米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆残雪を踏みしめて‥ 平ヶ岳(前編) 【2007年6月11日】

<<   作成日時 : 2007/06/12 23:16   >>

トラックバック 1 / コメント 2

奥只見シルバーラインを経由して銀山平へ向かう






 
R352のT字路を左に曲がり県境方面へ
その先は急なカーブが延々と続く細くて暗い道
登山口駐車場までは約2時間で到着したのは午前0時頃





朝5時に目が覚めたが他に車はいない様子
この時間に人がいないなら貸切かもしれない
5:20に新緑に覆われた林道を歩き始めた






画像


画像


画像






15分ほど歩くと登山口の標柱がある
ここからいきなり急坂が始まる
雲ひとつない晴天だが、午後は曇る予報





画像


画像


画像






樹林帯はすぐに終わり、視界が広がり燧ヶ岳の美しい姿が見える
ここから先、下台倉山までは急坂の連続
景色のいい細尾根の上をゆっくりと登っていく





画像


画像


画像


画像


画像


画像






尾根を突き上げていく爽快なコース
遠くに見える稜線が少しずつ近づいてくる
浅草岳の田子倉コースと似ている印象





画像


画像


画像


画像


画像






少しずつ角度が変わっていく燧ヶ岳
一息つくたびにその姿を眺めた
振り返ると一気に高度を稼いだ様子がわかる





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






7:30 下台倉山到着
ここまでで既に一山登った気分である
日差しが強く少々バテ気味だ





画像






この先は緩やかな尾根上の道
右手には残雪を纏った平ヶ岳の姿
目的地と言うより景色の一部と言ったほうがいいくらい遠い





(右が池ノ岳、左が平ヶ岳)
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






山名を示すものは何もない台倉山を通過
ガイド地図では「展望がいい」とあるが
期待していた越後三山、荒沢岳は残念ながら雲の中





山頂から更に先へ進むと道は緩やかに下降する
ぬかるんだ登山道の所々には木道が敷かれている
やがて少しずつ残雪を踏むようになる




途中、濡れた木道の上で足を滑らせ転んでしまった
台倉山から10分ほどで「台倉清水」
しばらく休憩してその先へ向かった





画像


画像






周囲はコメツガの原生林の中
残雪が多くルートは不明瞭でトレースもほとんど当てにならない
残雪の中から木道の一部が現れると少しホッとした





画像


画像


画像






樹林帯の中では展望があまりよくない
残雪はまだ多く登山道は荒れてヤブを掻き分けるような箇所もある
時折見える山頂もまだ遠い





画像


画像


画像


画像


画像


画像






台倉清水から40分ほどで白沢清水
残雪は徐々に増え、時々ルートを見失いそうになる
注意深く西南西へ向かった





画像


画像


画像


画像


画像






時々残雪を踏み抜いて肝を冷やした
まぁこの時期は仕方ないが‥
かなり深いところもあり注意が必要





画像






登山口を出発してすでに4時間半
「白沢清水」から30分ほどで「池ノ岳」への急坂に取り付いた
ここはかなり急な登りだった





樹林帯を抜けると景色は劇的に広がる
振り返って見下ろすと大きな尾根地形を辿ってきた事が判る
残雪もあと少しで融けるだろう





画像


画像


画像


画像

(↑クリックするとパノラマになります)

画像


画像


画像






池ノ岳直下は細い岩稜帯
左手に見える平ヶ岳も目と鼻の先
だがあっという間にガスに覆われてしまった





画像


画像






岩稜を登りきって潅木帯を抜けると「姫ノ池」
美しい池塘の景色が広がっていた





画像





後編へ続く)



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
平ヶ岳 山行記録
平ヶ岳・・・その遥かなる山の名前をきけば、百名山を目指す人ならきっと思うはず。 玉子石・湿原・平らな山頂。 そして同時に 長い・遠い・ツライ・・・。 日帰りコースとしてはかなり長丁場なこの山。一体いつ行こうか。あたしに行けるのだろうか? た ...続きを見る
山オンナ α
2007/06/28 22:42

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あきさん、こんばんは。
昨日TBしたはずなのですが、なぜかあきさんだけ失敗していたみたい・・。なので今もう一度TBさせていただきました。
もし重複していたらすいません・・。
今回はあきさんのレポがすっごく参考になりました。本当にありがとうございました★
TiCA
URL
2007/06/28 22:44
TiCAさま こんばんは
コメント&TBありがとうございます

ちょうどBiglobeのサーバーがメンテナンス中だったようです(おかげで西穂レポが一日遅れた‥) 本文中にリンクまで頂きとても嬉しいです

いつもながらのくどいレポですが、お役に立てたようで嬉しく思います 晴天の下、価値ある時間を過ごされた事でしょう 私もぜひまた‥次は紅葉の季節に登りたいと思っています

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/29 00:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆残雪を踏みしめて‥ 平ヶ岳(前編) 【2007年6月11日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる