米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★夏の終わりに‥ 会津駒ヶ岳(前編) 【2007年9月4日】

<<   作成日時 : 2007/09/06 03:21   >>

トラックバック 0 / コメント 6

深夜の国道352号線
数々の登山口を横目に走り続ける



駒ノ湯山荘(越後駒ヶ岳登山口)も近いが
手前の分岐を左へ曲がりシルバーラインへ


トンネルの中、左手には「ナキ沢出口」の標識
シャッターを開ければその先には未丈ヶ岳登山口があるはず


長い長いトンネルの中を走り続け、三叉路を右へ曲がる
曇るウインドウの先には荒沢岳登山口の標識が見えた



奥只見湖に沿って曲がりくねった細い道を走っていく
時々道路上を流れる沢に驚くが、少しは慣れたな‥



連続するカーブが落ち着いてくると右手に平ヶ岳登山口
県境を越えてしばらく行くと尾瀬へ向かう北の玄関口「御池」
通り過ぎるには惜しいが今日は更に先へ向かう


久しぶりに信号を見ると里の気配を感じる
古い旅館が立ち並ぶ街のはずれで左折
舗装された林道を登っていく


左手に写真で見慣れた木の階段を見つける
先客は一台
少し下ったスペースで月を眺めながら眠った





目覚めると5〜6台の車がすでに到着していた
清々しい朝の空気を浴びながら歩き出す

画像


画像



久しぶりの土の感触が心地いい
カラマツ林の緩やかな斜面をゆっくりと歩いていく

画像


画像



視界が開ける場所に出ると雲のない青空が気持ちいい
道は次第に急坂になるが、真夏ほどの暑さは感じない

画像


画像


画像


画像



1時間ほどで水場のある広場に到着
このあたりが稜線までのほぼ中間地点

画像



しばらく休憩した後、先へ行く
更に登っていくと時折木々の間から山頂を眺めることができる

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



急な坂が落ち着くと木道を歩くようになる

駒ノ小屋から駒ヶ岳山頂、そして大戸沢岳へ続くなだらかな稜線
しばらく見ていなかったのんびりとした風景に足を止めた

画像


画像

(↑クリックすると山頂方向へのパノラマになります)


池塘が点在する草原をゆっくりと歩いていく
遠くに見えた小屋もあっという間に近づいてくる

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



左手に燧ヶ岳が見えてくる

すぐにそれと判る特徴的な山容の右手奥には至仏山の姿
御池へ向かう稜線上の道(富士見林道)も確認できる

画像


画像



登り始めて2時間ほどで「駒ノ小屋」に到着
「駒ノ大池」に映る駒ヶ岳を眺めながらベンチで休憩した

画像


画像



すぐに小屋を後にする
駒ヶ岳山頂までは20分ほどの道程

画像


画像


画像


画像



山頂直下の分岐を右へ
急な木道を登りきると会津駒ヶ岳(2132b)山頂

画像


画像


画像



歩き始めて3時間(休憩含む)での到着
背の低い木々に覆われているので展望はあまりよくない

画像


画像



そのまま中門岳へ向かって歩いていった

画像






後編へ続く)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。会津駒は何度も何度も登った山で謂わば地元の山って言う感じなんですが、写真を見ててうん、うんとうなずいています。さすがにきれいですね!山登りより352号でここまで来るのが大変な様に思います。
やまとそば
2007/09/06 08:38
やまとそば様 こんばんは
コメントありがとうございます

この山にはいろいろな思い出があるんでしょうね〜 私にとっては初めての山ですが、天候に恵まれた事もありとてもいい印象を持ちました この周辺は雰囲気のいい山が多いですね

R352の奥只見湖に沿って走る区間はとてもいいところですが、深夜に走るのは結構勇気が要りますね(私、結構小心者です) 深夜に走るのもこれで3回目‥かなり慣れましたが、天候がイマイチの時は走りたくないところでもあります 自宅から登山口まで3時間弱ほどなんですが‥

余談ですが、前文が長いのはPC環境によって写真のダウンロードに時間がかかることを若干考慮しています サラっと読み飛ばして頂いても構いませんよ

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/07 00:48
こんにちは。
私のいつも歩いている山とは全然違った雰囲気の山で素敵ですね〜
山小屋が見えた辺りの写真などは、お天気のいいせいもあるのでしょうが、メルヘンチックに感じます(*^_^*)
それに、池に写った山や小屋の写真も素敵で、このアングルに気づくセンスが必要なんですね。(私など通り過ごしてしまうでしょうから)
それに、花の写真・・すっきりとした生け花の曲線を見ているような感じがしました。
そちらには、こうした景色の山が多いのでしょうか。
登っている時は大変なのでしょうが、こんな長閑な景色に私も会いたです。
いつも素敵な写真、ありがとうごとうございます。
つれづれ
2007/09/07 12:58
つれづれ様 こんばんは
コメントありがとうございます

山頂付近のなだらかな丘のような風景はとても印象的でした わりと近くにある平ヶ岳、巻機山の山頂付近も似たような雰囲気を持っています 山の成り立ち、気候などによるものでしょうね 山だけでなく、周辺の里の雰囲気もなかなかいいですよ ぜひこの地域の山へもお出かけくださいね

カメラをぶら下げて歩いているといつの間にか「カメラの目線」で景色を見ている自分に気づきます いつもありきたりの構図ばかりですが、天気がいいと写真を撮るのも楽しいですね お褒め頂きありがとうございます

秋の山も楽しみですね
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/07 22:08
拙ブログにもコメントありがとうございます。
百名山完登後の計画としては
@二百名山ボチボチと
A百名山再訪
Bオフ会山行計画
などを考えています。
昨年7月に登った会津駒は雨中登山でしたので「再訪せねばいかんなー」と思いました。
天気のいい日を狙いたいと思います。
たけぱぱ
URL
2007/09/10 13:48
たけぱぱ様 こんばんは
コメントありがとうございます
百名山完登おめでとうございます

私は百名山完登を目指しているわけではないのですが、長い年月をかけて目標を達成したことはとても素晴らしいことだと思います 山に登る理由は人それぞれと思いますが、これからもたけぱぱさんらしい山登りを続けてくださいね

この日はご覧のように素晴らしい青空に恵まれました ぜひ次は晴天の会津駒へお出かけくださいね 青空の下、中門大池のほとりにあるベンチに座るととっても気持ちいいですよ

ぜひ平日のオフ会を企画してくださいねー(そりゃ無理か‥)
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/12 21:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★夏の終わりに‥ 会津駒ヶ岳(前編) 【2007年9月4日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる