米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★後立縦走V‥ 白馬三山 【2007年8月14日】

<<   作成日時 : 2007/08/21 20:14   >>

トラックバック 0 / コメント 8

(後立縦走Tはコチラから)





コマクサの咲く斜面を眺めながら徐々に登り返していく
右手には剱岳や立山連峰の雄大な姿
この先はずっと稜線の右側にあり、少しずつ近づいていく





画像


画像


画像






「馬ノ背」の稜線をゆっくりと登っていく
やがて多くの人々で賑わう山頂が視界に入ってくる
白馬岳(2932b)山頂からの眺めは格別だ





画像


画像


画像






周囲に少しずつ雲がかかり始めている
大雪渓側を見下ろしてみるとかなりの高度感
前回は強風でまともに見ることができなかった





画像


画像


(清水岳方面 今回はこちらからのルートも検討していた)
画像


画像


画像






山荘で昼食後、何度も振り返りながら緩やかに下っていく
分岐の標柱をそのまままっすぐ南へ向かう
この先は唐松岳まで未踏の道が続く





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






お花畑を過ぎると緩やかな登りとなる
山腹の分岐を左へ向かうと杓子岳の山頂
何度も振り返って眺めた白馬岳はガスの中に消えていた




画像


画像


画像


画像


画像


画像






ガレた急坂を慎重に登っていくと杓子岳(2812b)山頂
眺望がよさそうなところだが、ガスのため何も見えない
そのまま稜線を辿って再び縦走路へ合流した





画像


画像


画像


画像






鞍部から緩やかに登り返して今日最後の頂を目指す
ガスに囲まれたが気温はあまり下がっていない
まだ小さなライチョウの子が登山道近くをウロウロ





画像


画像


画像


画像


画像






登山道は右手の尾根へ続くように見えるがこちらは清水谷方面(登山道はない)
縦走路からやや左へ入ったところが白馬鑓ヶ岳(2903b)山頂
ザックをデポした分岐に戻ってさらに縦走路を行く





画像


画像


画像


画像






ガレた岩屑の斜面を緩やかに下っていく
道はやがて分岐する
その先は登山者が減るだろう





画像


画像


画像


画像






次第にガスが濃くなる中、分岐の標柱を目にした
時間に余裕があれば鑓温泉まで行きたいが
往復CTは5:30で「立寄る」にはちょっと遠い




画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




やがて天狗山荘が見えてくる
稜線のやや東側にあるテン場はお花畑に囲まれていた



画像


画像





雪融けの水が豊富で環境はなかなかいい
沈む夕陽を眺めながら静かな稜線上でゆっくりと過ごした
翌日は難所「不帰(かえらず)キレット」の通過が待っている





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






この日も風が弱く穏やかな夜
静かなテン場はとても居心地がよかった




後立縦走Wに続く)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お、おしい…。
僕らも13日に白馬岳から鑓温泉を歩きました。
あ〜、ほんの1日違っていたらあきさんにお会い出来たカモ。と思うと超残念です。

確かに先に進むとなると鑓温泉の立ち寄りは遠すぎですね。
ケド、鑓温泉良かったです!
あきさんも白馬再再訪の折にはゼヒ!


Shucream
2007/08/22 19:28
Shucreamさま こんばんは
コメントありがとうございます

ニアミスでしたね〜 う〜ん残念!

「大雪渓−白馬(泊)−唐松(泊)−キレット小屋(泊)−扇沢」の3泊も考えたのですが、混雑を微妙に避けるのと、難所を午前中に通過したい事、更に「オールテント泊」の経済性も考慮して、前々から願っていた「白馬大池(泊)」を追加しました 天候悪化による半日くらいの停滞も考慮してのことです

3日目を唐松(泊)にするなら2日目に鑓温泉(泊)も可能だったのですが、混雑を予想し、「稜線を歩き続ける」という大義名分のために却下しました いずれ鑓温泉だけを目標に「ピークなし」の山登りでもやろうかと考えています

モルゲンロートの杓子岳‥私も見たかったな

私のところからはそんなに遠いところではないので、ここはまたいつか登ることになると思います

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/08/23 02:40
お邪魔します。
天候にも恵まれ、良い山行になりましたね。
でもガスが上がってくるのが早くて、お昼ごろには視界も悪くなり、
例年に増して暑い山の上でした。
鑓ヶ岳山頂でガスっていたのが残念ですね、
私は朝早かったので、最高の眺めでした。
素敵な写真を沢山ありがとうございます。
やっぱり一眼は良いですね、私も欲しいな〜。
西嬉 (大将)
URL
2007/08/30 10:14
西嬉(大将)さま
コメントありがとうございます

連休中一度も雨にあたらず、本当にいい山行になりました この付近はガスが早いと承知していたのですが、朝は苦手で‥ 白馬鑓ヶ岳からの眺望は少々残念でしたが、ガスに霞む白い岩屑の別世界を歩くのも結構楽しかったですよ

一眼は使い始めたばかりなので、イマイチ勝手がわからなくて苦労してます なかなか思うようにはいかないのですが、悪戦苦闘も楽しみのうちと思っています お褒め頂きありがとうございます

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/08/30 22:10
素晴らしい展望。そして花々

登山道を歩いている登山者がいようですがこのタイミング難しいです。それにしても素晴らしい写真です。
レストランもあまり居ないようですね。食事どうだったでしょうか?。
私が登った時は頂上山荘がごった返していました。そして雪渓の方から切れまがないくらいに登ってきていました。
人混みは好きではないので予約を取り消し下の頂上宿舎へ変更しました。

雷鳥が登山道付近に居ると言うことは、あ〜ガスが。どんどん展望が。
やっぱり午後を過ぎるとガスが出始めてきますね。

天狗平でも夕方になるとガスが下がり素晴らしい夕焼け。
テントで食事しながら眺め、今日一日を無事過ごせて自分に感謝したんでしょうか。
やまや
2007/09/05 17:43
やまや様 こんばんは
コメントありがとうございます

当初は大雪渓を登って山頂で泊まる事も考えていましたが、人ごみを避ける意味もあり大池での一泊を追加しました 山頂到着はちょうど10時だったので、混雑をうまく避けることができました

レストランの開店は10時半 予定通りに窓越しの展望を写真に収めることができました(コレ実は狙ってた) 食事はビーフカレーか牛丼ってカンジだったと思います 私はカレーにしましたよ(千円也) 山中で食べるものは何でも美味しいのでアテにならない意見かもしれませんが‥とっても美味しかったデス

午後のガスもほぼ予想通りでした 白馬鑓はモノトーンな景色になるだろうと思っていました 白馬岳の鮮やかな世界とは対照的で、コレはコレで楽しむことができました

翌日の点線ルートに少しビビっていましたが、予期せぬ素晴らしい夕焼けに癒されました 天狗平はとても雰囲気がよく、また行きたい場所のひとつになりましたね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/06 22:01
遅くなりましたが、ゆっくり何度かに分けて拝見させていただきました。
どこにコメントしようか迷いましたが、やはりこちらに。
祖母谷からのルート、私もいつか歩いてみたいなぁと思います。
やはりあきさんも思われたようで、嬉しくなりました。
私にとって、白馬岳は実に19年ぶりでしたが、見事に記憶が飛んでおりました。
おかげで、初めて歩く山のようでとても新鮮でしたが・・・
あきさんの、写真で見られなかった景色もたくさん堪能できました。
いつも本当に美しいです!
tomomi
URL
2007/09/11 22:57
tomomiさま こんばんは
コメントありがとうございます

19年ぶりの山歩きを経験するには、私の場合あと17年必要ですね(笑  歳のせいかそろそろ記憶力が低下してきているようで、私の場合は1年ぶりの山でも結構新鮮に感じたりしますが‥

祖母谷からの周回ルート、実はかなり迷ったんですよ 休日に余裕があったのと、天候が長く安定している様子だったので今回はコチラにしました そんなに遠いところではないので、清水岳方面へもそのうち行ってみたいと思っています 

写真は‥tomomiさんには敵いませんよー カメラを持つのは週に一度だけなので、いまだに操作に慣れません 自分のイメージした通りに撮れるまでもうしばらく試行錯誤が続くと思います 暖かく見守ってくださいね お褒め頂きありがとうございます

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/12 22:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★後立縦走V‥ 白馬三山 【2007年8月14日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる