米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★伝説が宿る池‥ 以東岳(前編) 【2007年9月11日】

<<   作成日時 : 2007/09/12 20:27   >>

トラックバック 0 / コメント 5

新潟・山形にまたがる広大な山岳地帯‥朝日連峰
その主稜線北端にどっしりとした大きな山がある


休日の予報を見ると新潟県北部から山形県南部にかけての地域は晴れ
紅葉の季節に登るつもりだったが、休日がいつも晴れるとは限らない
予定を前倒しして朝日連峰「以東岳」へ登る事にした


新潟からの近道になる「朝日スーパー林道」は通行止
県最北の町を抜けて更に北へ向かう
鶴岡市からは高速道を一区間だけ利用した


地図を見ると長い遠回りにがっかりする
自宅から200`程の場所へ行くのに300`弱の走行距離‥
真っ暗な林道終点に到着したのは午前1:30だった



目が覚めると空が青い
何台か留まっている車に人の姿はない
時刻はすでに6時を過ぎていた

画像


出発は6:30
登山道は泡滝ダムの脇から延びている

画像



しばらくはほぼ平坦な山腹の道
右手に大鳥川の清流を見ながら歩いていく
轟々と響く沢音が心地いい

画像


画像


画像


画像


画像



涼しい朝の空気に秋の訪れを実感する
やがて登山道にも遅い朝日が差してくる

画像


画像



久しぶりに見る沢の風景は美しい
紅葉の頃はもっと綺麗だろう‥

画像


画像



歩き始めてから1時間ほどで冷水沢にかかる吊橋を渡る

画像



鬱蒼とした森の中を更に歩いていくと「七ツ滝沢橋」
渡ってしばらく進むと少しずつ傾斜が急になっていく

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



水場の水が冷たくて美味しい
この先は「七曲り」と呼ばれるジグザグの急登

画像


画像



キツイ道をゆっくりと登っていく
傾斜が緩やかになると大鳥池が近い

画像



8:50 大鳥小屋(タキタロウ山荘)到着

木々の間から山頂方向を望むことができる

画像


画像


画像


画像



少し休憩した後、9:00出発
水門の上を抜けて湖畔の道に出る

画像



怪魚「タキタロウ」は本当に棲んでいるのだろうか
できることなら見てみたいものだが‥

画像



森に囲まれた静かな湖を眺めていると
何がいてもおかしくないように思えてくる

画像



すぐに分岐の標識がある
予定通り直登コースを登ってオツボ峰コースを下山する事にした

画像


画像



湖に沿って進む細い道を歩いて行く
小さなアップダウンが多い

画像


画像


画像



山荘から40分で東沢の渡渉点に到着
この日は水量がそれほど多くなかったので楽に通過できた

画像


画像


画像


画像


画像


画像



少し進むと長い急な登りになる
時々手をつかって攀じ登るような急登を休みながら登っていく

画像



「一歩」ではとても越えられないような大きな段差もある
登山道の真ん中が侵食されていて両脇を歩くようになっている箇所も多い
残雪期は要注意

30分ほど登るとたまに視界が広がるようになる
なだらかな稜線が延びて美しい風景だ

画像


画像


画像



厳しい急登は延々と続いている
ストックを持ってこなかったのでちょっと辛い

画像


画像


画像


画像



頭上から差す陽射しが一段と強くなる
やっと森林限界に達したようだ

画像






後編へ続く)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
以東岳、何時か行ってみたいな〜って思っているところの一つですが、なかなかアクセスが難しくて行きにくいエリアです。
興味深く拝見させてもらっている中で、なんだかひときわ興味を引くものが・・・。
おいしそうなゼリーの図にとっても釘付け!
なんだかCMの一こまみたいな雰囲気、涼しげで良い図ですね〜。
ゼリーがとっても食べたくなっちゃいました(^-^;
白音
URL
2007/09/17 23:35
白音さま こんばんは
コメントありがとうございます

ここは遠いです‥ 登山口までの道路地図は見ないほうがよさそうですね(笑 ご存知のように紅葉の季節は素晴らしい景観が広がる山域なので、事情が許せばぜひ行ってみてくださいね

ご指摘の写真のモデルは「季節限定グレープ&ナタデココゼリー」です(そんなこと聞いてないって‥笑) よく見ていただくと、この写真を撮るのに結構苦労している事がお判り頂けるはずです(他の写真はかなりテキトーですが) 食べたくなるような図を模索してみましたが‥そう言って頂けるととっても嬉しいです

下界ではまだ暑い日が続いていますが、山では涼風が吹き始めましたね 秋の風景を今年はどこの山で眺めようかといろいろ考えています 今年も素敵な景色に出会えるといいのですが‥ 楽しみですね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/18 01:13
写真が大きくなりましたね〜
私のPCはヘタレスペックなのでどうも全部見ようとすると止まってしまうようです…トホホ(T_T)
早朝から登り始めるとやっぱり山の中の楽しみが違いますね。光とか色彩とかきれいです。あきさんの腕がいいから、っていうのもあるけど…
私も今度は仮眠しないでまだ暗い内から登り始めてみようかな〜
(…想像すると、ちょっと怖かったりして)

プカプカ
2007/09/21 02:06
プカプカさま こんばんは
コメントありがとうございます

サムネイルのサイズの件ですが‥

ご承知のようにこのウェブリブログでは、画像をクリックすると本来のサイズの画像が別ウインドウで開くようになっています しかし私の撮った素人写真などたいしたものではなく、正直なところほとんどの方はサムネイルだけを見てスクロールしているのではないかと思っています それで見やすいようにとサイズを大きくしてみたんですよ ご迷惑をおかけしたようですみません もともと自分のためのブログなので、ご覧頂いている皆様にとっては一見つまらないように見える画像もなかなか端折れないんですよ 今後は貴重なご意見を参考にさせて頂きますね 今回アップした「火打山&焼山」は1ページの画像数を若干減らして作成してみました(6分割レポになってしまいましたが‥) まだ見にくいようでしたらご一報ください

(↓続く)
あき
2007/09/21 22:55
(↑続き)

朝の風景は素敵ですよね 早朝なら私でもそこそこの写真が撮れるし‥(笑 沢の風景や雲のある風景、そして朝と夕方の光が変わっていく風景は「時間の流れ」が感じられるので見ていて飽きないです 一日中山歩きをしていてもそんな瞬間に出会えるのはほんのわずかなんですけど‥

最初の頃、暗い道を歩くのは私も怖かったです でも‥今は慣れちゃいましたね どちらかというと夜の街を歩く方がずっと怖いようにも思います(笑

仮眠しないで登るのはあまりお勧めしませんが、その時は熊鈴など音の出るものをお忘れなくお持ちくださいね ご承知の事とは思いますが‥

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/21 22:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★伝説が宿る池‥ 以東岳(前編) 【2007年9月11日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる