米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★初めての奥秩父‥ 金峰山(前編) 【2007年11月28日】

<<   作成日時 : 2007/11/30 03:26   >>

トラックバック 1 / コメント 2

さてどこへ行こうか‥





夜の国道141号線を南下し、未踏の山々が待つ奥秩父へ向かう
目的地を迷いながら信州峠を越え、甲斐の国へ入った



辿り着いたのは百名山二座の登山口にもなっている瑞牆山荘
シーズンの週末には多くの車で賑わい、路肩にも車が溢れているという



山荘前には舗装された広い駐車場がある
その夜とまっていたのは私の車だけだった



画像




風もなく、物音一つしない静かな駐車場で目を覚ます
早朝発で二山も考えたが、今の季節はあまりにも日が短い



ようやく空が明るくなる6時過ぎ
今季初の冬靴を履き、久しぶりに落ち葉を踏みしめた



画像




冬用のウェアで歩いているとあまり寒さを感じない
しかし木々の葉は皆落ち、その上に白い雪がサラリと乗っている



秋の賑わいを想像することが難しいほど静かな初冬の風景
山頂の気温もきっと低いだろう



画像




林道と交差し、更に登っていく
葉の落ちた木々の奥には独特な山容の瑞牆山が望める



画像




落ち葉と雪で道はやや不明瞭
どこを歩いてもいいような雰囲気の斜面を登っていく
次第に傾斜が緩やかになると富士見平小屋に到着する



画像


画像


画像


画像




久しぶりに履く冬用の靴は硬くて重い
瑞牆山への道を分け、雪とガレで滑りやすくなっている道へと向かう
奥秩父の盟主「金峰山」へ



画像




樹林帯の中を黙々と登っていく
途中視界が開けると素晴らしい景色が望める



画像


(仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳)
画像


(御嶽山)
画像




登山道は飯森山の南面を巻いていく
ほどよい雪が登山道を明るくしている
少し季節が早ければ深い樹林帯の道はまだ暗かったであろう



画像


画像




空が広くなると大日岩の姿が視界に入る
眼下に大日小屋を見ながら縦八丁の登りに向かう



画像


画像


画像




急坂の途中で単独の方と交差
この日見かけた登山者は後にも先にも一人だけ
聞けば廻目平から二山周回との事



画像




急坂を登りきると大日岩の基部に出る
眼前に聳える巨大な岩に驚いた



画像


画像




大日岩の対面は視界が開け、南アルプス北部の山々が一望できる
眺めることが少ない山域なので山座同定は自信がない



画像


(鳳凰山の奥に雪を纏った北岳、間ノ岳)
画像




巨大な岩を左手に眺めながら上部へ登っていく
振り返ると岩越しに八ヶ岳の姿を見ることができる
こちら側から眺める景色は新鮮だ



画像


画像




小川山への分岐を見送り再び樹林帯を歩いていく
急坂を登りきると真新しい標識の立つ「砂払ノ頭」
ここで景色は劇的に広がる



画像


画像


画像


(歩いてきた北西方向‥八ヶ岳、瑞牆山方面)
画像


(北側‥小川山方面)
画像


(南西方向‥南アルプス方面)
画像


(残念ながら雲に隠れる富士山)
画像


(瑞牆山の奥に白く輝く稜線‥北アルプス後立山連峰)
画像


(忘れちゃいけないお隣さん‥瑞牆山)
画像


(編笠山の肩越しに遠く乗鞍岳)
画像


(雪景色の白峰三山)
画像


(仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳)
画像




空は予報に反して曇り模様だが、ここからの景色は本当に素晴らしい
晴れていたら霞んでいたかもしれないし‥ (と思いたい)



白く輝く北アルプスの稜線が印象的
だが北の空が青いのはちょっと誤算
曇り空の地域にわざわざ遠征に来てしまったのかもしれない



画像




しばらく景色を楽しんだ後、山頂へ向かう
雪が積もる岩の稜線を更に先へ歩いていった







(後編へ続く






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
年末年始企画: 雪山挑戦! Vol.2 金峰山
&lt;&lt; 素人、雪山挑戦企画 Vol.2&gt;&gt; ...続きを見る
海男、日本百名山に挑戦! Vol.2
2008/01/06 00:17

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ。
「百名さん」企画ではお世話になってます。
私も元旦に登ってきましたー。
atsu510
URL
2008/01/06 00:56
atsu510様 こんばんは

素敵な冬景色の金峰山レポを懐かしく拝見させて頂きました こちらは連日のように天気が悪いので、できればまた八ヶ岳や奥秩父あたりに行きたいところです 今年の元旦登山は残念ながら天候に恵まれなかったので、来年はぜひ実現したいですね

今年もよろしくお願いいたします
あき
2008/01/06 23:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★初めての奥秩父‥ 金峰山(前編) 【2007年11月28日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる