米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆霞む山頂湿原‥ 平ヶ岳(後編) 【2007年6月11日】

<<   作成日時 : 2007/06/12 23:19   >>

トラックバック 0 / コメント 22

空は雲に覆われてしまった







画像

(↑クリックするとパノラマになります)





姫ノ池到着は10:30
美しい湿原が広がっていた
木道を辿って平ヶ岳山頂へ向かった





登山道は雪融けの水で川のようになっていた
鞍部にも湿原があり穏やかな風景
花の季節になれば華やかであろう





画像






「ツガ廊下」と呼ばれる樹林帯を登り返していく
ここも残雪が多く、ルートは不明瞭
やがて山頂へ続く木道を歩くようになる





画像


画像


画像


画像


画像






平ヶ岳(2141b)山頂到着はちょうど11時
潅木に囲まれた山頂には二等三角点がある
木道は更に先へ続いている





画像


画像






木道は途中から残雪に覆われていた
ガスに囲まれて視界も悪い
山頂標がある場所まで戻り、木道に座り込んで休憩した





画像






風もなく穏やかな湿原の真ん中
誰もいない静かな山頂にコッヘルの音が響く
40分ほどの滞在で山頂を後にした





画像


画像


画像


画像


画像






鞍部へ向かう下山中にまたルートを見失った
すぐに復帰したが、残雪期の山は怖い
いったん「姫ノ池」まで戻り、たまご石方面に向かった





画像


画像


画像


画像


画像






たまご石までが意外と遠く感じた
所々に湿原が点在して楽園のようなところだ
残念ながら途中から小雨模様の天候になってしまった





画像


画像




分岐から20分ほどで「玉子石」に到着
自然が造った奇岩だが、どう見ても後から載せたように見える
この場所から眺める景色も素晴らしい





画像


画像






無雪期の登山道はここで行き止まり
いつか残雪期に大水上山へ続く稜線を歩いてみたいもの
雨の降る中、歩いてきた道を戻っていった





画像


画像


画像


画像






姫ノ池を後にしたのは12:40
尾根上から見下ろすと果てしなく続く下山ルート
急坂を下っていくと一人の登山者と交差した




画像


画像






やがて「難関」の樹林帯に入る
記憶もトレースもあまり当てにできない





時々迷いながらヤブを掻き分けて東北東の方角を目指す
「白沢清水」にたどり着いたのは13:30
雨はすっかり止んでいた





画像


画像


画像






台倉清水通過は14:10
ここまで戻れば精神的にも楽になる
暑くも寒くもない樹林帯の空気が心地いい





画像






台倉山の稜線に出ると再び景色が広がる
稜線の右手に会津朝日岳を遠望
この区間は沢を登ってくる涼風が心地いい





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






左手には荒沢岳から兎岳へ続く稜線
奥に見えるはずの越後三山は雲の中





画像






下台倉山を過ぎると平ヶ岳の姿は見えなくなる
その先には急坂が待っている
正面に会津駒ヶ岳の姿を眺めながら降りていく





画像


画像


画像






遥か下方まで続く急坂
日が長い季節なので時間には余裕がある
ここでやっと天候が回復して暑さを感じるようになった





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






16:50 登山口駐車場到着
車に乗り込みまだ明るいR352を走り銀山平へ
越後駒ヶ岳、中ノ岳の眺望が素晴らしかった





画像


画像


画像









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
あきさん、こんばんは♪
長丁場の登山お疲れ様でした!(←って、行かせてしまったのは私達ですよね〜 (*´д`*) )
残雪の状況など、とっても参考になりました。
本当にありがとうございますm(_ _)m
ただ、この長丁場を私がやり切れるのかという不安は残りますが・・・(笑)
それにしても美しい写真ばかりで、あきさんが写真集を出したら絶対買いますよっ☆その時はサインをお願いします(*´▽`*)ポッ
山頂がガスっていたのは少し残念でしたが、玉子石辺りの湿原や残雪の山々のパノラマ写真を拝見して、登るのが楽しみになりました!
空木岳もそうでしたが、平日となると、やはりほとんど貸切状態なのですね。
あきさんが無事に帰ってきてくれて、良かったです。
moe
URL
2007/06/13 00:08
長丁場のこのコースもう歩かれたのですね。

実は、今月か来月に行く計画の山でしたから
たいへん参考になるレポでありがたいです。
まだ所々残雪があって不明瞭な場所もあるようですが
できれば雪が融けて消えた頃に歩きたいと考えています。

あきさんのキレイな写真を見ていたら
すぐにでも行きたくなりました(^^)
ここあパパ
URL
2007/06/13 01:30
憧れの平ヶ岳、まだ残雪があるのですね。私も今年はトライしたいと思っています。あきさんの健脚に合わせるのは難しそうですがレポート大変参考になりありがとうございます。
えいじ
URL
2007/06/13 06:44
今の時期はルートを間違えないように行くのが大変そうですね。
でもとても気持ち良さそうです。
テント一泊の予定で行きましたが天気が悪かったのでその日に急いで下りてきています。たまご石を見にまた行きたいのですが長丁場ですもんね。
行くならやはりまたこのコースがいいです・・・(^^ゞ
こんどこそ一泊で行ってみたいものですが・・・
怪我しないで良かったですね。
sanae
URL
2007/06/13 13:38
懐かしく拝見しました!
テント泊で重い荷物担ぎ雨の中、池の岳に着いた時は嬉しかったこと思い出します。また行きたいですが、日帰りするか泊まりにするか迷いますね。ロングコースの日帰り、あきさんお疲れ様でした!
じゅんこ
URL
2007/06/13 16:04
ロングコース、おつかれさまでした!
さすがこの辺は素晴らしい名山の数々ですよねぇ。。「展望派」のあきさんには堪えられなかったことでしょう。
私もいつかはと考えていますが、この山は休日でもそんなに人が入らなそう〜なそんな雰囲気が漂ってますけど・・(そうじゃないのかな?)「孤独」を味わうには最高のロケーションって感じですね〜。

残雪期の道迷い・・思わず昨年の焼岳でのコトを思い出してしまいました。あの時はコンパスはおろか地図さえろくに持っていなかったので・・今思うと、よく帰ってこれたなとゾッとしてます・・(汗
あっ、今はあきさんに教わったとおり、毎回コンパスと地形図、なんとか頑張ってます・・(でも写真と読図、かなり忙しいんですケド・笑)

たくさんのステキな写真、本当に連れていって頂いてる気分になりますね♪
みっちゃん
2007/06/13 21:26
moeさま こんばんは
コメントありがとうございます

いろいろな評価がある事を承知していましたが、私はとてもいい山だと感じました 変化に富んだコースと広がる景色‥長い距離を感じさせない楽しい道だと思います 山頂の天気は残念でしたが、お二人が登られる日は天候に恵まれるといいですね

あと少しで残雪もとけて歩きやすくなることと思います 山に慣れているお二人なら問題ないコースだと思いますが‥ 百名山でもあり、本文の記述には苦慮しました

夜のR352は注意が必要です 舗装されていますが落石も多く、車で渡渉(?)する箇所もかなりあり、雨が降ると通れなくなる可能性もあります

平日は静かなところが多いのですが、これだけ人に会わないのはこの時期の百名山としては珍しいと思います ご心配をおかけしましたが、参考になったようで嬉しく思います

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/13 23:47
ここあパパ様 こんばんは
コメントありがとうございます

残雪はもうすぐ消える事と思います 暑くなると稜線上でバテるので、この時期か紅葉の頃がいいように感じました 山頂付近に逃げ込める小屋などがないので、これからの季節は雷雨を警戒する必要もあると思います

天候に恵まれたら山頂の湿原付近は楽園となることでしょう 日帰りではもったいないところだと感じました ただ‥トイレが整備されていないのは残念に思いました 歩きながら「私ならここに小屋を立てて‥」などと妄想してましたよ(笑

新潟方面の残雪の稜線はとても素晴らしかったです 私の写真よりずっと綺麗でしたよ 行かれる日を私も楽しみにしていますね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/14 00:06
えいじ様 こんばんは
コメントありがとうございます

今年の残雪状況はイマイチわからないところが多いですね(ただの経験不足ですが‥) かなり「ぶっつけ本番」でしたが、なんとか明るいうちに下山することができました この時期は日が長いので気が楽ですね

早い人は登山口から3時間で山頂に立つらしいですよ 残雪の中、これくらいの時間で登れたのは少しだけ自信になりました 膝の不安もほぼ解消しましたね

いい日に登れるといいですね 私も楽しみにしています

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/14 00:21
sanae様 こんばんは
コメントありがとうございます

樹林帯でガスに囲まれたら撤退していたかもしれません ほぼまっすぐなルートなので方角さえ間違わなければ通過できるところですが‥ 初めての山なのでちょっと道を見失うだけでも意外と焦りますね

「玉子石」は岩そのものよりそこからの景色がとても素晴らしいと思いました そんなに遠いところではないので私も今度はテン泊で行ってみたいです 緩やかな道が続く山頂の雰囲気はとても気に入りました

ケガは怖いですね なるべくしないようにと思っているのですが、小さなケガはいつもの事です 気をつけないと‥  ご心配ありがとうございます

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/14 00:49
じゅんこ様 こんばんは
コメントありがとうございます

テン泊装備で登るのは大変そうですね 翌日も休日だったのでそれも考えたのですが、重荷による膝の不安も考えて日帰りにしました 広い山頂で過ごしたのがわずかな時間だったので少々残念にも思いました 次はぜひテン泊に挑戦してみたいと思います

日帰りだとやっぱり長いコースですね 復路で特にそう感じました 翌日も天気が良かったのですが、休足日になってしまいました‥

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/14 00:59
みっちゃんさま こんばんは
コメントありがとうございます

周りを見渡したら‥登ってない山ばかりでした(笑  これからが楽しみです

この周辺は山深く静かなところですが、これからは賑わう事と思います 新潟の県境は長いので他にもまだまだいい山がいっぱいありますよ

「今思えば‥」って事、結構ありますよね〜 この日の山行も後で思い出して「よく行ったなぁ」と思うかもしれませんが‥ 充実感のあるとてもいい山行でした 山頂の天候は残念でしたが、途中の景色はとても印象に残りました 機会があればぜひ登ってみてくださいね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/14 01:29
あきさん 自宅から2時間位で登山口まで行けるんですか。うらやましい〜
この山、日帰りしたと言うことは膝完全復活ですね。良かったです。

残雪の平ヶ岳もなかなか良さそうです。私も機会があったら6月位に登ってみたくなるレポです。

ところであきさん 紅葉の時期登られていないようでしたら、
是非一度登って見てください。

紅葉の時期はまだまだ先ですけど(笑わないでください)平ヶ岳・越後駒ヶ岳・八甲田山は私のお薦めベスト3で平ヶ岳はダントツ1位です。

日は短い時期ですが、あきさんなら日帰り大丈夫でしょう。(私も日帰りでしたがら)

超ロングコースの日帰りお疲れ様でした。


やまや
2007/06/14 17:17
やまや様 こんばんは
コメントありがとうございます

ガイド本やネット上で見る秋の平ヶ岳はとても良さそうですね〜 私も本当は秋に行きたかったのですが‥ 初めてということもあり、日が長いこの時期を選びました 私のところからはそんなに遠くない山なので、いつか紅葉の季節にも登りたいと考えています

一時はどうなることかと思いましたが、膝の調子もよくなりました ご心配頂きありがとうございます あとはテン泊装備の重荷にどれだけ耐えられるか‥ですね

余談ですが、経験少ない私の「紅葉ベスト3」は八海山、火打山、巻機山です(すべて地元新潟の山ですね‥) 今年はどこへ行こうかと今からあれこれ考えていますよ

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/14 20:59
あきさん、こんばんは〜!
平ヶ岳、お疲れ様でした。私も近いうちに行きたいな〜と思っていたので、とっても参考になりました。
うーん、やっぱり素敵な山ですね。でもどう考えても長いよな(笑
残雪もまだまだあるんですねぇ。素敵な写真ばかりで、私も登りたくなりました♪
TiCA
URL
2007/06/14 22:08
TiCAさま こんばんは
コメントありがとうございます
ちょうど先ほどお邪魔してきたところでした‥

ここはとってもいい山だと思いました 人里離れて周りは山ばかり‥ 山好きには堪えられないところですね(笑 コースにも変化があり、歩いていて楽しいところでした これから花も増え、魅力的なところになることと思います

天候に恵まれたら越後三山を反対側から眺める平ヶ岳からの景色はとても印象に残るものと思います 今回は全く見えなかったのですが、巻機山もぜひこちら側からも眺めてみたいですね

天候に恵まれる事を願っております
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/14 23:26
写真を見ているだけでもすごい高度差があるのがよくわかりました。
新緑から始まって次第に空木と残雪になって…燧ヶ岳が見えるっていうから栃木に近いのかな?と思って調べてみたんですけど、結構千葉から行き易そうな場所にある山なんですね〜。でも、標高差を調べてみて「あ 無理」と諦めました(^_^;)
しかもあきさんのコースタイム!朝5時台に始めて16時過ぎに下山!「絶対 無理!」に変更しました。

平ヶ岳の「なぜ平か」って話が面白かったです。大昔を空想してしまいました。

それと、あきさんの晴れた時の写真は本当に相変わらず最高ですね〜
光の魔術師なのかなぁ。光彩感覚が優れているのかしら…捉え方がすっごくすてきです。溜息まじりに拝見しました。アングルとかとてもいいですな〜っ
プカプカ
URL
2007/06/15 00:09
プカプカさま こんばんは
コメントありがとうございます

単純標高差は1300bほどです 標高差よりも歩行距離がキツいコースだと思います この山に登るためには基本的にはこのコースしかなく、小屋もテン場もないのでかなり敷居が高いところかもしれません でも厳しいところほど感動も大きいように思います いつか機会があればぜひ挑戦してみて下さいね

写真は‥いつものようにパッと撮ってサッと歩いてます(コンデジなので一枚の写真を撮るのに10秒位、パノラマでも1分かからないです) あまり考えないのがいいのかもしれませんね お褒め頂きありがとうございます

大昔はこんな大地が広がっていたんでしょうね 私も山頂で空想してましたよ

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/15 22:02
あきさんのレポを参考に早速行ってきました。2回ほど残雪で迷いましたが、冷静に軌道修正できました。あきさんのレポのおかげですね。ありがとうございました。

天候も良く、本当に楽しい登山が出来ました!詳しくはmoeがレポを作成すると思いますので…。
展望も最高で(富士山が見えたんですよ〜)、批判が多い山とは思えませんでしたね〜。チョット長丁場ですがイイ山でした!
また、オススメ教えてください!
masa
URL
2007/06/19 22:52
masa様 こんばんは
コメントありがとうございます

参考になったようで嬉しく思います 登ってみるとこの山の良さがよくわかりますよね 私も季節を変えてまた登ってみたいと思っています

富士山が見えたんですか〜 よかったですね 標高はそんなに高くないけれど景色がいいところだと思います 晴天の平ヶ岳レポ、楽しみにしてますね

ロングルートお疲れ様でした
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/21 01:10
平ヶ岳随分以前一度だけです。玉子石もボヤーッとして…
こんな綺麗な写真を見せられりゃ、老骨に鞭打って行かねばなりません。
それにしても2時間で鷹の巣まで行けるんですか?
輝ジィ〜ジ@クタビレ
URL
2007/07/06 07:56
輝ジィ〜ジ様 こんばんは
コメントありがとうございます

山頂付近でややガスってしまったのは残念でしたが、伸びやかな景色が広がるいい山だと思いました 秋の晴れた日に登れたら更に素晴らしい景色が広がっていることでしょう 私もまた行きたいと思っています

私の住むところから小出まで1時間、そこから鷹ノ巣まで1時間でした 普通に走ったら3時間くらいと思いますが、夜中の移動は時間が短縮できますね 「目覚めたら登山口」‥最近は近場でもこのパターンなので、今ではすっかり慣れてしまいました

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/07/06 21:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆霞む山頂湿原‥ 平ヶ岳(後編) 【2007年6月11日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる