米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★後立縦走Y‥ 五竜岳 【2007年8月16日】

<<   作成日時 : 2007/08/21 20:19   >>

トラックバック 0 / コメント 4

(後立縦走Tはコチラから)





前日に続いてキレットを越える予定の朝
テン場の周辺はガスに包まれていた
出発は予定より少し遅かった



画像




予報は悪くなかったが周囲は濃いガスで視界も悪かった
しかし歩いていると次第にガスの向こうに青空が透けてきた
やがて青空が広がり朝日に照らされた五竜岳がその姿を見せ始めた



画像


画像


画像


画像


画像




登るごとに青くなっていく空と眼下に広がる雲海
山荘付近は雲の通り道になっていたのだ
もっと早く出発していればよかったと少し後悔した



画像


画像


画像




立ち止まって振り返ると壮大なスケールで雲が稜線を超えていく
目の前の岩壁を3点確保でゆっくり登っていく
鹿島槍ヶ岳の美しい双耳峰が突然視界に飛び込んできた



画像



画像


画像


画像


画像




山頂直下の岩壁は意外と手強い
昨夜の少女が父親の指示を受けながら
一生懸命岩壁を登っていた



画像


画像




眼下を流れるガスの切れ目を覗く
朝日に光る山荘の建物がかなり低く見える
山頂が近づいているようだ



画像


画像


画像




五竜岳(2814b)の山頂は東西に長い
三角点は縦走路からやや西へ向かった地点にある
ザックをデポしてカメラを持ち替えると素晴らしい眺望が待っていた



画像


画像


画像




説明不要な山々が周囲を囲んでいる
これほど眺望がいいとは思わなかった



画像


画像


画像


画像




八ヶ岳のかなり右に位置する富士山の姿
歩いてきた距離を実感した



画像


画像


画像




鹿島槍ヶ岳へ向かう稜線上の険しい道
「八峰キレット」は雲に隠れてその姿を見ることができない
これから雲の中を抜けていく事になる



画像






カメラをザックの中へ入れてしばらく休憩
再びコンデジに持ち替えて縦走路を南へ向かった





後立縦走Zへ続く)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

私は今月9日に五竜に登りました。思っていた以上に素晴らしい展望で感激しました。しばらく見えなかった鹿島槍が、登る途中で見えたのもよかったですね。

私は五竜と唐松だけでしたが、いつかは後立山をずっと縦走してみたいものです。




まるふく
2007/08/22 03:33
まるふく様 こんばんは
コメントありがとうございます

未踏だった五竜岳‥ ここへ登るのも目標のひとつでした 仰るとおり素晴らしい展望で、私も感激しました ここから眺める鹿島槍も印象的でしたね〜

五竜岳は黒菱からの日帰りも考えていましたが、縦走中の登頂でよかったと思っています 山で迎えた朝の風景は忘れられない思い出になりました いつか縦走の機会が訪れるといいですね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/08/23 02:09
あきさん こんにちは

五竜岳山頂からの展望&写真最高です。すげ〜 
私も今度リベンジする時は天気に合わせて休みを取り登ることにします。

私が五竜山荘通過時に、4〜5枚目の写真の五竜はみれたんですが残念ながら直ぐにガスで見えなくなりました(キレット小屋まで)。

素晴らしい展望・天気でよかったですね。(うらやまし〜な〜)

Zも楽しみです。

やまや
2007/09/14 13:50
やまや様 こんばんは
コメントありがとうございます

五竜岳山頂からの眺望は本当に素晴らしかったです ガスの中を歩き出した時はどうなることかと思っていましたが、まさかこんな事になっていたなんて‥ 期待していなかっただけにとても嬉しかったです

天気に合わせて休みを取ることができるといいのですが、なかなか難しいことです 私の場合は直前の予報に合わせて行き先を決める事が多いです(皆さんそうだと思いますが‥) うまくいかないこともありますが、こればかりは仕方ないですよね

晴れた日に再訪できるといいですね
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/09/14 22:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★後立縦走Y‥ 五竜岳 【2007年8月16日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる