米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★二度目の山頂‥ 火打山&焼山 X 【2007年9月19日】

<<   作成日時 : 2007/09/21 15:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(火打山&焼山 Tはコチラから)


                       


山頂からの標高差400bを30分で降りてきた
胴抜切戸を通過したのは10:30
ここから火打山までの区間も厳しいヤブの道が続く



画像


画像




火打山が遠い
一見山頂に見える小ピークさえ遥かに先
ヤブ漕ぎと強い陽射しでかなり消耗しているせいかなかなか進まない



画像


画像




少し登っては少し休んでの繰り返しが続いた
急な傾斜は延々と続き、足元も滑りやすく簡単には登れない



(斜度は下の画像参照)
画像


画像


画像




振り返る焼山はいつのまにか雲の中
姿を現した一瞬を写真に収めたが、
この日焼山を見たのはこれが最後となった



画像




火打山も雲に隠れることが多くなってきた
暑さでバテ気味なのか水の消費量が増えていく
MSRの4gドロメダリーバッグが今回は大活躍



胴抜切戸を出発してから登り続けること約2時間
何度も小休憩をしながらやっと小ピークに到着した
ここまでくると傾斜は徐々に緩やかになる



画像


画像


画像




小ピークの先はとても歩きやすい道に思えた
影火打山頂を通過したのは12:40
下から徐々に雲が湧き上がってきていた



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




バテバテの体を引きずるように登っていく
あと少しで厳しい行程も終了
13:00 火打山に再登頂



画像


画像




山頂で休憩していると徐々にガスに覆われた
涼しい風にあたることができてホッとした
しばらく山で「平泳ぎ」はしたくないものだ



画像




整備された登山道を行き交う多くの登山者
火打山−焼山間で出会った登山者は一人だけだった



画像


画像




懐かしく感じる高谷池へ向かって降りていく
早朝からのピストンで長い時間が過ぎていた
高谷池を出発したのが昨日の出来事のようだ



画像


画像






火打山&焼山 Yへ続く)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★二度目の山頂‥ 火打山&焼山 X 【2007年9月19日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる