米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★晴天の朝日連峰‥ 以東岳(後編) 【2007年9月11日】

<<   作成日時 : 2007/09/12 20:29   >>

トラックバック 0 / コメント 12

(前編はコチラから)





頭上に青空が広がる
長い樹林帯を抜けると視界は一気に広がった

画像


「熊の毛皮を広げたような形の‥」大鳥池を見下ろす

画像


稜線上を涼しい風が通り抜けていく
キツい登りがまだ続くが気分はいい

画像

画像

画像


左手に広がるなだらかな草原の向こうには
これから歩く稜線が続いている

画像


歩いてきた道を振り返りながら更に高度を上げていく

画像

画像

画像

画像


稜線に建つ以東小屋が見えてくる
山頂も近い

画像

画像

画像


稜線に出ると南側の眺望が広がる
遠くに浮かぶように見える飯豊連峰の姿が印象的

画像


5分ほど下ったところに水場があるらしい
だがここまでの急登で疲れてしまったのでパス

小屋周辺の残り花を眺めてから山頂へ向かった

画像

画像

画像

画像

画像


右手には朝日連峰の主稜線が続いている
その最奥には天を突くような大朝日岳の尖峰も見えている

画像


12:00 以東岳(1771b)山頂到着

分岐点に標柱があるが錆びていて判読不能


山頂からの眺望はまさに360度
見える山をすべて同定する事は難しそうだ

画像

画像

画像


心地よい涼風が吹く山頂で食事休憩
他に登山者の姿も無く稜線は貸切状態
どちらを向いて座ればよいのか迷うな‥

画像

画像


12:40 山頂を後にする

なだらかな稜線上を歩いて大鳥池に戻る「オツボ峰コース」へ
風も涼しく景色もよく‥ ここは本当にいいところだ

画像

画像

画像

画像


小さなピークをいくつか越えていく
登山道は緩やかに左へカーブを描くように続いている
見える景色も歩くごとに少しずつ変わっていく

画像

画像

画像


左手の景色
画像

右手後方の景色
画像

画像

鞍部から振り返る以東岳山頂
画像

進行方向に続いていく稜線
画像


「エズラ峰」(写真下中央)へ続く稜線を見送る
大朝日岳の姿も次第に右後方へ移動していく
主稜線方向を眺めることができるのもこの辺りまで

画像


分岐の標柱を過ぎると道は緩やかに下っていく

山頂の標柱が無くて判らなかったがこのピークが「オツボ峰」のようだ
以東岳からのCTは30分とあるが‥13:30に通過
朝日連峰のCT表示は辛めだ

画像

画像


左手に山頂へ向かう「直登コース」の全容を眺める
あんなところをよく登って来たなぁ‥

画像


進行方向奥には三角峰から戸立山に向かう稜線が続く
一般登山道はないが‥なんだか歩けそうにも見える

画像

画像

画像

画像


「三角峰」手前に水場を示す標柱
振り返る稜線はいつの間にか高い

画像

画像


三角峰の山腹から以東岳山頂を振り返る
ここからの眺めも素晴らしい

画像

画像

画像


広がる景色も樹林帯に入る手前の小ピークが最後
以東岳の大きな大きな姿を眺めてから急坂を降りていく

画像

画像

画像

画像


こちらのコースも厳しい急坂が続く
樹林帯の長いトンネルを抜けると光る湖面が視界に入る

画像

画像

画像


15:00 大鳥小屋到着

画像


タキタロウに会えなかったのは残念だが、まだ先は長い‥
10分ほど休憩した後、大鳥登山口へ向かって歩き出した

画像

画像

画像

画像

画像


七曲りを過ぎてしばらく行くと吊り橋に到着
時刻は16:00 ここまで来れば一安心

画像


沢の音を聞きながら長い山道を歩いていく
いつの間にか日没時間も早くなったようだ

画像

画像

画像

画像

画像

画像


17:10 無事登山口に到着


着替えて車を走らせる
来る時に見ることのできなかった景色を眺めながらドライブ



入浴できるところを調べて来なかった‥

海沿いの道を南下し「勝手知ったる」新潟県へ
瀬波温泉「龍泉」へ到着したのは下山の2時間後だった






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
山もだいぶ色づいてきましたね。空も高くて澄み渡ってて、日差しも柔らか・・一年の中でいちばん季節の変化を感じます。
ここは紅葉の綺麗な山なんですね。東北の厳しい冬を控えて木々も最高の輝きを披露してくれるんでしょうか。綺麗なんだろうな。。(行きたいけど遠いです・・汗)
こちら(福井)に夜叉ヶ池山という山があって、そこの山上湖の「夜叉ヶ池」と雰囲気がよく似ています。そこは「怪魚」ではなく「怪虫」(笑)が棲んでるんですよ。神秘的な湖には必ず神秘的な(伝説の)生き物がいるように思いますけど、それも楽しいし、夢がありますよね。
タキタロウ・・どんな魚なのかな?名前が可愛いです☆なんだかその「伝説」とやらが絡んでそうですね。
秋の落ち着きを感じさせるステキな写真ばかりでした。
みっちゃん
2007/09/13 00:16
みっちゃん様 こんばんは
コメントありがとうございます

このあたりの紅葉の様子は画像でしか見たことないのですが、とても素晴らしいのでぜひ検索してみてくださいね 画像で見るだけでも現実離れした素晴らしい風景ですよ 私もいつか紅葉の季節にまた登りたいと思っています できれば主稜線を縦走したいところですねー

タキタロウについては朝日屋旅館様のHPに詳しい事が書かれているのでご覧になってください 某有名釣マンガにも登場してますよ
http://www.takitaro.co.jp/densetsu/

山の色も少しずつ変わってきてますね 賑わう紅葉の季節ももうすぐ‥ 今年はどこへ行こうかとあれこれ考えてます 天候のこともあっていつも直前までなかなか決まらないんですよね

3連休‥晴れるといいですね
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/13 22:43
じっくり拝見しました〜。晴天の中、素晴らしい景色を堪能させていただきました!やはり朝日連峰は奥が深そうですね。1度、行ったくらいじゃその全貌を掴めませんし、見所が多く季節やコースを変えて何度でも足を運びたいエリアですね。

秋の計画ですが、ワタクシも東北方面へ行ってみたいと思っています。これからの紅葉の季節、ホント楽しみですね。
あきさんは、次にどちらに行かれるのでしょうか。さらなる山のレポ楽しみにしています!!
ここあパパ
URL
2007/09/13 22:52
以東岳日帰りお疲れ様でした!
登山口までのアプローチが長いですよね。
あきさんのレポで以前登ったルートを思い出しました。
生憎ガスに覆われて大鳥池の熊の形はチョッピリ眺めただけ。
ガスの切れ間から一瞬広がる草紅葉が印象に残ってます。
青空登山はやはり良いです♪写真は何時も綺麗ですね!
じゅんこ
2007/09/13 22:53
ここあパパ様 こんばんは
コメントありがとうございます

ここは本当に山深いところですねぇ‥ 実際に行ってみるとよくわかります 私のところからもかなり距離があってなかなか行けない場所ですが、季節やコースを変えてぜひまた歩きたいと思いました

朝日連峰の紅葉はこの以東岳周辺が一番綺麗だと聞きました もし行かれるのでしたらぜひ参考にしてくださいね

紅葉の季節もあと少しですね 私も楽しみにしています
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/14 01:18
じゅんこ様 こんばんは
コメントありがとうございます

ここは登山口に辿り着くまでが大変ですよね‥ 私のところからは4時間ほどかかりました(中条まで北陸道) 県境の山なのに新潟県内からの登山道がない山は意外と多いように思います ちょっと残念ですね‥

やはり紅葉の季節に登られたんですね 私も機会があればまた登りたいと思っています でも日帰りだと結構厳しいコースですね‥ 稜線上はとても気持ちよかったのですが、大鳥池からの下山路は少々キツかったです

紅葉の季節までには新しいカメラにも慣れておかないといけませんね 写真をお褒め頂きありがとうございます

休日に青空が広がると嬉しいですね
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/14 01:35
朝日連峰・・・また残念ながら地図がありません・・・。でもそうとうなロングコースだという雰囲気がバシバシ伝わってきますよ(笑)特徴的な大鳥池、素敵な稜線、歩いてみたくなりました。もちろんどこか泊まりで・・・。タキタロウにも会ってみたいです(笑)
まると
2007/09/16 18:52
まると様 こんばんは
コメントありがとうございます

朝日連峰はまだ2度目ですが、すっかり気に入ってしまいました なぜかといえば‥山以外になぁ〜んにも無いんですよ(笑 この奥深さは実際に行ってみると実感します

昭文社「山と高原地図」も編集者によってCTに若干差があるようですね この山域は結構厳しいタイムだと思いました 大鳥小屋に一泊してオツボ峰コースを往復するのがオススメです もちろん日程に余裕があれば大朝日岳までの縦走で行きたいところですが‥ アプローチに不便な面もあり、なかなか難しい場所でもあります

もし本当に体長2bほどの怪魚が群れで行動していたらビックリして腰抜かしそうですよね 私もその姿を想像しながら歩いてました

私の拙い写真ではなかなか伝わりませんが、朝日連峰は本当にいいところです 山慣れた方ならきっと誰もがそう思うことでしょう そちらからはかなり距離がありますが、ぜひ一度計画してみてくださいね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/16 23:38
相変わらず日帰りで凄い脚力で吃驚しています。以東岳ここ10年位眺めているだけでご無沙汰しています。意外にACCESS悪いのが難点ですね!
昔、釣り人が40数センチの岩魚を釣り上げたのを見て、目の玉飛び出る位吃驚した事有ります。
輝ジィ〜ジ
URL
2007/09/17 15:43
輝ジィ〜ジ様 こんばんは
コメントありがとうございます

登山口まで、そして山頂まで‥とても遠く感じましたが、山頂からの大展望は素晴らしかったです いずれ季節を変えてまた登りたいと考えています 大朝日までの稜線もぜひ歩いてみたいですね

40数センチの岩魚なんて見たことないですが、その後どうしたのか気になりますね(笑 最近ご無沙汰しているので、久しぶりに食べたくなりました

日帰りだとお風呂に入れるのが嬉しいです 本当は山中でのんびりしたいところですが、連休も少ないのでしばらくはこのペースで歩くことになりそうです ここは少々キツかったですねー

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/17 23:47
こんにちは

あきさん とばしていますね。うらやましいです。

私は以東小屋泊まりで登りました。大変懐かしく拝見しました。
初日はあきさんと同じコースで天気も良く、あまりの暑さでバテバテでしたが写真を見て刻々と蘇りました。

二日目はガスで展望は無かったですが大朝岳の頭が少しだけ見えました。
以東岳山頂・オツボ峰への稜線からの大朝日岳などの素晴らしい展望です。
余裕が出来たら再訪しますね。
やまや
2007/09/24 14:42
やまや様 こんばんは
コメントありがとうございます

花の季節も終わり、紅葉の季節にはまだ早い‥ キツそうな山は、暑さが和らぐこの時期に登るのがいいのではと考えていました 今月はたまたま天候のいい休日が続いたので、ちょっと忙しかったですね

いつもながらの「展望狙い」山行ですが、以東岳山頂からのパノラマは期待に応える素晴らしいものでした 花の季節や紅葉の季節なら更に楽しめるところでしょうね 日帰りは少々キツかったですが、また行きたい山のひとつになりました

以東小屋って大朝日小屋と似てますよね(‥というより同じ建物?) いずれ再訪する時はどちらもぜひ泊まってみたいです 稜線縦走にはいろいろな問題をクリアしないといけませんが、ぜひ実現したいです そのときは‥オツボ峰コースになるでしょうね(笑

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/25 23:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★晴天の朝日連峰‥ 以東岳(後編) 【2007年9月11日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる