米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★後立縦走U‥ 小蓮華山 【2007年8月14日】

<<   作成日時 : 2007/08/21 20:12   >>

トラックバック 0 / コメント 6

(後立縦走Tはコチラから)





まだ暗い夜明け前に目が覚めた
テントの外へ出て見上げると満点の星空
そして次々と流れる流れ星





やがて空は色を変えていき、
湖畔から眺める小蓮華山も青く美しい姿を見せ始める
静かでドラマティックな風景に時間を忘れた




画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像







準備を整えて雷鳥坂を登っていく
稜線は多くの登山者で賑わっていて、とても華やかな雰囲気
登っていくごとに風景は広がっていく





画像


画像


画像






振り返るごとに白馬大池が小さくなっていく
遠くに並ぶ北信の山々は逆光のシルエット
早朝の風が涼しく心地いい





画像


画像






小ピークを過ぎて鞍部から主稜線を眺める
彼方に鹿島槍ヶ岳の双耳峰を見ることができた
あそこまで本当に歩いていけるのかと心配になった





画像


画像


画像






八ヶ岳の奥には富士山の姿が重なっていた
この先徐々に離れていくはずだと思いながら
周囲の風景を楽しんだ





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






やがて稜線の左側に白馬岳の姿が見えてくる
雲海の向こうには噴煙を上げる浅間山の姿も見える
写真を撮りながら歩くのでなかなか先へ進めない





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






小蓮華山(2768b)山頂で少し休憩
岩屑が散乱した山頂に立っていた鉄剣は倒れていた
先回来た時より立入禁止の範囲も広がっていた





画像


画像


画像


画像






小蓮華から白馬岳山頂までは未踏の区間
ワクワクしながらその先へ歩いて行く
初めて歩く道はいつも嬉しいものだ





画像


画像


画像


画像






右手には三国境から北へ向かう主稜線が見えている
雪倉岳の奥には黒部川下流の街も見えてくる





画像


画像


画像






鞍部まで下ると三県境となっている「三国境」の分岐
多くの登山者が休憩をしていた
休む場所さえなさそうな混雑なのでそのまま歩き続けた




画像


画像






後立縦走Vに続く)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
小蓮華山の剣が崩落で倒れたとは聞いていたけれど本当だったんですね。
なんか寂しいなぁ。
ロングの縦走お疲れ様でした。
五竜の南の尾根歩きはどうでしたか?
だるふぉ
URL
2007/08/23 13:22
だるふぉ様 こんばんは
コメントありがとうございます

「標高が低くなった」小蓮華山‥ 山頂付近は昨年も規制されていたのですが、今回は規制範囲が大幅に広がり、本当の山頂を見ることすらできませんでした 白馬岳へ向かう途中の小ピークみたいなところですが、新潟県の最高峰でもあり崩落は寂しいことですね

五竜から先、鹿島槍までの区間はとても楽しかったです ガレた足元にはかなり気を使いましたが、岩場の手がかりも豊富で私くらいの力量で「ちょうどいい」と思いました もし岩場が濡れていたら通過は困難だったと思いますが‥

北峰から下界を眺めても不思議と平気でしたよ(笑  きっと感覚が麻痺していたんでしょうね

一日の行動時間を控えめにしていた事もあり、天候にも助けられて無事にゴールまで辿り着くことができました 長かったけど、過ぎてしまえば短く感じてしまいますね

憧れの穂高、もう少し先になりそうです
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/08/24 00:18
あきさん こんにちは

お〜 テント場からの展望凄い。池に映る雲ひとつない真っ青な青空。

私はガスであまり展望がなかったのでこんな素晴らしい展望があるコースだったとは想像もつきませんでした。何時かリベンジします。

小蓮華山の鉄剣倒れていたんですか。自然のいたずら何でしょうか?。
できれば早く復元してほしいですね。

素晴らしい展望を有難うございました。
ではまたです。次のページも楽しみです。
やまや
2007/09/04 15:02
やまや様 こんばんは
コメントありがとうございます

大池は過去に二度行ってますが、スッキリと晴れたのは今回が初めてでした いつか天気がいい日に歩いてみたいと思っていた場所なので、本当に嬉しかったです 雰囲気のいいところなので私もまた訪れることになるでしょう

小蓮華山崩落の原因はよくわからないのですが、山頂の様子は少々残念でした 三角点を設置しなおす計画もあるとの事、新潟県人として複雑な思いです 標高が変わる可能性もあるようですね

実際に見た景色はとても素晴らしかったです いい日に再訪できるといいですね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/06 21:38
先生、一番上の花、なに?
いつき
2010/05/26 00:46
チングルマです。
これは花じゃなくて、果穂なんです。
初めて見た時は不思議なカンジでしたが、
山ではわりとよく見かけます。
風に揺れる様子がかわいいんですよ。
あき
2010/05/26 23:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★後立縦走U‥ 小蓮華山 【2007年8月14日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる