米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★花咲く道‥ 大朝日岳(第一部) 【2007年7月10日】

<<   作成日時 : 2007/07/12 03:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ぐっすりと眠っていたようだ





目が覚めるとそこは「古寺鉱泉」の駐車場
一瞬どこにいるかを忘れていた



心地いい沢の音を聞きながら準備をする
歩き始めるとすぐに古寺鉱泉「朝陽館」の建物が見えてくる



画像


画像




橋を渡り「朝陽館」の横から続く沢沿いの道を歩いていく
ひと登りで尾根上に出るが、木々に囲まれていて視界は遮られている



画像


画像




しばらく緩やかな尾根道を歩いていく
ブナ林が心地いい



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




時折視界が開ける場所もあるが景色はガスの中
登る方角も霞んでいるが涼しいのはありがたい



画像




緩やかな樹林帯を2時間ほど登る
「一服清水」で冷たい山の水を一杯
少し先に行くと分岐にさしかかる



画像




ハナヌキ峰からの道を合わせて先へ行く
傾斜は少しずつ急になっていく



画像


画像


画像




いつのまにかガスに囲まれる
残念だが山頂は違うかも知れない
淡い期待を抱きつつ更に登っていく



画像


画像


画像




このコースは水場に恵まれている
「三沢清水」でまた一杯
ここの水も美味しい



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




古寺山へ向かう稜線上もガスの中
周囲の景色はまた次に来た時に‥



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




花多き山ではなかなか足が進まない
古寺山が近づく頃、今日の主役が姿を見せる



画像


画像


画像




緑に映える美しい色が足を止める
咲き乱れるヒメサユリを眺めつつ古寺山(1501b)山頂を通過



ガスに囲まれて景色はほとんど見えないが
小朝日岳のものと思われる稜線が一瞬だけ覗く



画像


画像




他に人がいない登山道をそのまま先へ向かう
この日山中で出会った登山者は2人だけだった



画像


画像


画像


画像




しばらく続く「ヒメサユリロード」
華やかな道を歩くのは楽しい



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




振り返るとガスが引いてきている様子
古寺山の姿をやっと見ることが出来た



画像


画像


画像


画像




写真を撮りながらゆっくりと歩いていく
いつの間にかガスが引き、眼前に「小朝日岳」の姿が現れる



画像






第二部に続く)










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★花咲く道‥ 大朝日岳(第一部) 【2007年7月10日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる