米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★花咲く道‥ 大朝日岳(第二部) 【2007年7月10日】

<<   作成日時 : 2007/07/12 03:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

時計を見るとすでに11時過ぎ





小朝日岳手前の分岐に到着したところ
途中で写真を撮りすぎたせいか予定より遅い
この調子では大朝日岳山頂往復はギリギリだ



これだけガスに囲まれていては眺望も期待できないだろう
小朝日岳は登らず山腹を巻いていくことにした



画像




いかにもトラバース道といった感じの登山道を歩いていく
意外な事にここではほとんど花を見なかった
風雪厳しい稜線上の方が花の数も多い様子



画像




やがて山頂からの道に合流
小朝日岳の山頂に向かう道はかなりの急登



画像




大朝日岳までの稜線上も多くの花が咲く道
この様子では山頂到着はいつになることか



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




少しずつガスが引いてきた様子
わずかに覗く残雪の風景に目を奪われる



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




朝日連峰の名水「銀玉水(ぎんぎょくすい)」
山の水は山頂に近いほど雑味がなく美味しい



画像


画像




その先は雪渓になっていた
雪の上を歩くのは久しぶりの事
一歩一歩慎重に登っていく



画像


画像


画像


画像


画像


画像




ケルンが見えてくる
登りきるとガスの切れ間が少し広がっていた



晴れていれば大展望が望めるのだろう
僅かになだらかな稜線の風景を見ることができた



画像




当初登る予定だった「中岳」
緑と白のコントラストが美しい



画像




大朝日岳の山頂も姿を見せる
小屋まであと僅か



画像

(↑クリックするとパノラマになります)


画像


画像




「大朝日小屋」に到着
すぐにアルファ米にお湯を注ぐ
ザックをデポして山頂へ向かった



画像


画像




稜線からの景色も雲に隠れがち
それでも「真っ白」よりはずっといい



画像


画像


画像


画像


画像




時刻は13時すぎ
予定より遅れて憧れの大朝日岳(1870b)山頂に到着
ガスに囲まれてはいるが嬉しい初登頂の瞬間



画像


画像




山頂滞在は約5分
展望は望めないので小屋に戻る事にした



画像




小屋に戻り遅い昼食とした
今日は「納豆(7・10)の日」



画像



小屋の管理人さんから山バッジを購入
静かなひとときの後、下山を開始した







第三部に続く)








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★花咲く道‥ 大朝日岳(第二部) 【2007年7月10日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる