米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★北アルプスへ‥(後編) 【2007年4月30日〜5月1日】

<<   作成日時 : 2007/05/02 14:21   >>

トラックバック 0 / コメント 26

(前編はコチラ




画像




聳え立つ穂高の岩峰をバックに鯉のぼりが泳いでいる
登ってきた方向を振り返ると遠くに表銀座の稜線が望める



画像




表縦走も考えていたがテン泊で三日間ではちょっと厳しいか‥
いつか東天井〜横通岳の稜線から涸沢のテント村を眺めてみたいもの



上高地から7時間半(休憩含む)で涸沢ヒュッテに到着
早速受付を済ませてサイトへ向かう



画像




テント設営は何年も前のオートキャンプ以来
雪上ならではの「基礎工事」を入念にする



重かったがスノーシャベルを持ってきてよかった
前室部分は掘り下げて土間のように‥と、少々懲りすぎか



画像




カールの底では日没が早い
テント設営の後はここの名物を食べなくては‥



画像


画像



画像


画像




暮れていく涸沢‥思っていたより寒くなかった



画像

(↑クリックするとパノラマになります)

画像




テント正面にはこの景色‥贅沢だな



画像




次第に青くなっていく岩峰群を眺めてテントに入った



画像




残雪豊富な涸沢カールは夜でも明るい
月明かりに照らされた穂高連峰と星空‥
寒さを忘れて眺めていた



画像


画像


画像


画像






☆☆☆☆☆





翌朝の天気は‥残念ながら予報通りの曇り空
手早く朝食を済ませる


画像


画像




すでに北穂沢、小豆沢を詰めている数名の人影が見える
撤収組もすでに下山していくようだ



サブザックに荷物をつめて準備をしながら様子を見ていると‥
次第に風が出てきて雪が舞い始めた



画像




天候次第では登るつもりだったが‥次第に悪化していく空模様
この天候では私にとって厳しい



ヘルメット、ハーネス着用でバイルを持ったパーティーが北穂沢へ向かっていく
小豆沢の様子をよく見ていると途中で引き返してくる人影もある事に気づいた



少し悩んだ末に撤退を決めた
今朝から感じている左膝の違和感も気になっていた



早々に撤収して下山していく人々の姿も次第にガスで見えなくなっていく
吹雪の中、素早く撤収作業を始めた



画像




再訪を強く誓って下山にかかる
重い荷物のせいか下っている最中、左膝に痛みを感じた



昨年春の地元米山で‥
下山途中、細尾根へ向かう急坂でワカンを履いたままスリップ
結構厳しい場所だったので無理に左足をひねって痛めてしまった事があった



それからは足の疲労が激しいときに若干気になる程度だったが
今回は荷物が重かったせいかいつもより重症の様子



画像




雪はやがて雨に変わっていく
昨日苦労した急な登りも下りはあっという間
本谷橋まで1時間もかからなかった



画像


画像




右手に青く美しい清流を見下ろしながら横尾に向かう
雨は激しくなるが寒さはあまり感じない



画像


画像


画像


画像




雨が強くなる中、横尾大橋を渡ると少しホッとした
山荘でラーメンを注文したが、味わう間もなく食べきってしまった



槍ヶ岳方面から下山してくるパーティは装備や雰囲気が違う
バリエーションルートの会話などを耳にすると少々場違いな気もした



画像




痛む膝は徐々にひどくなってきた
徳沢あたりからは膝をかばいながら歩くのがやっと‥



急ぐ必要はないので左足を引きずる様にゆっくり歩いた
もし天候が良かったらどうなっていたことか



画像




上高地が近づくと雨は小降りになってきた
元々長く感じる道だが今日は特別長く感じた



画像




ビジターセンターにやっと到着
ザックを置いて館内を眺めるが、空荷で歩く方が辛かった



画像




ガスで見えない穂高連峰に別れを告げる
来年もまたこの景色を見に来る事にしよう



画像




平日のせいかシャトルバスに乗る人も少ない
車が少なくなった駐車場は広く、自分の車がとても遠く感じられた



画像




稜線歩きもピークもなかったが‥
標高差約800b、歩行距離片道約16`の行程はとても充実していた



画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
あきさん、こんにちは。
左膝の様子はどうでしょうか?お大事にして下さい。
それにしてもアップ速いですね・・・。やばいなぁ(笑)
速い上に、様子がとても分かりやすくて勉強になります。
「名物を食べなくては」なんて、
すみません、つい笑ってしまいました!
あきさんにそういう(?)イメージが無くって。
これまた親近感(笑)
今回は天候、膝の調子を考えると撤退は仕方ないですよね・・・。
でも、涸沢からの真っ白な穂高を眺めることが出来てうらやましいです。
まると
URL
2007/05/02 17:55
あきさん、こんばんは。
雪を纏った輝く穂高、その場に行ったら呼吸を忘れてしまいそうです。ボクにとってはまだまだ憧れの地ですが、夏には上高地の散策位には出かけられたらと思います。
ボクも明日初めてのテン泊に挑戦してきます!
Shu
2007/05/02 19:57
おつかれさまでした。
前日奥穂の方で事故もありましたので心配していましたが、無事戻られてほっとしています。膝も大分悪い様子、登らなくて正解でしたね・・。
テント泊でも10`以上担いだことがない私にとって、20`以上なんて未知の世界。やはり単独となるとそれくらいにはなってしまうんですね。(私にはムリだ〜)
ひとつひとつ写真を拝見しながら、昨年の秋のことが懐かしく思い出されました。大好きな穂高の峰々、やっぱり最高です!
鯉のぼり・・いつか私も見に行きたいと思いますo(*^-^*)o
あ〜・・でも20`・・
みっちゃん
2007/05/02 20:49
素晴らしき「上高地〜涸沢カール」を拝見させて頂きました。
20年ほど前、昔の体育の日10月10日、涸沢のナナカマドの美しい紅葉を見たくて上高地からテクテクと涸沢小屋を目指し登りました。
生憎、その年は台風がやたら多く、ナナカマドの葉は落葉し赤い実が付いているのみでした。しかし、素晴らしいお天気に恵まれ、最高の夜空と涸沢に眩く見えるテントの光が最高でした。
翌日、目が覚めると世界が一転、あたり一面銀世界の吹雪模様で、必死の思い出下山してきました。
また、2005年2月16日〜17日この日、あきさんの焼岳・穂高の山並みと全く同じに見えた素晴らしい快晴の中、無人の上高地を釜トンネルから明神池まで往復のスノーシュー歩きを楽しんだことが、つい、昨日のような気分で引き込まれながら拝読させて頂きました。
夏の上高地とは違う、瀬寂な世界の冬の上高地も最高でした。
それにしても、あきさんの「凄い体力・気力」には脱帽です。
素晴らしい画像を有難うございました。
葦原ボーイ
2007/05/03 06:16
まると様 こんばんは
コメントありがとうございます

まると様の透明感のある記事も勉強になりますよ 本文にもあるように当初は2泊3日の行程を予定していたので下山後は一日かけて記事をアップしてました

私の中では涸沢といえば「ナナカマド、鯉のぼり、おでん」のイメージです(笑  二つゲットしたので次はぜひ紅葉を‥と思うのですが「秋は大混雑」ってイメージもありましたね‥ 私にとって高いハードルです

奥穂高岳か涸沢岳のどちらかと思っていました 登りたかったのは当然ですが‥今回は納得の撤退なので後悔はありません また登る機会をもらったので今からワクワクしてますよ

膝の具合ですが、今はかなり回復して日常生活に不便を感じることはありません この後少々無理をしましたが‥それはぜひ次の記事(力作ですよ‥笑)をご覧ください

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/04 22:10
Shuさま こんばんは
コメントありがとうございます

私は呼吸だけでなく瞬きも忘れていたように思います(笑 素晴らしい別天地の様な景色の中で眠る機会は少ないのでとてもいい思い出になりました 上高地と言わず、ぜひ徳沢か横尾あたりまで足を伸ばしてみてください 夏は混雑するイメージがあるのですが、私も一度くらいは夏に行ってみようかと考えています

今頃はたくさんの思い出をザックに詰めて帰られた頃でしょうか‥ 報告を期待しています

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/04 22:17
みっちゃんさま こんばんは
コメントありがとうございます

今回は真冬の装備だったのでかなり重かったです 軽量化は課題ですが私は寒がりなので‥ 本当にいろいろと勉強になる山行でした 回数を追うごとに慣れていくものと思います

もともとあまり体力はないのですが‥ 体を鍛えるのは当然ですが、重装備なりの歩き方も工夫しないといけませんね コースタイムを意識してしまったのも反省点です 課題は多いですが次回はぜひ山頂まで行きたいです

風になびく涸沢の鯉のぼりを見たときは感動しましたよ 秋の景色もぜひ見てみたいものです 秋に3連休は難しそうなので‥1泊だとまた涸沢までになりそうですね(涙

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/04 22:32
葦原ボーイ様 こんばんは
コメントありがとうございます

秋の涸沢には私もぜひ行ってみたいと思っています 「残雪が輝く‥」という表現がありますが、本当に輝く残雪を見たのはこれが初めてでした 新潟の残雪はこんなにキラキラ輝きません‥ 是非また見たいと思わせる素晴らしい景色でした

真冬の上高地トレッキングも憧れです 今年も予定していたのですが都合により行けなかったんですよ 来年はスノーシューの購入を考えているので、ぜひ実現させたいと考えています

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/04 22:41
同じ日に登山開始だったんですね〜。1日は奥秩父も雪が降っていました。あきさんの雪で敗退ならしょうがないですよね。私は・・・(´△`)

穂高は私もあこがれつつ未だ未踏です。夏の常念〜大天井間からは涸沢見たことあるんですけどね・・・あのカールはやはり雄大ですね。

軽量化私も課題です。昔は25kgは軽々??背負えたんですが、今回は18kgでかなりバテバテ。途中で水1kg減らしたぐらいなんで。
体力の無い私には軽いほうが山も楽しめるし・・ということで、今回の敗退は今後の山行を見直すいい機会となりました。
にしても、今回は天気予報どおりでしたね(´△`)
ふくし
URL
2007/05/05 14:35
テント泊は涸沢でしたか。
重装備お疲れ様でした!岩と雪の感じが良いですね!
以前、初秋に涸沢ヒュッテに泊まり、やはり雨で北穂を断念しました。
遠くてなかなかリベンジ出来ません。
あきさんの今後の山レポ楽しみです!膝大事にして下さい。
じゅんこ
URL
2007/05/05 14:41
ふくし様 こんばんは
コメントありがとうございます

天気予報がはずれるのを私も期待してましたよ(笑

私も反省点の多い山行になりました 軽量化も課題ですが、それ以前の事も考える事ができました 敗退は残念でしたが得るものも多かったと思っています

「見てから行く」か「行ってから見る」か‥ 悩ましいところです いつか表縦走の機会があれば、稜線から涸沢を眺めてこの日を思い出すことでしょう 今から楽しみです

お体大事にしてくださいね
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/05 23:07
じゅんこ様 こんばんは
コメントありがとうございます

涸沢ならテン泊、テン泊なら涸沢‥と勝手にイメージしてました(笑  中には入ってないのですが、ヒュッテの雰囲気もなかなかよさそうだと感じました 私もいつかまたリベンジです‥

アプローチも遠いのですが、上高地からがこんなに遠いとは‥ 少々甘く見てました でも辿りついた時の穂高の景色は素晴らしく、いまだに目に焼きついています

ご心配ありがとうございます
皆さんのレポを私も楽しみにしていますよ

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/05 23:31
こんにちは
GWは涸沢に行かれたんですね。
雪上テン泊、僕はまだ経験ないので「おぉ!」と引き込まれてしまいました。
夜中に背中が寒くなかったですか?
そして、左足大丈夫ですか?
僕の方はようやく普通に歩けるようになりました。
まだ捻ると痛いので無理は出来ませんが、そろそろどこか行きたくなっています。
dalfour
URL
2007/05/08 17:51
テン泊装備の苦労が報われるたような初日の景観素晴しい!!
2日目はお天気下り坂、且つ大事な膝の不調。充分careされますように!
小生GW槍沢から槍への経験有りますが、この時期の北穂行ってみたいのです。(勿論小屋泊ですyo)
輝ジィ〜ジ
URL
2007/05/08 19:46
あきさん、こんばんはー。
あれー?あきさんもカラサワだったのですね。
わたしのブログ友達の食う寝るさんだーすさんや熊さん(他6名)もカラサワでテン泊して、とあるパーティーを開催していたようです。あと、dahanさんも!世間は狭いですね(笑
朝の景色、ほんとすばらしいですねー。わたしも見てみたいなー。
まゆ太
2007/05/08 21:27
一度はたずねてみたい雪の涸沢。
やっぱりステキですね。

都会ではあまり感じることができませんが、
月明かりって本当に明るいですよね。

ヒザはもう大丈夫ですか?お大事に。
のんすけ
URL
2007/05/09 16:25
dalfour様 こんばんは
コメントありがとうございます

装備さえ揃えばGWは雪上でテン泊と考えていました やっぱり憧れでしたから‥ 涸沢も憧れの地だったので、いい思い出になりました また、いろいろと勉強になる山行でもありました

夜は‥アンダーウェア+フリース+モンベルUL♯3+シュラフカバー+エアマット(プロライト4レギュラー)+2ミリの銀マット+テントでしたが、とても暖かく過ごせました 少し過剰装備だったようにも思います(笑

ご心配頂きありがとうございます 日常生活(仕事含む)ではほとんど支障はありません が、時々痛みを感じることもあり、長時間の山歩きはしばらくお休みかなと思っています 

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/09 17:45
輝ジィ〜ジ様 こんばんは
コメントありがとうございます

槍から穂高周辺は、私のような初心者同然の者から見るととても敷居が高く感じられるものです 今回このような時期にその近くへ行けただけでもよかったと思っています

今回は体力不足を痛感しました 私はもっと鍛えないと‥

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/09 18:08
まゆ太さま こんばんは
コメントありがとうございます

予定していた日程と天候が微妙にずれてしまいましたが‥ 昨年のGWは2日間とも悪天候だったので、今年は素晴らしい景色を見ることができてよかったと思っています もう少し高いところにも行きたかったのですが‥

時間に余裕があったら他の方とお話する機会もあった事と思いますが、とにかく初めての事だったので気がついたらすでに薄暗くなっていました もう少し余裕があればもっと楽しめたのになぁと思います

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/09 18:27
のんすけ様 こんばんは
コメントありがとうございます

私もそう思っていました 実際に行ってみるとまた行きたくなりますね 雰囲気がとてもよく、景色も素晴らしかったです

雪の上で月の明かりがあるととても明るいですよね 実際は私の下手な写真よりずっと明るかったです 真っ暗なはずの山中でヘッデン無しでも普通に歩けるのがとても不思議でした

ヒザは徐々によくなっています(と思います)
ご心配頂き恐縮です

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/09 18:54
あきさん、こんにちは♪
連休のテント泊、気になっていたので、ワクワクしながら拝見しました!
やはり雪の北アルプスはカッコイイですねぇ☆
一日目はお天気も良く最高の景色で、夜の涸沢カールも幻想的で素敵でしたぁ(´▽`*)
私達もいつか実際に見れるといいなぁ・・・(私達の場合、雪の無い時になりますが)
二日目のお天気は少し残念でしたが、きっと神様(?)があきさんの膝を心配して曇りの空模様だったのでしょうね。
私も初めてのテント泊の時に膝が痛くなりましたが、やはり普段よりも荷物が重いと膝への負担も大きいんですね(あきさんの方が私の何倍もの重量を背負っているはずなのに、一緒にしてスイマセン)。
お大事にしてください。
moe
URL
2007/05/10 15:25
moeさま こんばんは
コメントありがとうございます
九州遠征おつかれさまでした

涸沢のベストシーズンはもちろん紅葉の時期かなと思いますが、残雪期もなかなかですよ 北アルプスは何度行ってもやっぱりいいなぁと思います もちろん計画もされていることでしょう いつ登っても期待を裏切らないアルプスの風景ですが‥ 天候に恵まれるといいですね〜

ただでさえ重くなるテン泊装備に冬ならではの装備が追加されていたので、負担はかなり大きかったようです 普段でも10`以上は担ぐようにしているのですが‥ ペースを落とすことと荷重移動をスムーズにできるよう歩くことが課題です 膝周りの筋力不足も原因ではないかと考えています 克服するのも山のため‥お互い頑張りましょう

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/11 01:11
 あきさん おはようございます
なるほど「涸沢」だったんですね。
素晴らしいです。私も何時かはチャレンジしたいと思っています(5月の涸沢)。
20s重いですよね。私も25s以上背負って縦走した事がありますのでよく分かります(おっと残雪のアルプス系では無いですが)。
今、膝の具合どうですか?無理して山行けなくならないようにしてくださいね。私は両膝を痛めて山行けなくなった事があるので両方(膝・山)辛かったです(泣。
雪の上高地、新トンネルが出来る前の旧トンネルを歩き上高地へ入ったことがあるのでこの素晴らしい景色(写真から)を涸沢から見れただけでも良かったんじゃないですか。
やまや
2007/05/11 09:15
やまや様 こんばんは
コメントありがとうございます

一年に一度の上高地でした(笑 本文にもありますが、シャトルバスの車窓から見た大正池に映りこむ穂高の景色が一番印象的でした 真っ白な穂高連峰の景色は初めてですが、やっぱり素晴らしいですね

「両足」は辛そうですね‥ しばらくは様子を見ながら低山歩きに専念しようかと考えています ご心配頂きありがとうございます

この時期の北アルプスで軽量化は難しいので、次回はもっと体力をつけて再チャレンジします 二日目の吹雪にそう言われたようにも思えました 

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/12 01:14
夜分遅く今晩は・・・。
はじめまして。
私は先月2日〜12日迄、蝶ヶ岳と涸沢に入山していた者です。
本当は私も数年振りに奥穂高岳に挑むつもりでしたが、幾つかの用具の不具合で涸沢滞在で留めました。その一つにアイゼンの足底の雪付き防止のプレート脱落です。
撤退判断は何度経験しても容易に口に出来ない想いが残りますが、貴女様の今回の判断も適切と思います。
その後の天気動向は3日は晴れるが夕方、稜線は吹雪。
4日は風が強く晴れ時折、穂高の峰々が雲に隠れる。
5日は朝は曇り日中は晴れるが夕方雨。6日は一日中雨。でした。
供にこの時の想いを活かす様に心に留め、
その遂げる機会を得る様に日常生活を励みましよう!
それにしても、今年の涸沢は異景でしたね・・・\(◎o◎)/!
槍穂高の雫
2007/06/17 02:37
槍穂高の雫さま はじめまして
コメントありがとうございます

仕事柄一年に何度も行けるところではないので、やっぱり残念でしたね〜 再度挑戦の日を私も楽しみにしていますよ

前日まではいい天気だったようですが、その後はイマイチだったんですね‥ 天候は思うようにいかないけど、思うようにいかないから晴れたときの感動があるんですよね 次はぜひ晴天の稜線を歩いてみたいと思っています

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/18 20:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★北アルプスへ‥(後編) 【2007年4月30日〜5月1日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる