米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★晩秋の越後駒ヶ岳(前編)‥ 【2007年10月29日】

<<   作成日時 : 2007/11/01 00:15   >>

トラックバック 0 / コメント 2

近くて遠い存在だった越後駒ヶ岳





秋も深まった休日に登る機会を得た
天候は夕方から崩れる見込み
最短距離となる枝折峠からのルートを選択



国道352号線の一部は冬の到来と共に閉鎖となる
紅葉は見ごろを迎えていて朝から車が多い



賑わう駐車場を後にするとちょうど朝日が顔を出すところ
三脚を構えた方々の後ろを通り過ぎ、静かな登山道を歩いていった





画像


画像


画像




未丈ヶ岳のシルエットを背に緩やかに登っていく
道はほぼ稜線上に付けられている
景色もよく快適な道程が続く



画像


画像




鳥が翼を広げたようなカタチの荒沢岳
稜線上から眺めるこの山の雄大さには驚いた
いつか必ず登りたい山だ



画像


画像


画像




西側はまだ夜明け前
遠く続く山並みは雲海に浮かび静かな風景となっている



画像




朝日を浴びて山肌が赤く染まってくる
荒沢岳はいよいよその全貌を見せる



画像


画像




そして姿を現す駒ヶ岳
続く稜線の先には中ノ岳



画像


画像




30分ほどで枝折大明神の小祠に到着
分岐を左へ向かう



画像


画像


画像


画像




左手には銀山平を見下ろす事ができる
朝靄に輝く様子がなんとも気持ちいい



画像


画像




緩やかに少しずつ高度を上げていく
ふと気がつくと後方の景色も広がっている
右手遠方には何処から見てもすぐに判る地元米山の姿



画像


画像


画像


画像




頂上までの標高差はあまりない
しかし距離が長いので山頂はまだ遠い



画像




道行山に寄り道して先を行く
歩きはじめてから1時間半
昭文社のCTはあまり参考にならない



画像


画像




この区間はぬかるんでいる箇所が多く歩きにくい
だが冬になれば泥濘も懐かしく感じるに違いない



画像


画像

(↑クリックするとパノラマになります)

画像


画像




出発から2時間で小倉山に到着
心地いい日差しを浴びながら休憩
ここは眺めがいい



画像


画像


画像


画像




小倉尾根からの道を合わせてさらに先へ
少し下ってから潅木帯のやや急な登りになる



画像


画像


画像




30分ほど登ると再び視界が開ける
張られたロープには立入禁止の表示
百草ノ池は標柱だけを確認



画像


画像




道は次第に急になっていく
振り返ると景色は広がり眼下に百草ノ池が確認できる



画像


画像




時々荒沢岳を振り返りながら登っていくと「前駒」の標識
小倉山から1時間余り‥出発から3時間半
荒沢岳も4時間くらいで登れるといいのだが‥



画像


画像




前駒を過ぎると景色は更に広がる
傾斜はやや緩くなり心地いい道が続く



画像


画像




荒沢岳から兎岳へ続く稜線を眺める
いつかあの道を歩きたい



画像


画像




岩場を少し登るとその先に駒ノ小屋がある



画像


画像


画像


画像




出発からちょうど4時間で小屋に到着
管理人さんは今月22日に既に下山している


静かな小屋前のベンチで休憩した
雲は少しずつ厚くなってきている様子



画像




今日は360度の大展望が見られるだろう
lここでのんびり休憩というわけにはいかない
僅かな休憩の後、山頂へ向かって歩き始めた





(後編へ続く




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時

こりゃ、美しいですねー。
昨日、同山登ってきましたが、秋は相当キレイですね。
腰を落ち着けて、3山縦走したいかも。

atsu510
URL
2008/06/29 10:38
atsu510さん こんばんは

この時は紅葉も終盤で、なんだか寂しい風景だなぁと感じていました 改めて画像を眺めると結構綺麗ですねぇ‥(笑 このエリアは森林限界が低くてしかも針葉樹帯がほとんどありませんから、最盛期の紅葉は本当に綺麗なんですよ 秋の三山縦走は私も実現したいと考えています 少ない連休が晴れになる確率を考えるといつになることか‥ メッチャ近いんですけどねぇ
あき
2008/06/29 23:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★晩秋の越後駒ヶ岳(前編)‥ 【2007年10月29日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる