米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★敗退‥ 木曽駒ヶ岳 【2007年5月15日】

<<   作成日時 : 2007/05/17 02:55   >>

トラックバック 0 / コメント 6

とにかく南へ







その日は北部ほど悪い天気予報
南へ向かってアクセルを踏み続けた





アプローチは少々遠くてもいい
コースタイムはなるべく短い山がいい
雪が残っている山なら膝への負担が少ないだろう





思案の末、到着したのは菅ノ台バスセンター駐車場
満天の星空の下で短い眠りについた







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







朝日が眩しい早朝
だがこれから向かう方角には暑い雲





画像






次第に陰ってくる空模様
始発のバスには乗らずに様子を見た
到着する車が一台、また一台





ほとんどの人がスキー靴を履いて板を持っている
観光客らしき人達も多い
今日は「観光モード」にしようか





慌てて往復のチケットを買った
バスは曲がりくねった狭い道を抜けていった
「しらび平」でそのままロープウェイに乗り込んだ





外の景色はみるみる雪景色に変わっていく
窓ガラスには雪が当たり始めた
わずか7分ほどで標高2612bに到着した





外の視界は10bもない
ホテル内は停滞する人々で賑わっていた
1時間ほどで視界は少し回復した





画像






行けるところまで歩いて戻ろう
アイゼンをつけ、ピッケルを持ってカールの底へ一旦下降
登り返しながら振り返るとホテルの建物が浮かんで見えた





画像






一瞬だけ下界の様子が見えた
市街地は晴れている様子





画像






トレースに従い急坂を登っていく
適度に締まった雪は歩きやすい





画像






徐々に傾斜が強くなる
視界はあまりよくない





画像






やがて雪が降ってきた
下界は暑いはずのにここは雪
稜線が近づくと風が強くなってきた





画像


画像


画像






乗越浄土の気温は零度
やや西へ向きを変えて歩いていく
視界は更に悪くなった





画像






なだらかな稜線は怖い
右も左も真っ白
しばらく様子を伺うが天候回復の気配が感じられない





画像






大粒の雹が降る中、撤退を決めた
凍える手で行動食を口に運んだ
そしてカールの中へ吸い込まれるように降りていった





画像






トレースは雪に隠れて消えかかっていた
途中は尻セードで楽しく下山
あっという間にターミナルに到着





ホテル千畳敷は観光客で混みあっていた
そこへ次々と下界から到着する大勢の団体
カールの景色を一目見ようと皆が晴れるのを待っている様子





いつかきっと再訪の機会はある
まだあまり人がいない下りのロープウェイに乗り込んだ





画像






すれ違う昇りのロープウェイはほぼ満員
皆何を求めてあの場所へ向かうのだろう
しらび平に到着すると青空が広がっていた





画像


画像






厚い雲に覆われた山頂に背を向けてバスに乗った
そういえば今日は膝の痛みを感じない
気持ちよく眠っていたらいつの間にか暑い下界に到着していた





車に乗り込み北へ向かってアクセルを踏み続けた










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
まぁーこちらは一転して・・まだまだ雪深いんですねぇ。。。
でもこれだけガスが強いと、私なんかは登山口撤退ですね(間違いなく・汗)
気温が低いというだけでもすでにマイナス要因なのに、雪 そしてガス・・と想定外なものがひとつでも加わると、雪山ってやっぱり怖いなぁと感じます・・。
あきさん、もうそれ以上進まないでー なんて思って読んでましたけど、、、
勇気ある決断、ご立派でした!
みっちゃん
2007/05/17 05:41
あきさん、こんにちは!
前日の米山の気持ち良さそうな新緑の山とはうって変わって、こちらは雹が降っていて、まだ冬という感じですね!!
下界で青空が広がっていると「なんでぇ〜?」と思ってしまいますが、勇気ある撤退無しに楽しい山登りは続けられないですもんねo(*・ω・*)o
masaの予定では6月の初め辺りに、空木岳へ行こうかと言っていたのですが、まだまだ雪がありそうですね〜。
また、じっくり考えなければ・・・。
moe
URL
2007/05/17 17:09
みっちゃんさま こんばんは
コメントありがとうございます

記事では山登りの側面を強く打ち出していますが‥ 実際はすっかり「観光モード」でした 目の前に斜面があって装備が揃っていたら‥やっぱり登ってみたくなりますよね(笑  本文にもあるように初めから途中撤退の予定でしたよ

久しぶりのアイゼン歩行が楽しかったです せめてカールの全容くらいは見たかったのですが、歩いてみておおよその規模がわかりました イメージ的には「涸沢カールの縮小版」ってカンジでしたね(笑

お花畑が広がるシーズンにまた行ってみたいと思います
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/17 22:49
moeさま こんばんは
コメントありがとうございます

これだけ落差がある山登りができるのはこの時期ならではの事ですね 寒いと思っていたのですが、実際は「涼しい」とさえ感じました 下界は暑いだろうと思っていたので稜線でしばらく過ごそうかと考えたくらいですが‥ 気がついたら髪の毛が凍ってました(汗

6月のアルプスはまだ雪が多いと思います(昨年もそうでした) 低山では虫が出始めるので、これからは私も高いところへ行きたいと思います でもその前に膝を治さないと‥(泣

お二人のアルプス報告期待してますよ
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/17 23:01
あらら・・
GWに引き続き天候不良なんですね。でもホントご無事で何よりです。
雪だと足への負担も少ないのでしょうか・・足もご無事で何よりです。

中央はまだ一度も足を踏み入れたことがありません。いつか夏山2泊で甲斐駒から空木へと思いますが、車が無いと朝一のロープには乗れないようなのでなかなか実現できてません。ロープは2・3時間待ちのこともあるとか?
こちらは今日はかなり空気が澄んでいましたので、実家近くの大きな
公園へ親を連れて散歩でした(^^;山で見れるような花に出会えてビックリでした・・シモツケソウがツボミをつけて今にも咲きそうでした♪
ふくし
2007/05/21 00:14
ふくしさま こんばんは
コメントありがとうございます

ご心配頂きありがとうございます 雪道の下りでは雪そのものがクッションになってくれるので楽だと思いますね それに歩幅を強制するものもありませんから‥(私は足が短い)

初の中アでしたが残念でした あの空を見てバスに乗ってしまうのもどうかと思いましたが‥ 「せっかく来たんだから」って思っちゃうんですよね〜 短い時間でしたがアイゼンとピッケルで歩くのは楽しかったです しばらくは使う機会がなさそうですね 夏の千畳敷カールもやっぱり憧れます

公園でシモツケソウですか‥いいですね〜 雨の谷川岳(西黒尾根)で見かけて以来です 今日の新潟はとても寒く天気も悪かったのですが、今度の私の休日は晴れそうなのでどこへ行こうか思案中です また覗いてみてくださいね〜

ご訪問頂きありがとうございました♪
あき
2007/05/21 00:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★敗退‥ 木曽駒ヶ岳 【2007年5月15日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる