米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★後立縦走T‥ 白馬大池 【2007年8月13日】

<<   作成日時 : 2007/08/21 20:10   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像





長い山旅は栂池から





画像






ゴンドラリフトとロープウェイを乗り継ぐと標高1850b
栂池ヒュッテの建物が懐かしい
初めて北アルプスの登山道を歩いた日を思い出した





簡単な装備とストック一本で時間を気にしながら白馬大池まで行った
雷鳥坂を登っていく人々を見て、いつかその先へ行きたいと思っていた
少しガスっていたが北アルプスの風景に感動したのは2年前の事





長い縦走のスタートはあの日と同じ登山口
夏空が広がる暑い午後





画像


画像






樹林帯の中へ延びる急な登山道をゆっくりと登っていく
4泊分の荷物が詰まったザックはやっぱりちょっと重い





画像


画像






やや急な登山道を1時間半ほど登ると木道が現れる
久しぶりに訪れた天狗原でザックを降ろして一休み





画像


画像


画像


画像


画像






平坦な木道をいくと風吹大池への道を右に分ける
やがてゴロゴロの大岩を伝って高度を上げていく





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






途中で振り返ると天狗原が見渡せる
次第にすれ違う人々が少なくなっていく時間
静かな山の雰囲気が心地いい





画像


画像


画像


画像






周囲はガスに覆われ始め、涼しくて心地いい空気に包まれる
雪渓を直登してさらに登ると懐かしいハイマツの海を横切る





画像


画像


画像






白馬乗鞍岳の大きなケルンを過ぎて緩やかに下っていく
眼前に広がるはずの白馬大池は残念ながら少し霞んでいた





画像


画像






静かな湖畔をのんびりと歩いていく
斜面に咲く花が美しい
やがて白馬大池山荘の赤い建物が見えてくる





画像


画像


画像


画像


画像


画像






幕営地は平坦で設営は楽だった
残念ながら厚い雲の真下にいる様子
不思議な夕焼けを見ながらテントの中に入った





画像


画像







夜になっても周囲は濃いガスに包まれていた
隣のテントさえどこにあるのかわからない
翌日の天候が気になってラジオを聞いた





暗闇に包まれた山中でも地元FM局の受信は良好
静かな湖畔のテン場でラジオを聞くのがちょっと不思議な感じだった







後立縦走Uへ続く)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
これだけ一気にアップされたらどれから見ていいのやら、
白馬からの帰りはいつもこのコースを利用しています。
ここは縦走するで有ろう重装備の人に良く出会います、
いつも「御苦労さま」と思っていました。今回はあきさんが
その御苦労さまの人になったんですね。
後のレポートゆっくり拝見させて頂きます。
京のポンポン山
2007/08/22 01:25
京のポンポン山さま こんばんは
コメントありがとうございます

「小蓮華から大蓮華(白馬岳)へ」‥ 縦走のスタートは迷ったのですが、結局コチラに落ち着きました このコースは私も好きな道です 月曜日の入山だったせいかテン泊縦走の方はあまり見かけませんでした 南から北へ(栂海新道へ)向かう縦走者が多かったように思います

私にとって初めての長期縦走でした 焦点の定まらない曖昧なレポになってしまいましたが、後のレポもぜひご覧下さい

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/08/23 01:55
ロング縦走お疲れ様でした〜。
白馬大池のテン場、とても懐かしいです。
私の場合、結婚したその年に妻と初めての
テント泊がココでした。
蓮華温泉から入ったのですが、
当初、一日目は白馬岳頂上宿舎まで行く予定でした。
しかし、予想以上にバテた相方を気遣い
急遽この場所で泊まりました。
でもココってロケーションばっちりの
ステキな場所ですよね。
また行ってみたい所です〜。
ここあパパ
URL
2007/08/29 22:10
ここあパパ様 こんばんは
コメントありがとうございます

本文にも記述したように、私にとってもここは思い出深い場所です 初日を白馬岳頂上宿舎にしなかった理由はいくつかありますが、やはり思い出の場所から歩きたかったというのが一番ですね

あとは‥@小蓮華山〜白馬岳間を繋ぎたかった A五竜山荘〜冷池間にテン場がないので逆算すると一日目が頂上宿舎では中途半端 B重装備なので徐々に高度順応しないとバテる C車中泊や早朝出発を避けられる ‥といった理由です 縦走初心者なのでいろいろと考えましたが、結果的には天候にも恵まれていい時間を過ごす事ができました

白馬大池は今回が3度目ですが、また行く事になると思います いつか湖畔で一日のんびりと過ごしてみたいですね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/08/29 22:45
わぁ…すごい〜
いっぱいありすぎてとても一晩で全部拝見できそうにもありません。
ひとつずつゆっくり、読ませていただきますね。

お花の写真、露出開放が利いてていいですね。
撮ってて面白くてたまらないだろうなぁ

そういえば、いつかあきさんとお知り合いになったばかりの頃、
私が白馬大池経由のコースに対する憧れを述べた時に
「自分は不純な動機でここに行った」(て感じのことを)
話してたのを思い出しました。
いつか歩いてみせると思っていた道を歩いている時の感慨はどれほどのものでしょうか。
それもみんなあきさん自身の努力の積み重ねによってかなえた夢なんですね。
これからもあきさんはたくさんの夢を現実に変えていくんですね。
私も、鈍足ながら必ずやってみせまっせ〜!(何を?)
プカプカ
URL
2007/08/31 01:45
プカプカさま こんばんは
コメントありがとうございます

アルプスの縦走はやっぱり楽しいです 途中いろいろな事がありましたが、レポは自分なりに簡潔にまとめたつもりです 今回は「楽しむ」事に徹していたのであまり写真を撮っていないところもあるのですが、縦走の雰囲気が少しでも伝わればと思います お時間のある時にサラッとご覧下さいマセ

花の写真を撮るのは難しいですね 私はどちらかというと「歩く」事がメインなので、じっくりと写真に専念できないんですよ まだまだ余裕がないというか‥ 来年の花のシーズンにはもう少し上手に撮れるように練習していきたいと思っています

天候に恵まれて本当によかったです 知識も経験も乏しい私がこの長い道程を歩き通せたのは安定した天候のおかげです また、山中で出会った多くの方々にも感謝しないといけませんね

夢は果てしないですよね 「出来ること」と「したいこと」をしっかりと見据えて最初の一歩を確実に踏み出せば、夢は目標に変わるはずですよ お互いいい時間を過ごせるよう頑張りましょうね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/01 00:32
あきさん

またまた凄いです。後立山をテント縦走なんて。
私は小屋泊まりで蓮華温泉から朝日〜白馬〜五竜〜爺ヶ岳〜針ノ木〜七倉〜烏帽子〜野口五郎〜赤牛〜鷲羽と歩き湯俣温泉へと下りました。
これから少しずつ見させていただきます。凄く懐かしい所や天気が悪くてなんにも見えなかった所などあったので凄く楽しみです。

あきさんの初日のコースは私は雪渓〜栂池へと逆コースを歩いたんですが、全く感じが違って感動です。そうそう あきさんが大池で見たあの夕焼け、私は朝日小屋で見ました。凄いですよね。大池は私も一度は泊ってみたい所に一つです。
やまや
2007/09/01 16:10
やまや様 こんばんは
コメントありがとうございます

蓮華温泉から湯俣温泉なんて夢のようなコースですね 種池山荘から更に先へと続いている道を眺めながら「いつか歩きたい」って思いました 水晶小屋まで‥まだまだ長い道ですが、時間をかけて少しずつ繋いでいきたいですね

同じコースでもどちらから歩くかでずいぶん雰囲気は変わりますよね 北ア北部はわりと近いので、また季節やコースを変えて歩くことになると思います 遠くの名山はなかなか行けませんが、近くにいい山が多いのでとてもありがたく思っています

初めての長期テン泊縦走はとても楽しかったです
来年の夏もこんな縦走ができたらいいですね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/01 21:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★後立縦走T‥ 白馬大池 【2007年8月13日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる