米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆会越国境の山‥ 浅草岳(前編) 【2007年6月5日】

<<   作成日時 : 2007/06/05 23:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

待ちに待った国道352号の冬期閉鎖解除
福島県境の向こう側には登りたい山がいっぱいある
だが休日の桧枝岐の天気予報はあまりよくなかった


○ヶ岳か○ヶ岳に行きたかったのだが‥ 残念


思案の末、向かったのは同じく会越国境の山「浅草岳」
ここへ登るのは今回が2度目になる
(昨年、大白川側から登った時の記事はコチラ


今回のコースは敢えて会津側から‥
以前お勧め頂いた田子倉湖から中先尾根を突き上げるルート
テントミータカ様、ありがとうございます)
標高差は前回の「仙ノ倉山」と同じくらいか


MTBを使って下山を鬼ヶ面山経由にする縦走も考えたが
残念ながら車に載らなかったのでピストンとした





深夜の走り慣れた国道252号
入広瀬から先で対向車を見ることはなかった


自宅から約1時間半で田子倉駅に到着
他に車がいない登山口駐車場は少々寂しい
ぼんやりとした月明かりの下でしばらく眠った


目が覚めると二人組が先行していく様子が目に入った
時計を見ると午前6時半をまわっている


CTは確か5時間弱だったはず‥
慌てて準備をし、後を追うように出発した


画像


画像



風があまりないので暑くなりそうな予感
何度か沢を渡りながら樹林帯の中を歩いていく


画像


画像


画像


画像


画像



道木沢、幽ノ倉沢を渡るとブナ林の中に入る


画像



道がやや平坦になると最後の水場(大久保沢)
ここから先は山頂まで急登が続く事になる


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



登山口から1時間ほどで「田子倉眺メ」
視界が広がり山頂まで続く尾根も見えてくる


画像


画像



振り返ると背後に田子倉湖
霞んでいるがその奥には会津の山々が広がっている


画像


画像


画像


画像


画像



「田子倉眺メ」から先は細い岩稜の尾根を登るようになる
景色は劇的に広がり歩くのが楽しい道だ

汗をかきながら登っていると次第に虫が群がってくる
ある程度覚悟はしていたが‥


画像


画像


画像


画像



「剣ヶ峰」を過ぎるとすぐに「鬼ヶ面眺メ」
只見沢から吹き上げてくる涼風がとても心地いい


画像


画像



少し下ってから山頂への急坂を登っていく

まとわりつく虫も増えてきたようだ
持参した「虫除けネット」を使ってみるが‥
汗を拭けないし、視界もイマイチかな


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



ところどころにロープの張られた岩場もある
かなりワイルドな印象の登山道が楽しい


画像


画像



高度を上げると鬼ヶ面山の奥に越後三山が見えてくる
前岳へ繋がる稜線が近づいてくると山頂も近い


画像






後編へ続く)
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆会越国境の山‥ 浅草岳(前編) 【2007年6月5日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる