉は見てみたいんですが、北アルプスに行くより少し遠い所なのでなかなか踏ん切りがつきません。行くからにはあきさんのように遠征して、道の駅で寝泊りして他の山も登ってみたいな〜
膝の状態に触れていないようなので、調子もよさそうですね。よかった!

新緑と残雪、関東周辺ではあまり見れない不思議な風景でした。
プカプカ
URL
2008/05/09 23:31
プカプカさん こんばんは

この季節の雨飾山は残雪も多く入山者もあまり多くはありません 登山道が新緑に彩られる頃になれば人も増えてもう少し歩きやすくなるでしょう 関東方面からは遠いので紅葉の季節に晴れた日を狙って登るのが一般的だと思います

新緑と残雪のセットはこちらではよく見られる風景です 私のテキトー写真ではうまく伝わりませんが、実際に眺めるとなかなかいいものですよ 

実は別の山へ行く予定だったんですが、遠征の疲れもあったので近場に変更したんです 膝はまだ完全とは言えない状態ですが、日帰りなら問題ありません でももう少し楽な山に行けばよかった‥
あき
2008/05/10 22:11
あきさん、ご無沙汰してマス。
壁のような急斜面は怖いデスね。
一瞬のうかっりが即大事故に繋がる場面が想像できマス。
それも、あきさんがそのような状況下でも多くの写真を、
それも分かりやすい写真で残してくれているからデス。
ありがとうございマス、とても参考になりマス。

あらためて、あきさんの向上心の強さを感じました。
ご自分で発見された"何かステキなコト"に対して、
まっすぐと向かっていくあきさんの姿。
かっこいいデス!
shucream
2008/05/11 11:37
GWの山行の数々・・・じっくり拝見しました〜^^

東北遠征山スキーも素晴しかったし〜
この雨飾山も・・・ドキドキしながら読みました〜0^^0
まだまだ、状況によっては手強いですね・・・><
でも、もう、スキーではこの時期無理かなぁ。。。
すごく雪深い所なのに・・・@@

素敵な写真の数々にも、感動〜♪ 

膝はもう、完治ですか・・・? 私は、まだ痛みます・・・><
しつこいですゎ・・・気長に付き合いますm--m
みい
URL
2008/05/11 15:28
shucream様 こんばんは

無限の可能性を持っていた頃は何もしようとしなかったのに、残り時間を数えるようになるとあれもこれもやりたくなるものです あきらめてしまうのは簡単ですが私は嫌です 自分であり続けることは人並みであることよりずっと大切だと思います

残雪豊富な雨飾山は私にとって少々厳しい山でした カメラの操作にも余裕が無く「ただシャッターを切っただけ」の無雑作写真ばかりになってしまいました 今回は反省点も多かったです でもいつか写真を眺めて「こんな日もあった」と思い返す日が来るんでしょうね
あき
2008/05/12 00:57
みいさん こんばんは

南尾根P2へ向かう斜面はほどよい間隔のブナ林が広がっていてとても気持ち良さそうな場所でした まだ滑れますよ 今回は下見も兼ねていましたが私にはちょっと急な斜面でした‥ 来季以降にぜひチャレンジしたいと思います

東北遠征は本当に楽しかったです 私のような初心者でも充分に楽しめる場所が多いので来季以降もぜひ行きたいです 膝は「完治」と言える状況ではありませんが、かなり良くなりました 上手に付き合う方法を模索しながら今に至っております お互い頑張りましょうね
あき
2008/05/12 01:23
あきさん、ご無沙汰です!
もーすっかり立派なテレマーカーですね〜。
動画等を拝見しますと着実にステップアップされていてホント感心させられますっ!

ところで、山って1ヶ月も経つとかなり変化するものですね〜。
ガイドブックで紹介されていた山頂の写真も確かこんな感じでした。
そんな様子を想像しながら一月前出かけて行ったら・・・
完全な雪山で、たいへん苦労させられました〜。(;^_^A

それにしても尾根への取付きの時点で、一度駐車場に戻られたようですが、的確な判断でしたね!
無理して行ったらと思うと・・・ゾッとします。

来季はスキーでチャレンジなんですか?
そんなレポも今から楽しみにしていま〜す。
(^▽^)/
ここあパパ
URL
2008/05/15 20:55
ここあパパ様 こんばんは

今更ですが雨飾レポじっくりと拝見しました 積雪がまだ多いGW前の雨飾山は本当に大変だった事と思います 私には難しそうだな‥

5月に入れば登りやすくなるかななんて思っていたのですが、表面はザラメでアイゼンがうまく効かず、すぐ中が締まっていてキックステップも通用しないという嫌な雪質に手こずりました 前日の冷え込みと当日の気温の上昇が原因と思います ルートについての不安はあまりありませんでしたが、樹林帯の中ではスキーの滑走跡に惑わされそうな時もありました 無事に下山できたので「いい経験」と言えますが‥ お互い気をつけましょうね

スキーはまだ全然初心者レベルですよ(始めた当初に比べたらずっとマシですが) ここはBCでも有名なエリアなので下見も兼ねていたのですが、私のスキルではまだちょっと難しいと思います もっと練習していつかチャレンジしたいですね
あき
2008/05/16 23:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★残雪の雨飾山B 【2008年5月6日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる